明石城
明石城

[兵庫県][播磨] 兵庫県明石市明石公園1-27


  • 平均評価:★★★★☆ 3.50(92位)
  • 見学時間:1時間14分(69位)
  • 攻城人数:1448(29位)

明石藩舞子台場跡

明石藩舞子台場(舞子砲台)跡は幕末の1863年(文久3年)、大坂湾防衛計画の一環として、松平慶憲によって築造された砲台で、国の史跡に指定されています。
瀬戸内海上交通の要衝である明石海峡の防備を目的として、淡路島北端(淡路市)に1861年(文久元年)に築造された徳島藩松帆台場と対をなして、両岸から海峡を通過する黒船を挟撃する目的で建設されましたが、一度も使用されることはありませんでした。

Akashi-han Maiko-daibaato01nt3200

この砲台工事は勝海舟の設計・総指揮によるもので、当時の一般的な台場の上部が土盛り形式であったのに対して、総石垣造になっています。竣工は1865年(慶応元年)とされます。
ただしじっさいには大砲が据え付けられることはなかったようです。

半星形稜堡で建設時は幅約70m、高さ約10m規模でしたが、明治時代末の火災により上部が撤去されたため高さは6mになっています。
2003年(平成15年)から翌年にかけて発掘調査がおこなわれましたが、現在は保存のため埋め戻されており、地表に露出している台場の一部と石垣の一部を確認できるのみです。

   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

明石城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

世界遺産姫路城

姫路城についての鋭い論考と撮影を続けていらっしゃった、北村泰生さん最後の写真集。
稲妻が走る夜空に聳える天守、白漆喰と陰影を活かしたモノクロ写真など、まさに「光を読みきる」ことを具現化なさっています。
(お元気にギャラリーを営んでいらっしゃった頃には、私も行ってみましたが、桜の時期で「撮影に出かけています」との札があり、御目通りは叶いませんでした。)

ぽりへりさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る