紹介文

鹿児島城は江戸時代に島津家久によって築かれた城で、270年にわたって島津氏の居城として利用されました。「関ケ原の戦い」で西軍側に属して敗北した島津氏が、徳川家康の薩摩征伐に備えて築いた城でもありますが、朝鮮出兵や関ケ原の影響で財政が苦しかったこともあり、石高77万石の薩摩藩の城とは思えないほど質素な作りでした。現在も本丸と二の丸の周囲の石垣がほぼ完全な形で残されています。また、本丸跡に建てられている黎明館には鹿児島城のジオラマが展示されています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
鹿児島城は「日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城

鹿児島城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

鹿児島城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 現地にあった「西郷隆盛ゆかりの地を巡る」の案内板を参考にして、終焉の地、西南戦争の銃弾跡、薩摩義士碑などを巡りました。 鹿児島市内の市電・バスは、Suicaなどの交通系ICカードは使えませんでした。(2019/09/17)
  • 黎明館を見学、大手門の復元工事中。黎明館で駐車券に印を押してもらうのを忘れずに。(2019/09/14)
  • 御楼門が復元工事中のため、大手門から入城できない。 期待していた桜島も曇がかかってよく見えなかった。 御楼門の完成後に桜島見学とセットで再訪したい。(2019/09/13)
  • 天文館より徒歩20分程。蓮の季節はほぼ終わっていたが、お壕の蓮は素晴らしい。黎明期と工事の様子を見学。雨天のため城山は断念。(2019/08/27)
  • 御楼門建設工事の様子を見学させてくれます。9:00〜18:00 工事現場内は冷房がきいているので、ひと休み目的で涼みながら見学しても良いかも知れません。(2019/08/21)
  • 御楼門建築中(2019/08/06)
  • 西南戦争で銃弾に晒された石垣が残り、畏怖を感じる。西郷洞窟も歩いて行けた。(2018/01/26)
  • わたしが解らなかった「黎明館専用駐車場」は、工事中の『御楼門』南側にある県立図書館の横を入った突き当りに入口があります。(2019/07/20)
  • 鹿児島市の割と中心にある。駐車場はあるが、博物館見学を促すような雰囲気があるため城郭見学と博物館見学で二時間程度は必要。今、改装中。(2019/01/18)
  • 黎明館駐車場(31.5978871, 130.5536082)を利用して攻城。黎明館に入館するのであれば無料です。御楼門復元工事中(2020年3月完成予定)につき、大手門石垣は見学できず。完成後に再度訪れたい。(2019/06/04)
すべてを表示(103コメント)

鹿児島城について

鹿児島城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態平山城
標高(比高)11.2 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主島津家久
築城開始・完了年着工 1602年(慶長7年) 〜 竣工 1604年(慶長9年)
廃城年1872年(明治5年)
主な改修者島津吉貴
主な城主島津氏
遺構石垣、堀、石橋
指定文化財県史跡
復元状況

更新日:2019/11/18 02:00:31

鹿児島城の観光情報

鹿児島城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間

見学自由

料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

鹿児島城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(18日)の天気

  • 03時
    Clouds / few clouds
    17.92
  • 06時
    Rain / light rain
    17.59
  • 09時
    Rain / light rain
    21.15
  • 12時
    Clouds / broken clouds
    21.25
  • 15時
    Rain / moderate rain
    19.21
  • 18時
    Rain / light rain
    16.62
  • 21時
    Rain / light rain
    14.89
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    12.93

明日以降の天気(正午時点)

  • 19日
    Clear / clear sky
    13.31
  • 20日
    Clear / clear sky
    13.85
  • 21日
    Clear / clear sky
    15.74
  • 22日
    Clouds / broken clouds
    18.14

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

鹿児島城の地図

地図アプリで見る

鹿児島県鹿児島市城山町

鹿児島城へのアクセス

鹿児島城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR日豊本線・鹿児島駅から巡回バスに乗り「薩摩義士碑前」バス停下車、すぐ
  • JR日豊本線・鹿児島駅から徒歩約12分
  • 市電「鹿児島駅前行き」で「市役所前」または「水族館口」下車、徒歩5分
アクセス(クルマ)
  • 九州自動車道・鹿児島ICから約10分
駐車場
  • 黎明館駐車場(無料、125台)
    • 照国神社鳥居を右折して直進

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    鹿児島城周辺の宿・ホテル

      ホテル サンフレックス 鹿児島

      東証一部上場「リゾートトラスト(株)」直営の閑静なスタイリッシュホテル!リニューアル8年の清潔なお部屋。ラウンジで挽きたてコーヒー無料♪天文館や桜島・離島乗船場も徒歩圏内で閑静な立地。(評価:4.1、参考料金:2,900円〜)

      アパホテル<鹿児島天文館>

      ■天文館の中心に位置し観光・ビジネスに最適■チェックアウトゆったり11:00まで■鹿児島中央駅から路面電車を利用し天文館通駅下車、徒歩3分■鹿児島空港発リムジンバス利用天文館バス停から徒歩4分(評価:4.3、参考料金:2,800円〜)

      リッチモンドホテル鹿児島金生町

      じゃらんアワード2018 じゃらんOF THE YEAR泊まって良かった宿大賞【接客・サービス】九州エリア101~300室部門で第3位に選ばれました!市電「朝日通り」電停目の前の好立地、全館Wi-Fiも無料接続可能(評価:4.6、参考料金:2,970円〜)

      HOTEL&RESIDENCE南洲館

      ▼九州朝食部門 連続アワード受賞▼南洲館、朝食名物、あっさり、ヘルシーお野菜スープで味わう鹿児島ブランド黒豚レタスしゃぶ。徒歩3分で旅する西郷銅像、美術館、博物館、中央公園、山形屋、天文館(評価:4.6、参考料金:2,600円〜)

      ホテル吹上荘

      緑多い城山の麓、美術館等のある文化ゾーンにあり繁華街へ徒歩約5分で観光に大変便な立地。庭園内地下より湧出するアルカリ性単純泉を使用した天然温泉サウナ浴室あり。鹿児島市中心部にある老舗温泉宿。(評価:4.5、参考料金:5,738円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    鹿児島城の過去のイベント・ニュース

    鹿児島城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 知覧城
      • 知覧城
        • 平均評価:★★★☆☆(156位)
        • 見学時間:56分(174位)
        • 攻城人数:202人(256位)
        • 城までの距離:約27km
      • 志布志城
      • 志布志城
        • 平均評価:★★★☆☆(178位)
        • 見学時間:54分(184位)
        • 攻城人数:132人(332位)
        • 城までの距離:約54km
    • より多くの
      城を見る

    薩摩の著名な城

    鹿児島県の著名な城

    鹿児島城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    鹿児島城を本城にしている団員

    以下のみなさんが鹿児島城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    滅びの将―信長に敗れた男たち (時代小説文庫 (247))

    信長に敗れた5人の戦国武将達(別所長治・荒木村重・吉川経家・松永久秀・清水宗治)それぞれの戦と葛藤を描いた短編集。敗者側からの視点で描かれたストーリーは、結果が分かっていながらも引き込まれるものがありました。

    遠里小野さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る