明石城
明石城

[兵庫県][播磨] 兵庫県明石市明石公園1-27


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.48(98位)
  • 見学時間:1時間14分(67位)
  • 攻城人数:1420(29位)

マンガでわかる明石城

大久保ヤマト先生による明石城の歴史を描いたマンガです。
明石城の歴史は譜代大名・小笠原忠政が「大坂の陣」のあとに明石に入封したことにはじまります。2019年(平成31年)は明石城築城400年ということもあり、400年にわたる明石城の歴史を16ページのマンガにまとめました。

マンガでわかる明石城

マンガの画像をクリックすると拡大サイズで読めます

おもしろかったらSNSでシェアしてくださいね。
マンガの感想はフィードバックよりお願いします!

人物相関図

以下の人物相関図はあくまでも築城時(小笠原忠政の入封時)のものです。

小笠原氏と小笠原忠政
小笠原氏は甲斐源氏の流れを汲み、信濃国の守護をつとめた名門。忠政は父方の曽祖父に武田信玄と争った小笠原長時を、母方の曽祖父に徳川家康と織田信長というふたりの天下人を持つエリート大名。将軍・徳川秀忠から「忠」の字を与えられて元服すると、「大坂夏の陣」で父と兄・ 忠脩を失ったため、小笠原氏の家督を継いだ。 また家康の命で兄の未亡人である五姫(亀姫)を 正室とし、兄の遺児である長次を養育した。 剣豪・宮本武蔵がもっとも長く仕えたことからも名 君であったことが伺える。忠政は初代明石藩主と して現在の明石の発展の礎をつくった。
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

明石城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

村上義清とその一族 (坂城町信濃村上氏フォーラム記念誌)

北信濃の戦国大名 村上氏を中心とした郷土の歴史について学べる1冊。上巻にあたる「村上義清と信濃村上氏」とセットで読むのがオススメです。

茶々さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る