全国的にコロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が増えています。不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。各地の医療体制が逼迫しているため、密を避ける山城であっても事故が起きた際のリスクが高まっています。当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

岡城は中川秀成の居城として知られています。国の史跡、日本100名城に選ばれています。瀧廉太郎の「荒城の月」は岡城にて曲のイメージを得たといわれているため、城址には廉太郎の銅像が建てられています。現在は「岡城公園」として整備されており、毎年4月には「岡城桜まつり」が開催され、多くの観光客が訪れています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
岡城は「日本100名城」「天空の城」「さくらの名城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 天空の城
  • さくらの名城めぐり

城主の攻城メモ

岡城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 広大な城でびっくりしました。有料ですが家臣の屋敷跡なども含めてきちんと整備されていて、見学しやすい。(2020/12/28訪問)
  • 三の丸高石垣をはじめ、太鼓櫓門の石垣や大手門の石垣など多くの見所があります。特に中川覚左衛門屋敷跡から見る本丸側の石垣群は九州一です。(2020/12/29訪問)
  • 駐車場から最も遠い下原門跡までは訪れる人が少ないですが、築城時には正門だったそうで、戦国山城の雰囲気が残る趣のある場所です。また西の丸の奥の近戸門跡は遺構も眺望も良いうえ、そこから七曲りの坂を下ると山の湧水池があったりするのでオススメです。(2020/12/06訪問)
  • 訪れた日はあいにくの雨だったが、それでも魅力満載。石垣の種類も多く、いろんなデザインの石垣がある。曲輪も多く、なかなか本丸に辿りつかない。二の丸付近には休憩所があり、自販機やトイレもある。お城界のダンジョン的存在。次は晴れた日に眺望目当てで訪れたい。(2020/09/16訪問)
  • 春夏秋冬、四季を感じるのに訪れたいです。かなり広くて歩くので水分補給など装備はしっかりとしましょう(2019/04/28訪問)
  • こんなに巨大な城跡だとは思っていませんでした。高低差ありますし、ルートも一つではないので、制覇しようとすれば3時間くらいかかるかと。さすが「最強の城」でした。(2020/08/07訪問)
  • 無料駐車場に停め、観覧料を払い順路通りに巡った。本丸方面の石垣はもちろん素晴らしいが、家老屋敷跡、普請方跡、近戸門跡もぜひ。七曲りを下っても駐車場に着くが急な下り坂なので要注意。下り終わって振りあおぐと九十九折の石垣がまた絶景だった。(2020/03/27訪問)
  • 山の上にこんな総石垣造りの城が...。 素晴らしいの一言。 2時間は余裕を持った方がいいです。(2020/03/26訪問)
  • 豊後竹田駅から歩いて登城。あちこちに岡城への道を示す看板があるので、迷うことはない。トンネルを抜けた途端目の前に広がる 石垣が圧巻です。(2020/02/09訪問)
  • 子どもガイドさんがいました。(2020/01/25訪問)
すべてを表示(38コメント)

岡城について

岡城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態山城
標高(比高)325 m( 95 m )
城郭規模内郭:23.4 ha  外郭:--
天守縄張、天守形式複合連結式層塔式
天守の階数3重4階
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ当初、中川秀成が1596年(慶長元年)に築城した3重3階の複合式望楼型天守は1771年(明和8年)の大火災で焼失したが、中川久貞が1803年(享和3年)までに再建した。その天守も1872年(明治5年)に取り壊された。
築城主緒方惟義
築城開始・完了年着工 1185年(文治元年)
廃城年1871年(明治4年)
主な改修者志賀貞朝、中川秀成
主な城主志賀氏、中川氏
遺構石垣
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2021/01/16 00:21:13

攻城団グッズ

岡城には「攻城団チラシ」があります。入手場所など詳しくは城メモをご覧ください。

  • 岡城 攻城団チラシ

岡城の城メモ

岡城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

岡城の観光情報

岡城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 9:00〜17:00
料金(入城料・見学料)
  • 高校生以上:300円
  • 小中学生:150円
  • 団体割引あり(20人以上)
休み(休城日・休館日)

年中無休

トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

岡城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(15日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    4.05
  • 06時
    Clouds / few clouds
    3.89
  • 09時
    Clouds / few clouds
    8.29
  • 12時
    Clouds / broken clouds
    14.97
  • 15時
    Clouds / scattered clouds
    15.31
  • 18時
    Clouds / scattered clouds
    9.43
  • 21時
    Clouds / scattered clouds
    7.69
  • 00時
    Clear / clear sky
    6.72

明日以降の天気(正午時点)

  • 16日
    Rain / light rain
    12.38
  • 17日
    Clouds / broken clouds
    3.51
  • 18日
    Clouds / few clouds
    6.72
  • 19日
    Clear / clear sky
    8.81

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

岡城の地図

岡城へのアクセス

岡城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR豊肥本線・豊後竹田駅から徒歩25分
  • JR豊肥本線・豊後竹田駅からタクシーで5分
  • JR豊肥本線・豊後竹田駅から「緒方・三重方面行」バスに乗り5分、「岡城入口」バス停下車、徒歩15分
アクセス(クルマ)
  • 大分自動車道・大分光吉ICから60分
  • 九州自動車道・熊本ICから90分
駐車場

無料(120台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    岡城周辺の宿・ホテル

      全室離れの高原リゾート フリューゲル久住

      ☆雄大な久住の大自然に囲まれた全室10棟離れのお部屋はすべて内湯、天然温泉露天風呂付き。昼は自然豊かな久住の地をドライブしたり地元の食材を楽しみ、夜は自慢のディナーとお部屋から眺める満天の星空☆(評価:4.6、参考料金:22,000円〜)

      たけた駅前ホステルcue

      築80年超の古民家をリノベーションした落着く空間のアットホームなゲストハウス。プライバシーに配慮した広い2段ベッドのドミトリー部屋と個室があります。1階にパン屋さんを併設し、温泉も徒歩3分。(評価:不明、参考料金:3,350円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    岡城の過去のイベント・ニュース

    岡城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 府内城
      • 府内城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:37分(--位)
        • 攻城人数:797人(128位)
        • 城までの距離:約35km
      • 臼杵城
      • 臼杵城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:57分(--位)
        • 攻城人数:489人(180位)
        • 城までの距離:約40km
    • より多くの
      城を見る

    豊後の著名な城

    大分県の著名な城

    岡城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    岡城を本城にしている団員

    以下のみなさんが岡城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    ビジュアル・ワイド 日本名城百選

    日本100名城の選定は、お城巡りを楽しむ人の裾野をずいぶん広げたと思う。また、山城の魅力も認知されてきている。しかし、それより以前に城の機能に特化して、独自に100の名城を選定した先進性 は、現在でも色褪せていない。朝鮮倭城の記述があるのも面白い。
    個人的に一番面白かったのは、各都道府県から5城を選び、100城を絞っていく過程が書いてある巻末ですね。
    日本100名城や続日本100名城に選定されている城と比較してみるのも興味深いです。
    読んだことない方は、図書館などで一読されることをおすすめします。

    散歩者さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る