不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。自分がウイルスを家庭や会社に持ち込んでしまうリスクを最小化するために、当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

臼杵城は、大友宗麟が臼杵湾に浮かぶ丹生島に築いた海城です。当時は断崖絶壁の島で、四方を海に囲まれた珍しい城だったそうですが、現在は埋め立てられて陸続きになっています。江戸時代には稲葉貞通の居城となり、明治維新まで稲葉氏15代が藩主を務めました。現在は臼杵公園として整備されており、石垣や空堀が残っています。また、二の丸に畳櫓が、本丸に切妻造りの卯寅口門脇櫓が、それぞれ現存しています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
臼杵城は「続日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城

臼杵城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

臼杵城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 臼杵市観光交流プラザに駐車させていただきました。 桜がキレイです。(2020/03/27)
  • JR臼杵駅から徒歩でも行けますし、バスも出ています。 あと、城跡から徒歩10分ほどの所にある「小手川商店」の「みそソフトクリーム」が絶品なので、訪れた際には是非寄ってみてほしいです。(2020/03/09)
  • まず、真正面の登城口から見る感じが好きです。石橋を渡り畳櫓へ行くカーブする石垣、復元された櫓など見所が多いので楽しめるお城でした。(2019/07/21)
  • けっこう急な階段があり、いかにも城という感じでした。(2018/05/05)
  • 海城らしく、自然の断崖を利用した縄張りで、岩に沿って設けられた漆喰塀が印象的でした。また、卯寅口門脇櫓付近の石垣も、自然の形状にあわせたためか、複雑な段状に積まれていました。海に浮かぶ要塞ぶりが想像できる素晴らしい城跡です。(2019/12/28)
  • 正面から見ると一見コンパクトだが、登城して多目的広場を通り過ぎて本丸まで行くとその大きさが実感できる。(2019/11/17)
  • 現在は陸続きになっていますが、当時は島だったようで、作りが凝縮されたような縄張り(2019/09/11)
  • 現地に行ってみると、海に浮かぶ城であったことが容易に想像できます。(2019/08/18)
  • 海に浮かぶ島だったなんて、モン・サン=ミシェルのようではありませんか。周囲は断崖ですし、大砲「国崩」も備えていますから、まさに要塞。点在する防空壕の跡に歴史の重みを感じました。(2019/07/27)
  • 「国崩し」と大友宗麟のレリーフが設置されていた。海沿いで高い石垣が凄い。(2018/01/24)
すべてを表示(83コメント)

臼杵城について

臼杵城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態海城
標高(比高)12.8 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式梯立式層塔型
天守の階数3重4階
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1601年(慶長6年)に複合式望楼型の3重3階の天守が築かれた。その後、1655年(明暦元年)頃に大規模な改修が行われ、5つの付櫓を組み合わせる梯立式天守が築かれたとされるが詳細は不明。1873年(明治6年)に取り壊された。
築城主大友宗麟
築城開始・完了年着工 1562年(永禄5年)
廃城年1873年(明治6年)
主な改修者
主な城主大友氏、福原氏、太田氏、稲葉氏
遺構曲輪、畳櫓、卯寅口門櫓、石垣、空堀、堀
指定文化財大分県史跡
復元状況大門櫓

更新日:2020/04/02 01:46:47

臼杵城の城メモ

臼杵城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

臼杵城の観光情報

臼杵城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

臼杵城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(02日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    9.48
  • 06時
    Clouds / few clouds
    9.32
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    12.07
  • 12時
    Clear / clear sky
    13.66
  • 15時
    Clouds / few clouds
    14.70
  • 18時
    Clear / clear sky
    13.04
  • 21時
    Clear / clear sky
    10.65
  • 00時
    Clear / clear sky
    9.61

明日以降の天気(正午時点)

  • 03日
    Clouds / overcast clouds
    15.73
  • 04日
    Clouds / broken clouds
    16.26
  • 05日
    Clouds / scattered clouds
    12.31
  • 06日
    Clouds / few clouds
    12.98

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

臼杵城の地図

臼杵城へのアクセス

臼杵城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR日豊本線・臼杵駅から徒歩10分
アクセス(クルマ)
  • 東九州自動車道・臼杵ICから10分
駐車場

有料

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    臼杵城周辺の宿・ホテル

      クレドホテル臼杵

      トラック・バスなどの大型車両も駐車可★ゆったりとした大浴場があり、1日の疲れをゆったり癒せます。朝食は、野菜たっぷりの健康バイキング♪臼杵大仏までのアクセスも◎で観光にもご利用ください。(評価:3.7、参考料金:5,300円〜)

      ホテルニューうすき

      臼杵と言えば、本場トラふぐ料理!関アジ・関サバなど!新鮮な海の幸が豊富。ホテルの1階、今まで地元の方より支えて頂いた、昔の庄屋をイメージした食事処にて御用意しております。(評価:3.6、参考料金:5,250円〜)

      臼杵 湯の里

      家族湯60分無料!地下1300mから湧き出る温泉はトロトロ♪そして臼杵と言えば本場とらふぐ料理。知る人ぞ知る贅沢三昧☆豪快なとらふぐの厚引き!このふぐ刺しの食感は臼杵だけ!ぜひご賞味ください!(評価:3.9、参考料金:6,430円〜)

      HOTEL AZ 大分津久見店

      津久見駅から徒歩約4分。館内にはファミリーレストランとしゃぶしゃぶ温野菜を併設☆ホテル裏は碧々とした海が広がり、海側のお部屋からの眺めは最高!そして夜はまた違った景色を楽しめます。(評価:4.0、参考料金:4,290円〜)

      ニューホテル玉屋

      WiFI全室完備!臼杵駅から徒歩1分、臼杵フェリー乗り場まで車で約3分、国宝・臼杵石仏まで車で約15分、臼杵インターまで約10分!気軽に召し上がれるお刺身定食が人気!(予約必要)(評価:不明、参考料金:3,600円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    臼杵城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 佐伯城
      • 佐伯城
        • 平均評価:★★★★☆(--位)
        • 見学時間:1時間14分(--位)
        • 攻城人数:278人(235位)
        • 城までの距離:約19km
      • 府内城
      • 府内城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:48分(--位)
        • 攻城人数:681人(123位)
        • 城までの距離:約22km
    • より多くの
      城を見る

    豊後の著名な城

    大分県の著名な城

    臼杵城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    臼杵城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    戦国の堅城―築城から読み解く戦略と戦術 (歴史群像シリーズ)

    雑誌「歴史群像」で紹介された戦国時代の城に城郭研究者の解説を加えて再構成したムック。(2004年発行)勃興期、隆盛期、完成期に分けて16の城を解説。どのような状況でその城が作られ、何を意図した縄張りだったのか、図や写真で詳細に解説されている。香川元太郎さんの鳥瞰復元イラストは一目でどんな城だったのかわかりやすくて良い。。

    こめつぶさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る