熊本城
熊本城

[熊本県][肥後] 熊本県熊本市中央区本丸1-1


  • 平均評価:★★★★☆ 4.10(11位)
  • 見学時間:1時間34分(28位)
  • 攻城人数:1536(17位)

百間石垣

百間石垣は長さ131m、高さ9mにおよぶ石垣です。
熊本城の北側防御を目的に飯田丸五階櫓でも知られる飯田覚兵衛が築いたといわれています。

ちなみに100間(184m)には届きませんが、二の丸御門跡の桝形の石垣を加えるとちょうど100間ほどになるそうです。

監物櫓のすぐそばに案内板があります。

百間石垣(ひゃっけんいしがき)
 熊本城北側の重要な守りとして築かれた石垣で、加藤家重臣の飯田覚兵衛が築いたと言われている。熊本城二の丸の絵図によると、高さは約五間ほどで、長さ百一間になる。この長さから百間石垣と呼ばれるようになった。
 言い伝えによると、ある年の正月、三東弥源太(さんとうやげんた)という若者が家老の長岡監物邸(ながおかけんもつてい)のしめ飾りを盗んで逃げるとき、「えーもさいさい」とばかりに、この高い石垣から後ろ向きに飛び降りたそうである。それ以来、熊本では思い切った事をするときの例えに「百間石垣後ろ飛び(ひゃっけんいしがきうしろとび)」という言葉が使われるようになった。熊本市
Hyakken Stone Wall
Constructed under the supervision of Iida Kakubei, a high-ranking retainer of the Kato clan, this stone wall was a major defense of the northern castle grounds. According to contemporary drawings of the castle, the original wall was app. 10meters in height and 200meters in length. From this the wall got its name, Hyakken, which in the traditional measuring system equaled app. 200meters at that time.
An historical anecdote relates how one New Year's day a young man stole a decoration from the mansion of the chief retainer Nagaoka Kenmotsu. In his desperate desire to escape, the young man leaped from the wall backwards. Even now, people in Kumamoto refer to an Unexpected act of desperation as "a leap backwards from the Hyakken stone wall."

この百間石垣の前の道路は、熊本マラソンのコースにもなっています。

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

熊本城の城メモ一覧

熊本応援Tシャツ(くまモン)を着て支援しませんか?

現在、攻城団では熊本城の復興を支援するためにオリジナルの「熊本応援Tシャツ(くまモン)」を製作し、予約販売中です。ここでしか買えないこのTシャツを着て、あなたも熊本城を応援しませんか。

Tシャツを見てみる

現在の熊本城
熊本地震で大きな被害を受けた熊本城を訪問してきました。現地の様子をレポートしていますので、ぜひ読んでシェアしてください。

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る