紹介文

座喜味城は護佐丸(ごさまる)が築城したとされているグスク(城)です。現在も美しい曲線を描いた石垣やアーチ門などが残っており、とくにアーチ門は沖縄に現存するもっとも古いアーチ門といわれています。2000年11月には首里城跡などとともに世界遺産に登録されました。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
座喜味グスクは「続日本100名城」「世界遺産の城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城
  • 世界遺産の城

座喜味グスクをいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

座喜味グスクを攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • グスクとしては珍しく岩山ではなく、土の上に築かれている。つまり完全に人工的に石垣が構築されていて、それだけでも護佐丸の権力と築城技術のすごさがわかる。(2020/01/07)
  • 元旦なので民族史料館は休みでした。100名城のスタンプは建物の外にあって,押せました。(2020/01/01)
  • 城壁は破損も目立たずきちんと修復がされており私が訪れたグスクでは一番のお気に入りです。(2019/09/28)
  • 城跡は時間関係無く見学出来ました。(2019/11/24)
  • 沖縄5城巡り、3番目の攻城です。 座喜味城はこじんまりとしたお城という印象ですが、石垣のみごとな曲線が非常に美しい、さすが築城名人護佐丸のお城といった感じです。 晴れた日には首里城や慶良間諸島も見えるようです。余談ですが本州では聞いたことがないセミの鳴き声が、あちこちがら聞こえてきました。(2019/11/04)
  • 駐車場は50mくらい手前と城が見える位置と2か所ありました。整備された遺構でよかった。(2019/11/05)
  • 前回来たときには曇りだったので、晴れている日にリベンジ。見晴らし良くてgood。夕方はワンちゃんの散歩で訪れている人が多かった。ちょうどいい散歩コースですね。(2019/07/15)
  • ここも非常に海がキレイ! 車を利用したのですが、城に行くまでの道が工事中で行き止まりになっており、迂回して城に行く必要がありました。 圧倒的な高石垣に度肝を抜かれました!(2019/07/17)
  • 城址駐車場(26.4065315, 127.7418908)を利用して攻城。ユンタンザミュージアムでスタンプを押印し、いざ城跡へ。城址はコンパクトだが石垣が綺麗に残っており、主郭ら眺める城址は非常に格好が良い。(2019/06/28)
  • 沖縄のグスクは 違うテイストですが すっかり魅了されてしまいました。 ミュージアムを さらっと見学して 1時間くらいだと思います(2019/05/31)
すべてを表示(97コメント)

座喜味グスクについて

座喜味グスクに関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態グスク山城
標高(比高)125 m( -- )
城郭規模内郭:0.7 ha  外郭:--
築城主護佐丸か
築城開始・完了年着工 1416年(応永23年)〜1422年(応永29年)
廃城年16世紀
主な改修者
主な城主護佐丸ほか
遺構石垣、郭
指定文化財国史跡、世界遺産(琉球王国のグスク及び関連遺産群)
復元状況

更新日:2020/01/19 12:55:30

座喜味グスクの城メモ

座喜味グスクの見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

座喜味グスクの観光情報

座喜味グスクの見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間

常時開放

料金(入城料・見学料)

無料(周辺は公園として整備されている)

休み(休城日・休館日)

年中無休

トイレ

駐車場にあり

コインロッカー
写真撮影

バリアフリー

座喜味グスクの見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(19日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    14.76
  • 06時
    Rain / light rain
    14.93
  • 09時
    Rain / light rain
    15.28
  • 12時
    Clouds / scattered clouds
    15.68
  • 15時
    Rain / light rain
    15.43
  • 18時
    Rain / light rain
    16.00
  • 21時
    Rain / light rain
    15.94
  • 00時
    Rain / light rain
    15.82

明日以降の天気(正午時点)

  • 20日
    Rain / light rain
    15.98
  • 21日
    Clouds / broken clouds
    15.82
  • 22日
    Clouds / overcast clouds
    19.43
  • 23日
    Clouds / overcast clouds
    20.28

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

座喜味グスクの地図

地図アプリで見る

沖縄県中頭郡読谷村字座喜味2975

座喜味グスクへのアクセス

座喜味グスクへのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 那覇バスターミナルから29番バス読谷線に乗り約65分、「座喜味」バス停下車、徒歩約15分
  • 那覇バスターミナルから29番バス読谷線に乗り約70分、「高志保入り口」バス停下車、徒歩約20分
  • 沖縄バス琉球バス29系統(読谷BT行き)
  • 那覇空港からタクシーで約60分
アクセス(クルマ)
  • 沖縄自動車道・沖縄南ICから30分
  • 沖縄自動車道・那覇ICから約45分
駐車場

無料

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    座喜味グスク周辺の宿・ホテル

      ロイヤルホテル沖縄残波岬

      周辺は国定公園指定『恋する灯台』認定も受けた「残波岬」、『日本の夕陽の宿・百選』にも登録され、癒しの気分も満足できるリゾート。年中楽しめるマリンアクティビティに館内は大浴場や多種レストランも♪(評価:3.9、参考料金:3,600円〜)

      ホテルムーンビーチ

      沖縄屈指のリゾートエリア恩納村、美しい自然と最高のロケーションに建つホテルムーンビーチは、三日月型のプライベートビーチを囲み、開放的な空間に優しい光と爽やかな風がそよぐ個性的な佇まい(評価:4.3、参考料金:3,500円〜)

      大人の隠れ家 Condominium T-Room(コンドミニアム ティールーム)

      読谷村の丘の上隠れ家。全室 フルキッチン&ジャグジー付きで家族旅行にも最適。ライブラリ&プライベートガーデン完備。(評価:5.0、参考料金:7,500円〜)

      グランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾート

      2019年7月、伝統文化が残る読谷村の静かな地に誕生した54室のスモールラグジュアリーリゾート。南国の緑と海風の薫りに包まれた大人だけのプライベート空間で、フルサービスの贅沢な寛ぎを提供いたします。(評価:5.0、参考料金:12,960円〜)

      Mr.KINJO IN HAIBISU 喜名 <読谷村>

      那覇空港より車で50分!中部読谷地区に待望の家電付ホテルがNEW OPEN♪観光にビジネスに最適な立地です^^冷蔵庫・ケトル・レンジ・液晶TV・無料ネットなど設備も充実♪長期滞在の方にもオススメ。(評価:4.3、参考料金:1,280円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    座喜味グスクの過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 中城グスク
      • 中城グスク
        • 平均評価:★★★★☆(17位)
        • 見学時間:1時間7分(113位)
        • 攻城人数:633人(125位)
        • 城までの距離:約15km
      • 勝連グスク
      • 勝連グスク
        • 平均評価:★★★★☆(31位)
        • 見学時間:57分(173位)
        • 攻城人数:484人(154位)
        • 城までの距離:約16km
    • より多くの
      城を見る

    琉球の著名な城

    沖縄県の著名な城

    座喜味グスクといっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    座喜味グスクを本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    悪党の裔〈上〉 (中公文庫)

    治安の悪化に伴い悪党が現れ始めた鎌倉末期。
    主人公・赤松円心の播磨を中心に畿内全体へと展開していく物語です。
    天下を決するような戦はできないが、せめて自分の存在で重要な戦の行方を左右したい。そんなことを考えながら、暴れるべき時は暴れ、耐えるべき時は耐えた。
    倒幕の流れを汲んだ足利尊氏に加担し、九州に落ちた尊氏を追討する新田の行軍を引き付けに引き付けます。
    絶対に落ちない城、白旗城の築城のシーンが描いかれており、白旗城の名前の由来がこの小説を読んでわかりました。
    『悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 』、『残月―竹田城最後の城主、赤松広英』をあわせ、播磨赤松三部作と言えると思います。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る