熊本城
熊本城

[熊本県][肥後] 熊本県熊本市中央区本丸1-1


  • 平均評価:★★★★☆ 4.14(9位)
  • 見学時間:1時間30分(35位)
  • 攻城人数:1696(19位)

本丸御殿と昭君之間

熊本城の本丸御殿は加藤清正によって創建され、行政の場、生活空間として利用されていましたが1877年(明治10年)の西南戦争で焼失しました。
2003年(平成15年)の秋からはじまった復元工事によって、大広間(対面所)、数寄屋(茶室)、大台所、そして「昭君之間」が創建時の様相を取り戻しています。

延床面積約2,951平方メートル
総事業費約54億円
落成2008年(平成20年)4月20日から一般公開中

入ってすぐのところで本丸御殿の復元計画について紹介されています。

大台所です。
火をおこす部屋であるため、天井は吹抜けになっています。

大広間です。

釘隠しも美しいです。

縁側は晴れた日に歩くととても気持ちがいいです。

大広間のいちばん奥は「若松之間」と呼ばれています。

そしてこれが「昭君之間(しょうくんのま)」です。
この部屋は清正が豊臣家の有事に際して秀頼を密かにかくまうためにつくられた部屋であるといわれています。

名前の由来は中国の故事に登場する王昭君の絵画(襖絵とも屏風絵ともいわれる)があることにちなんでいますが、一説によると、「しょうくん」=「しょうぐん(将軍)」の意とする説があるそうです(当時は濁点を打たないので、仮名で書けば同一になります)。

天井の装飾も見事です。

昭君之間の裏側には杉戸絵も展示されています。

杉戸絵
 部屋正面に展示している杉戸絵は本丸御殿(昭君之間付近)の通路にあった杉戸絵を復元したものです。
 また、部屋左側にある杉戸は、藩主御用絵師「杉谷行直(1790〜1845)が描いた杉戸絵で、実際に熊本城内のどこかの建物で使用されていたと思われます。
Cedar Door Paintings
The cedar door paintings displayed in the front of the room replicate those on a door in the passage near the Chamber of Wang Zhaojun.
The cedar door at the left of the room has a paintings by SUGITANI Yukinao (1790-1845), an artist to the lord. This door must have been located in some other place within the castle.

本丸御殿周辺について書かれた案内板の内容はこちら。

往事の本丸御殿周辺
 本丸御殿は慶長15(1610)年頃に加藤清正によって創建され、その後寛永10〜12(1633〜1635)年頃に細川忠利により増改築がなされたと考えられており、のちに西南戦争の際(明治10(1877)年2月19日)に起こった火災により大小天守閣とともに焼失しています。
 往事は部屋数53室(畳総数1570畳)を数えたと云われています。そのうち大広間棟、大台所棟、数寄屋棟を中心に部屋数25室(畳総数580枚)の復元を行っています。
 その他の復元していない藩主の居間などの部分は、遺構や石材による平面表示を行っています。
Arrangement Plan of the Kumamoto Castle Ruins
The Hon-maru Goten was burned down along with the Main Castle Tower in the Seinan Civil War of 1877. Out of the 53 rooms known to have existed in the past. 25 are undergoing restoration. The remaining rooms left unrestored are instead, represented by their remains and building stones.
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

熊本城の城メモ一覧

熊本応援Tシャツ(くまモン)を着て支援しませんか?

現在、攻城団では熊本城の復興を支援するためにオリジナルの「熊本応援Tシャツ(くまモン)」を製作し、予約販売中です。ここでしか買えないこのTシャツを着て、あなたも熊本城を応援しませんか。

Tシャツを見てみる

現在の熊本城
熊本地震で大きな被害を受けた熊本城を訪問してきました。現地の様子をレポートしていますので、ぜひ読んでシェアしてください。

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

村上義清と信濃村上氏―坂城町信濃村上氏フォーラム記念誌

信州大学の先生が、北信濃の戦国大名 村上氏のお膝元である坂城町で行った講演を書籍化したものです。
村上氏(因島村上水軍も出てきます)に興味のある方限定ですが、郷土の歴史が楽しく学べます。また、坂城町が郷土の歴史を活用した町おこしについて奮闘している様子も書かれており、好感が持てます。

茶々さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る