明石城
76 明石城

[兵庫県][播磨] 兵庫県明石市明石公園1-27


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.22(241位)
  • 見学時間:1時間6分(186位)
  • 攻城人数:1014(32位)

本松寺

本松寺はもともとは船上城下に建立されていた寺院で、1691年(元禄4年)に明石藩の家老により現在地に移されました。
当初は「本正寺」と呼ばれていました。

庭園は宮本武蔵の作と伝わる枯池式枯山水庭園です。

伝「宮本武蔵」作庭
本松寺 庭園
 宮本武蔵は、元和四年(一六一八年)明石藩主小笠原忠真の客分として明石に迎えられ、同年、明石城の築城が始まると、明石城下の町割を担当するとともに、作庭にもその才を発揮し、明石城の樹木屋敷やこの本松寺の庭園の作庭に当たったと伝えられています。
 この庭園は本堂を背に庫裏書院に面した枯池枯山水庭園です。元々は離れ座敷が北側にあり、庭はこの離れ座敷や書院からの視点を考慮して作庭されています。
 全体的にみて、石組は小振りであるが、平面構成を重視し、視点による変化を持たせたまとまりのよい庭園です。
 本松寺のほか、明石市大観町にある圓珠院の庭園も武蔵の作と伝えられています。

また石田三成の家臣で「関ケ原の戦い」で活躍した島左近の守本尊であった妙見菩薩像があるほか、2018年(平成30年)6月には故ジャイアント馬場さん夫妻の納骨式がおこなわれたことでも知られています。

住所 明石市上ノ丸1-17
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

明石城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る