石川県能登地方を中心に活発な地震活動が続いています。災害復旧の妨げにならないよう、末森城への訪問は当面控えましょう。
早く以前のように自由にお城めぐりができるよう、ぼくらにできる範囲の協力をしましょう(いずれ旅行に出かけることが協力になる日も来るはずです)。

紹介文

末森城跡は土肥親真の居城として知られています。加賀・能登・越中、三ヶ国の国境に近い要衝に位置するため、しばしば合戦の舞台となりました。土肥氏は上杉謙信、柴田勝家と状勢に応じて降伏を繰り返し、前田利家の与力的な立場となった際には利家の妻である芳春院(まつ)の姪を娶りました。その後、利家と越中の佐々成政の間で行なわれた1584年(天正12年)の「末森合戦」の舞台となったことでも有名で、加賀百万石があるのは、この戦いで勝利したことによるとされていますが、「元和の一国一城令」により廃城となりました。現在も遺構の保存状態は良好で、石川県における戦国期を代表する山城です。

末森城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

末森城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

    すべてを表示(4コメント)

    末森城について

    末森城に関するデータ  情報の追加や修正

    曲輪構成

    連郭式

    縄張形態

    山城

    標高(比高)

    138.8 m( 118 m)

    城郭規模

    内郭:--  外郭:--

    築城主

    土肥親真か

    築城開始・完了年

    廃城年

    1615年(元和元年)

    主な改修者

    前田氏

    主な城主

    土肥氏、斎藤氏(越後)、前田氏(奥村氏)

    遺構

    土塁、曲輪跡

    指定文化財

    県史跡

    復元状況

    末森城に関するデータ  情報の追加や修正
    項目データ
    曲輪構成連郭式
    縄張形態山城
    標高(比高)138.8 m( 118 m )
    城郭規模内郭:--  外郭:--
    築城主土肥親真か
    築城開始・完了年
    廃城年1615年(元和元年)
    主な改修者前田氏
    主な城主土肥氏、斎藤氏(越後)、前田氏(奥村氏)
    遺構土塁、曲輪跡
    指定文化財県史跡
    復元状況

    更新日:2024/03/04 03:31:15

    末森城の観光情報

    末森城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

    営業時間

     

    料金(入城料・見学料)

     

    休み(休城日・休館日)

     

    トイレ

     

    コインロッカー

     

    写真撮影

     

    バリアフリー

     

    末森城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
    項目データ
    営業時間
    料金(入城料・見学料)
    休み(休城日・休館日)
    トイレ
    コインロッカー
    写真撮影
    バリアフリー

    末森城の見所は城メモをご覧ください

    現地周辺の天気

    今日(04日)の天気

    • 03時
      Rain / moderate rain
      1.77
    • 06時
      Rain / light rain
      3.75
    • 09時
      Rain / light rain
      6.41
    • 12時
      Rain / light rain
      8.15
    • 15時
      Clouds / broken clouds
      7.12
    • 18時
      Clouds / broken clouds
      4.50
    • 21時
      Clouds / broken clouds
      3.03
    • 00時
      Clouds / overcast clouds
      2.29

    明日以降の天気(正午時点)

    • 05日
      Rain / light rain
      5.22
    • 06日
      Rain / moderate rain
      4.44
    • 07日
      Clouds / overcast clouds
      5.46
    • 08日
      Rain / light rain
      4.53

    さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

    アクセス

    末森城の地図

    末森城へのアクセス

    末森城へのアクセス情報  情報の追加や修正

    アクセス(電車)

    • JR七尾線・宝達駅からタクシーで5分
    • JR七尾線・宝達駅から徒歩40分

    アクセス(クルマ)

    • のと里山海道・今浜ICから7分

    駐車場

    無料

    末森城へのアクセス情報  情報の追加や修正
    項目データ
    アクセス(電車)
    • JR七尾線・宝達駅からタクシーで5分
    • JR七尾線・宝達駅から徒歩40分
    アクセス(クルマ)
    • のと里山海道・今浜ICから7分
    駐車場

    無料

    じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

      末森城周辺の宿・ホテル

      あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

        ちりはまホテルゆ華

        【満足度120%!1年中のどぐろが味わえる宿】味良しコスパ良し◎北陸のうまいもん満載!\10個のまるごとおもてなし♪/「100種の飲み放題」や「湯上りアイス」源泉100%かけ流し!美肌の湯♪(評価:4.3、参考料金:14,000円〜)

        休暇村 能登千里浜

        季節の味覚を堪能し◆天文台◆では晴れた日は満天の星空をご覧いただけます☆お子様連れ大歓迎の宿☆(評価:4.3、参考料金:10,000円〜)

        グリーンホテル西館

        低価格でご提供しているのでビジネスや旅行の拠点に!車で走れる砂浜「千里浜なぎさドライブウェイ」やSUPの楽しめる長手島や神子原の棚田のウォーキングなど体を動かして楽しめるスポットもあります(評価:不明、参考料金:4,000円〜)

        河北亭

        ━ 創業明治二十二年、百三十余年の歴史が息づく老舗料亭 ━毎朝市場で仕入れる新鮮な魚介を使用し板前が腕を振るいます。宿泊はもちろん会合法事等食事のみも可能。夕陽が見られる海岸まで徒歩8分。(評価:不明、参考料金:6,000円〜)
      • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

      末森城の過去のイベント・ニュース

      まだトピックがありません(情報募集中

      周辺にあるお城など

        • 高岡城
        • 高岡城
          • 平均評価:★★★☆☆(92位)
          • 見学時間:50分(87位)
          • 攻城人数:1847人(83位)
          • 城までの距離:約23km
        • 七尾城
        • 七尾城
          • 平均評価:★★★★☆(--位)
          • 見学時間:1時間16分(--位)
          • 攻城人数:1629人(96位)
          • 城までの距離:約26km
      • より多くの
        城を見る

      能登の著名な城

      石川県の著名な城

      末森城といっしょに旅行するのにオススメの城

      このページを紹介する

      ブログパーツ

      • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
      • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

      サンプルを表示する

      SNSやメールで紹介

      このページのURLとタイトルをコピーする

      末森城を本城にしている団員

      まだ本城登録している団員がいません

      最近表示したお城

      フォローしませんか

      攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
      (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

      今日のレビュー

      教科書には書かれていない江戸時代

      「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
      教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
      「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
      あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
      授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

      黒まめさん)

      書籍ページを表示する

      すべてのレビューを表示する

      フィードバックのお願い

      攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

      読者投稿欄

      いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

      トップへ
      戻る