七尾城
54 七尾城

[石川県][能登] 石川県七尾市古屋敷町タ8-1


  • 平均評価:★★★★☆ 3.70(47位)
  • 見学時間:1時間27分(70位)
  • 攻城人数:611(--位)

遊佐屋敷

本丸のすぐ下の曲輪が重臣であった遊佐氏の屋敷跡と伝えられています。
遊佐氏は南北朝時代に畠山氏が奥州探題となって赴任した頃からその重臣となり、一族はそれぞれ出羽国、河内国、能登国、越中国にわかれ、能登国では遊佐秀頼(ゆさひでより)、遊佐続光(ゆさつぐみつ)が当主を傀儡化して、専横のかぎりを尽くしたとされます。

ほぼ中央に一辺11m、高さ0.8mの基檀(建造物をその上に建てるためにつくった土盛りや石積みのこと)があり、礎石列も存在していますが、ここにどんな建物があったかは不明です。

なお石積みが崩れているのはイノシシが餌を探して掘り返すからだそうです。

遊佐続光は親上杉派として、親織田派であった長続連と対立することになりますが、1577年(天正5年)の「第二次七尾城の戦い」で能登に侵攻してきた上杉謙信に内応し、続連の一族をことごとく殺害すると、謙信に降り能登の実権を手に入れました。

しかし翌年に謙信が没すると、ふたたび織田軍が能登に侵攻し、続光はすぐに降伏しましたが、信長は長一族を殺した罪を許さず、処刑されました。

遊佐屋敷跡
 この曲輪(くるわ)は、本丸のすぐ西側に接し、七尾城跡の中心部にあることから城主に次ぐ守護代の(しゅごだい)の地位にあった遊佐氏の屋敷跡と伝えられている。
提供:七尾市教育委員会文化課(赤丸は攻城団が加筆)
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

七尾城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る