紹介文

飫肥城は伊東氏と島津氏により、103年にわたって激しくその領有権を争われた城です。日本の歴史においてもこれだけ長期間、ふたつの勢力がひとつの城をめぐって争い続けた例は珍しいです。現在、本丸跡には日南市立飫肥小学校(藩校の振徳堂が前身)が建てられており、1978年(昭和53年)には大手門が復元されています。また、NHK連続テレビ小説『わかば』のロケ地になったことでも有名です。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
飫肥城は「日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城

飫肥城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

飫肥城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 電車ならJR飫肥駅が最寄ですが、私は宮崎駅からバスで「飫肥城下」まで移動して攻城しました。 城そのものも見どころですが、「九州の小京都」と呼ばれる城下町は一見の価値ありです。(2019/02/23)
  • 閉館ギリギリに資料館に到着。駐車場から資料館まで少し距離があるので要注意。有料施設以外はいつでも見学できる。(2019/11/14)
  • 駐車場から城内まで距離があります。 街並みも綺麗な街です。 城自体の見所は少ないです。(2016/08/26)
  • 門や石垣などよく復元されていて、とても見やすい城です。(2019/05/04)
  • 鹿児島市内からレンタカーで、2時間半程で到着しました。 共通券を購入して7施設と、藩校の振徳館(見学無料)を巡りました。松尾の丸御殿は、蒸し風呂などがあり楽しかったです。 攻城後は大手門近くの「おび天 蔵」で、飫肥城下名物の「おび天盛合せ」と「厚焼き玉子」を食べました。(2019/09/18)
  • 広大な旧本丸には飫肥杉が立ち並び、辺り一面が苔で覆われている。古城感を存分に感じることができる。(2019/09/14)
  • 街並み全体が当時の城下町の雰囲気を残しています。あまり混んでおらず、ゆっくり観光できました。(2018/12/07)
  • 広大な城で石垣と漆喰の壁が美しい。旧本丸は杉林になっていた。松尾の丸の湯殿は必見。(2018/01/25)
  • 雨上がりの大手門、白壁が続く城内、本丸に上がる石段、そして松尾丸。想像以上に良かったです。(2019/07/19)
  • 飫肥観光駐車場(31.6264350, 131.3510440)を利用して攻城。大手門から松尾丸、旧本丸と散策。旧本丸の虎口が素晴らしい。(2019/06/05)
すべてを表示(92コメント)

飫肥城について

飫肥城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成群郭式
縄張形態平山城
標高(比高)48.9 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主土持氏
築城開始・完了年
廃城年1871年(明治4年)
主な改修者伊東祐兵
主な城主土持氏、新納氏、伊東氏
遺構石垣
指定文化財市史跡
復元状況御殿、櫓門、門、塀

更新日:2020/01/19 02:02:03

飫肥城の城メモ

飫肥城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

飫肥城の観光情報

飫肥城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 開城時間:9:30
  • 閉城時間:16:30
料金(入城料・見学料)
  • 大人:600円
  • 高校生・大学生:450円
  • 小中学生:350円
  • 団体割引あり(20人以上)
休み(休城日・休館日)

12月29、30、31日

トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

飫肥城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(19日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    8.11
  • 06時
    Clouds / scattered clouds
    8.55
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    10.71
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    13.27
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    14.11
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    12.21
  • 21時
    Clouds / broken clouds
    10.25
  • 00時
    Clear / clear sky
    10.49

明日以降の天気(正午時点)

  • 20日
    Clear / clear sky
    13.84
  • 21日
    Clouds / broken clouds
    11.07
  • 22日
    Clouds / broken clouds
    14.26
  • 23日
    Rain / light rain
    19.00

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

飫肥城の地図

地図アプリで見る

宮崎県日南市楠原

飫肥城へのアクセス

飫肥城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR日南線・飫肥駅徒歩約15分
アクセス(クルマ)
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    飫肥城周辺の宿・ホテル

      サンチェリー北郷

      地下800mから湧き出る天然温泉は「美人の湯」とも称され、心地よい滑りとサラリとした肌触りが特徴。客室は全室専用露天付き♪地元の新鮮な海の幸・郷(さと)の幸をふんだんに使用した創作懐石が自慢の宿☆(評価:4.4、参考料金:5,500円〜)

      北郷温泉 べっぴんの湯の宿 丸新荘

      宮崎市内から南に1時間程で日南市北郷町、緑の山々と田園が見わたせる北郷温泉郷。 『九州八十八湯めぐり』にも選ばれてる温泉がまた最高です!日南海岸まで15分と近く新鮮な山海の幸が自慢の宿です。(評価:4.0、参考料金:4,620円〜)

      ホテルシーズン日南(KOSCOINNグループ)

      全室、太平洋を一望できるオーシャンビュー。キャンプでは広島東洋カープ選手常宿のホテルです。(評価:4.4、参考料金:1,500円〜)

      ホテルジェイズ日南リゾート

      日南の町と緑を一望できるパノラマビュー☆景色×食×湯でリフレッシュ!絶景露天風呂や岩盤浴でリラックスした後はみんな大好きバイキング♪お子様から大人まで!ファミリーみんなでエンジョイステイ☆(評価:4.1、参考料金:5,000円〜)

      ビジネスホテル リッチ

      ビジネスにも、観光にも!野球のキャンプ地として有名な日南は、町全体が景勝地と言われ、見所満載!!当館は日南市の中心にあり、観光地はもちろん官公署などのアクセスにも便利な立地です!(評価:不明、参考料金:3,000円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    飫肥城の過去のイベント・ニュース

    飫肥城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 志布志城
      • 志布志城
        • 平均評価:★★★☆☆(191位)
        • 見学時間:58分(166位)
        • 攻城人数:156人(313位)
        • 城までの距離:約27km
      • 佐土原城
      • 佐土原城
        • 平均評価:★★★☆☆(269位)
        • 見学時間:38分(259位)
        • 攻城人数:200人(262位)
        • 城までの距離:約47km
    • より多くの
      城を見る

    日向の著名な城

    宮崎県の著名な城

    飫肥城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    飫肥城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    悪党の裔〈上〉 (中公文庫)

    治安の悪化に伴い悪党が現れ始めた鎌倉末期。
    主人公・赤松円心の播磨を中心に畿内全体へと展開していく物語です。
    天下を決するような戦はできないが、せめて自分の存在で重要な戦の行方を左右したい。そんなことを考えながら、暴れるべき時は暴れ、耐えるべき時は耐えた。
    倒幕の流れを汲んだ足利尊氏に加担し、九州に落ちた尊氏を追討する新田の行軍を引き付けに引き付けます。
    絶対に落ちない城、白旗城の築城のシーンが描いかれており、白旗城の名前の由来がこの小説を読んでわかりました。
    『悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 』、『残月―竹田城最後の城主、赤松広英』をあわせ、播磨赤松三部作と言えると思います。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る