明石城
明石城

[兵庫県][播磨] 兵庫県明石市明石公園1-27


  • 平均評価:★★★★☆ 3.50(91位)
  • 見学時間:1時間14分(70位)
  • 攻城人数:1448(29位)

無量光寺

無量光寺は1613年(慶長18年)に中興された寺院で、『源氏物語』明石の巻に登場する、光源氏の「浜の館(たち)」のモデルとして知られています。
光源氏が月見をしたと伝えられ、境内には源氏稲荷(源氏大明神)があります。

Akashi Muryokoji Temple.JPG
By KishujiRapid - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

門前にある細い道は「蔦の細道」と呼ばれ、光源氏が「岡辺の館」の「明石の君」に逢うために通った道のモデルとされています。
1945年(昭和20年)7月6日の神戸大空襲により全山焼失しましたが、総欅造りの山門だけは焼失を免れています。なおこの山門の彫刻は左甚五郎作と伝わっています。
また焼失した本堂と源氏稲荷も戦後に再建されました。

無量光寺の観光情報

住所明石市大観町10-11
宗派浄土宗
山号月浦山
本尊阿弥陀如来
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

明石城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

宿所の変遷からみる 信長と京都

信長はなぜ本能寺に泊まったのか、という疑問に応えてくれた専門書。京都における信長の足跡が「信長在京表」としてまとめられている。その典拠は同時代史料、公家や僧侶などによる日記(古記録)や書状(古文書)であり信長の動静がじかに伝わってくる(ように読み解かれていて有難い)。絵画史料として上杉本洛中洛外図も要所要所で使われていて当時の様子がイメージしやすい。あと2~3巡読み返し理解を深めたいところだが、天正10年の宿所が本能寺「御屋敷」であった訳がまずはわかった。

たかみくらさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る