全国的にコロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が増えています。不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。各地の医療体制が逼迫しているため、密を避ける山城であっても事故が起きた際のリスクが高まっています。当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

七尾城は畠山氏の居城として知られ、日本100名城にも選ばれています。菊、松、竹、梅、亀、龍、虎と名づけられた7つの郭があったので、七尾城と称したといわれています。日本五大山城のひとつに数えられるほど強固な城でしたが、「七尾城の戦い」で上杉謙信に攻められ、落城しました。のちに織田氏の領地となったときには前田利家が城主になっています。多くの遺構が残り、本丸の石垣を中心に各曲輪の石垣のほとんどが現存しています。麓に「七尾城史資料館」があり、城由来の展示品が収蔵されています。

七尾城の情報は七尾歴史たび研究会(七尾商工会議所・のと共栄信用金庫)のご支援により充実させることができました。ありがとうございます!

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
七尾城は「日本100名城」「石川県三名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 石川県三名城

七尾城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

七尾城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 約30分で登山、約20分滞在、約20分で下山しました。冬場はスタンプ台が乾いてしまうようです。(2020/12/23訪問)
  • 石垣が綺麗に残っています。 頂上からの眺めは絶景です。(2020/12/11訪問)
  • 七尾駅から徒歩1時間半位です。バスかタクシーを使用したほうがいいと思います。100名城スタンプは七尾城史資料館にあります。城郭入り口にトイレがあります。見どころは本丸石垣・調度丸石垣・堀切・九尺石など、現存の遺構が多いので楽しめます。天守から見える七尾湾もきれいですよ。(2020/11/11訪問)
  • 麓の資料館から本丸まで徒歩で攻城。最初の30分くらいは普通にハイキング。段々と見晴らしが開けてきて、雰囲気も出てくる。本丸に近づくと石垣も出現し始めて、その美しさに魅了される。本丸から望む七尾湾はまさに絶景。美しいに尽きる。攻城の疲れも吹っ飛んでいく。だから山城はやめられない。(2020/11/29訪問)
  • 体力と時間がある方はぜひ車ではなく、登城を一度はオススメします!(2020/08/14訪問)
  • 先に資料館で200円払って見学してからの攻城をおすすめします。 御城印は3種類あります。(2020/11/13訪問)
  • 本丸駐車場に駐車、24時間開放、トイレ有り、スタンプ七尾城史資料館、24時間押印可能、壮大な城域で石垣圧巻です。(2020/11/09訪問)
  • 七尾城史資料館に車を止めて 麓から徒歩で本丸まで攻めました 片道1時間弱で 結構 軽い登山トレッキングです 道しるべも所々にあり分かりやすかったです かなり山深いので 夏シーズンは熊鈴を持った方が良いかと思います 結構山深いです(2020/11/08訪問)
  • 本丸下の駐車場がとても便利。でもしっかり攻城するならそこから2時間強はスケジュールした方が良いと思った。(2020/11/03訪問)
  • 本丸から桜馬場へ(途中滑りやすい箇所あり)、二の丸から三の丸へ行く道や階段・手摺りなどがきれいに整備されていました。本丸駐車場近くのお手洗いはきれいでした。ボランティアガイドさんがいらっしゃいました。(2020/11/01訪問)
すべてを表示(58コメント)

七尾城について

七尾城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)300 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主畠山満慶
築城開始・完了年着工 正長年間(1428年〜1429年)
廃城年1589年(天正17年)
主な改修者畠山義綱、上杉謙信
主な城主畠山氏、上杉氏、前田氏
遺構郭、石垣、土塁、空堀
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2021/01/15 03:51:11

攻城団グッズ

七尾城には「ご当地缶バッジ」「攻城団チラシ」があります。入手場所など詳しくは城メモをご覧ください。

  • 七尾城 ご当地缶バッジ
  • 七尾城 攻城団チラシ

七尾城の城メモ

七尾城の見所や歴史などを紹介します。


マンガでわかる七尾城

  • 歴史・うんちく
大久保ヤマト先生による七尾城と能登畠山氏の歴史を描いたマンガです。 つづきを読む

能登畠山氏の歴史

  • 歴史・うんちく
11代つづいた七尾城主・能登畠山氏の歴史についてまとめました。 つづきを読む

七尾城の御城印

  • おみやげ
七尾城の御城印は七尾城史資料館で購入できます。 つづきを読む

七尾城の戦い(七尾城をめぐる戦い)

  • 歴史・うんちく
「七頭の乱」や「七尾城の戦い」など七尾城を舞台とした合戦の歴史をまとめました。 つづきを読む

九尺石

  • 見所
九尺石は当時の大手門の可能性がある、内枡形虎口にあった巨石のことです。 つづきを読む

七尾城史資料館

  • 周辺案内
七尾城史資料館は1963年にオープンした、七尾城の山麓にある資料館です。 つづきを読む

七尾城の歴史

  • 歴史・うんちく
約170年間にわたる七尾城の歴史についてまとめました。 つづきを読む

七尾歴史たびマップ

  • 資料・パンフ
「七尾歴史たびマップ」は七尾東雲高等学校の生徒が作成した七尾の観光マップです。 つづきを読む

七尾城跡の散策ガイド

  • 資料・パンフ
七尾市教育委員会によって作成された七尾城跡の散策ガイドです。 つづきを読む

七尾城跡の縄張り図と遺構平面図

  • 縄張図
奈良大学の千田嘉博教授が作成された七尾城跡主郭部の縄張り図です。 つづきを読む

七尾城の石垣について

  • 歴史・うんちく
七尾城の石垣について現時点でわかっていることなどを以下にまとめます。 つづきを読む

七尾城の惣構え

  • 歴史・うんちく
七尾城には山麓に惣構えが存在していたことが発掘調査によって判明しています。 つづきを読む

七尾城のオススメ撮影ポイント

  • 撮影ポイント
攻城団がオススメする、七尾城の写真におさめておきたい撮影ポイントを紹介します。 つづきを読む

七尾城のご当地缶バッジ

  • ご当地缶バッジ
七尾城を訪問した記念に攻城団とコラボしたご当地缶バッジはいかがでしょう。 つづきを読む

七尾城跡の復元CG

  • 歴史・うんちく
七尾市教育委員会文化課によって作成された七尾城跡の復元CGです。 つづきを読む

能登ふぐ

  • グルメ
七尾市がある能登半島地域は天然フグの漁獲量が全国有数です。 つづきを読む

本丸

  • 石碑・案内板
七尾城の本丸跡には大きな城址碑と案内板、そして城山神社があります。 つづきを読む

調度丸

  • 石碑・案内板
弓などの武具を整えた調度丸跡には「国指定史跡七尾城跡」の案内板もあります。 つづきを読む

長齢寺

  • 周辺案内
長齢寺は能登国主となった前田利家が、前田家代々の菩提寺として創建した寺です。 つづきを読む

七尾美術館

  • 周辺案内
七尾美術館は1995年(平成7年)に開館した、能登半島では唯一の総合美術館です。 つづきを読む

安寧寺跡(畠山廟)

  • 見所
安寧寺跡は三の丸の下にある削平地で、江戸時代には寺があったとされます。 つづきを読む

七尾市観光ボランティアガイド・はろうななお

  • ガイド
「はろうななお」は七尾城跡の案内をしてくれるボランティアガイドです。 つづきを読む

七尾城山展望台

  • 周辺案内
七尾城山展望台は七尾城跡からさらに山をのぼったところにある展望台です。 つづきを読む

能登食祭市場

  • 周辺案内
能登食祭市場には新鮮な海産物や能登の銘産品の販売、レストランなどがあります。 つづきを読む

のとじま水族館

  • 周辺案内
のとじま水族館は国内最大級のトンネル水槽がある、石川県唯一の水族館です。 つづきを読む

遊佐屋敷

  • 見所
本丸のすぐ下の曲輪が畠山氏の重臣、遊佐氏の屋敷跡と伝えられています。 つづきを読む

長屋敷(大堀切)

  • 見所
本丸と長屋敷を遮断するためにつくられた大規模な堀切が確認できます。 つづきを読む

七尾城のパンフレット

  • 資料・パンフ
七尾市教育委員会文化課によって作成された七尾城の公式パンフレットです。 つづきを読む

桜馬場

  • 見所
桜馬場跡は平時に軍馬を検分したり、調教をおこなった場所といわれています。 つづきを読む

城門の扉

  • 見所
七尾城史資料館に七尾城大手門の扉が展示されています。 つづきを読む

温井屋敷

  • 見所
温井屋敷は畠山氏の重臣である温井氏の屋敷跡とされています。 つづきを読む

二の丸

  • 見所
二の丸は本丸を中心とした主郭部の最北端に位置する曲輪です。 つづきを読む

三の丸

  • 見所
三の丸は七尾城の曲輪の中では最大規模を誇ります。 つづきを読む

七尾城まつり

  • イベント
七尾城まつりは毎年9月に七尾城跡で開催されるお祭りです。 つづきを読む

七尾城跡駐車場わきにある案内板

  • 石碑・案内板
七尾城の駐車場わきには復元イラストと紹介文が書かれた案内板が設置されています。 つづきを読む

懐古館 飯田家

  • 周辺案内
懐古館・飯田家は七尾城史資料館と同敷地内に建つ180年前の庄屋の住宅です。 つづきを読む

石川県能登島ガラス美術館

  • 周辺案内
石川県能登島ガラス美術館は能登島にあるガラス芸術専門の美術館です。 つづきを読む

七尾城の観光情報

七尾城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 七尾城史資料館
    • 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
料金(入城料・見学料)
  • 七尾城史資料館
    • 大人:200円
    • 大高生:160円
    • 中学生以下は無料
    • 団体割引あり
休み(休城日・休館日)
  • 七尾城史資料館
    • 月曜日(祝日の場合は翌日)
    • 祝日の翌日
    • 冬季休館(12月11日〜3月10日)
トイレ

駐車場近くにあり

コインロッカー
写真撮影

撮影自由

バリアフリー

七尾城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(15日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    3.27
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    2.80
  • 09時
    Clouds / broken clouds
    4.02
  • 12時
    Clouds / few clouds
    6.26
  • 15時
    Clear / clear sky
    7.55
  • 18時
    Clouds / scattered clouds
    5.17
  • 21時
    Clouds / scattered clouds
    4.52
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    4.63

明日以降の天気(正午時点)

  • 16日
    Rain / moderate rain
    7.39
  • 17日
    Snow / light snow
    -0.52
  • 18日
    Snow / snow
    2.01
  • 19日
    Snow / light snow
    -3.14

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

七尾城の地図

七尾城へのアクセス

七尾城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR七尾線・七尾駅から、市内巡回バス「まりん号」東回りで約13分、「古屋敷町」下車、本丸まで徒歩約60分
アクセス(クルマ)
  • 能越自動車道・七尾城山ICから15分
  • のと里山海道・上棚矢駄ICから30分
駐車場

あり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

七尾城周辺の宿・ホテル

七尾城の過去のイベント・ニュース

七尾城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

周辺にあるお城など

    • 高岡城
    • 高岡城
      • 平均評価:★★★☆☆(124位)
      • 見学時間:55分(94位)
      • 攻城人数:1234人(75位)
      • 城までの距離:約29km
    • 増山城
    • 増山城
      • 平均評価:★★★☆☆(--位)
      • 見学時間:1時間8分(--位)
      • 攻城人数:451人(193位)
      • 城までの距離:約40km
  • より多くの
    城を見る

能登の著名な城

石川県の著名な城

七尾城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

七尾城を本城にしている団員

以下のみなさんが七尾城を本城として登録しています。

最近表示したお城

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

ビジュアル・ワイド 日本名城百選

日本100名城の選定は、お城巡りを楽しむ人の裾野をずいぶん広げたと思う。また、山城の魅力も認知されてきている。しかし、それより以前に城の機能に特化して、独自に100の名城を選定した先進性 は、現在でも色褪せていない。朝鮮倭城の記述があるのも面白い。
個人的に一番面白かったのは、各都道府県から5城を選び、100城を絞っていく過程が書いてある巻末ですね。
日本100名城や続日本100名城に選定されている城と比較してみるのも興味深いです。
読んだことない方は、図書館などで一読されることをおすすめします。

散歩者さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る