2021年2月3日に開催中のお城関連イベント

上山城(山形県上山市)

企画展「上山藩・武士の装い 〜上山城収蔵 甲冑・羽織・刀 その他諸々〜」開催(9時〜16時45分、上山城1階、420円)

期間
2021-01-01〜2021-02-07 Googleカレンダーに登録

来年元日から、上山城において冬の企画展「上山藩・武士の装い 〜上山城収蔵 甲冑・羽織・刀 その他諸々〜」が開催されます。

「迷路絵本 香川元太郎の世界展」開催(10時〜17時、芦屋市立美術博物館、1000円)

期間
2020-11-07〜2021-02-07 Googleカレンダーに登録

歴史考証イラストで知られる香川元太郎先生の作品展が、12月5日より芦屋市立美術博物館で開催されます。

福知山城(京都府福知山市)

「福知山光秀ミュージアム」の開館

期間
2020-01-11〜2021-02-07 Googleカレンダーに登録

大河ドラマ「麒麟がくる」の放送にあわせて、福知山公園内の佐藤太清記念美術館に「福知山光秀ミュージアム」がオープンします。

玉縄城(神奈川県鎌倉市)

企画展「戦国時代の鎌倉ーもとの都に成してこそみめー」開催(10時〜16時、鎌倉歴史文化交流館、300円)

期間
2020-12-05〜2021-02-13 Googleカレンダーに登録

12月5日から、鎌倉歴史文化交流館において企画展「戦国時代の鎌倉ーもとの都に成してこそみめー」が開催されます。

小倉城(福岡県北九州市)

特別展「名刀『博多藤四郎』の輝き ―戦国を生き抜いた武士の絆―」開催(9時〜17時、北九州市立いのちのたび博物館、600円、要事前予約)

期間
2021-01-02〜2021-02-14 Googleカレンダーに登録

来年1月2日より、北九州市立いのちのたび博物館において特別展「名刀『博多藤四郎』の輝き ―戦国を生き抜いた武士の絆―」が開催されます。

杉山城(埼玉県嵐山町), 武蔵松山城(埼玉県吉見町), 小倉城(埼玉県ときがわ町), 菅谷館(埼玉県嵐山町)

企画展「戦国の比企 境目の城」開催(9時〜16時半、県立嵐山史跡の博物館、100円)

期間
2020-12-05〜2021-02-14 Googleカレンダーに登録

12月5日から、県立嵐山史跡の博物館において企画展「戦国の比企 境目の城」が開催されます。

亀山城(京都府亀岡市)

「麒麟がくる 京都大河ドラマ館」オープン(9時〜17時、600円) ※2/14まで延長

期間
2020-01-11〜2021-02-14 Googleカレンダーに登録

大河ドラマ「麒麟がくる」の放送にあわせて、京都府亀岡市の京都スタジアム内に「麒麟がくる 京都大河ドラマ館」がオープンします。

岐阜城(岐阜県岐阜市)

「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」オープン ※2/14まで延長

期間
2020-01-11〜2021-02-14 Googleカレンダーに登録

大河ドラマ「麒麟がくる」の放送にあわせて、岐阜市歴史博物館に「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」がオープンします。

明知城(岐阜県恵那市), 岩村城(岐阜県恵那市)

「麒麟がくる ぎふ恵那 大河ドラマ館」オープン ※2/14まで延長

期間
2020-01-11〜2021-02-14 Googleカレンダーに登録

大河ドラマ「麒麟がくる」の放送にあわせて、岐阜県恵那市の日本大正村に「麒麟がくる ぎふ恵那 大河ドラマ館」がオープンします。

明智城(岐阜県可児市)

「麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館」オープン ※2/14まで延長

期間
2020-01-11〜2021-02-14 Googleカレンダーに登録

大河ドラマ「麒麟がくる」の放送にあわせて、岐阜県可児市の明智光秀博覧会場内に「麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館」がオープンします。

一乗谷城(福井県福井市)

テーマ展「よみがえる幻の宝刀 朝倉長光~朝倉氏の清水寺信仰~」開催(9時~17時、一乗谷朝倉氏遺跡資料館、100円)

期間
2020-12-18〜2021-02-16 Googleカレンダーに登録

現在、一乗谷朝倉氏遺跡資料館においてテーマ展「よみがえる幻の宝刀 朝倉長光~朝倉氏の清水寺信仰~」が開催中です。

二条城(京都府京都市)

二条城障壁画 原画公開「桃山の花木~<遠侍>勅使の間の障壁画~」(9時〜16時半、展示収蔵館、100円)

期間
2020-12-21〜2021-02-21 Googleカレンダーに登録

二条城(京都府京都市)

「京都二条城イルミナージュ」開催(17時半〜22時、1300円〜)※2/7までは20時まで(最終入城19時15分)

期間
2020-12-14〜2021-02-21 Googleカレンダーに登録

12月14日より、二条城において「京都二条城イルミナージュ」が開催されます。

躑躅ヶ崎館(山梨県甲府市)

戦国BASARAコラボ企画「信玄公ゆかりの地」スタンプラリー開催

期間
2020-11-03〜2021-02-28 Googleカレンダーに登録

2021年が武田信玄の生誕500年になることを記念して、11月3日より、甲府市において人気歴史アクションゲーム「戦国BASARA(バサラ)」とコラボレーションしたスタンプラリー企画が開催されます。

岡豊城(高知県南国市)

「土佐の七雄スタンプラリー」開催(9:00〜16:30、高知県立歴史民俗資料館)

期間
2020-09-11〜2021-02-28 Googleカレンダーに登録

現在、高知県立歴史民俗資料館で「〜岡豊城跡をめぐる〜土佐の七雄スタンプラリー」が開催されています。

安祥城(愛知県安城市), 桜井城(愛知県安城市)

特別展「家康と松平一族」開催(9時〜17時、安城市歴史博物館、800円)

期間
2021-01-30〜2021-03-07 Googleカレンダーに登録

明日1月30日より、安城市歴史博物館において開館30周年記念特別展「家康と松平一族」が開催されます。

勝龍寺城(京都府長岡京市)

ミニ企画展「藤孝と光秀の瓦」開催(9時〜17時、管理棟2F展示室、無料)

期間
2020-10-31〜2021-03-14 Googleカレンダーに登録

毛呂山城(埼玉県毛呂山町)

後期企画展「戦乱の世の文化財~指定文化財を中心に毛呂山の中世をしのぶ~」開催(9時〜17時、歴史民俗資料館、無料)

期間
2020-10-17〜2021-03-14 Googleカレンダーに登録

現在、毛呂山町歴史民俗資料館において後期企画展「戦乱の世の文化財~指定文化財を中心に毛呂山の中世をしのぶ~」が開催中です。

岐阜城(岐阜県岐阜市), 明智城(岐阜県可児市), 明知城(岐阜県恵那市), 城ケ平城(岐阜県大垣市), 鶴ヶ城(岐阜県瑞浪市), 妻木城(岐阜県土岐市), 大桑城(岐阜県山県市), 顔戸城(岐阜県御嵩町)

岐阜のお城カードめぐり「ときは今!明智光秀ゆかりの地へ!」開催 ※各お城ごとに先着1000名に配布

期間
2020-12-18〜 終了時期は未定

12月18日より、岐阜県内にある明智光秀ゆかりの8市町(岐阜県岐阜市、可児市、恵那市、大垣市、瑞浪市、土岐市、山県市、御嵩町)のお城を舞台にした周遊企画【岐阜のお城カードめぐり「ときは今!明智光秀ゆかりの地へ!」】が開催されます。

一乗谷城(福井県福井市)

第4回特別公開展「重要文化財は語る 城下町をまもる」開催(9時~17時、一乗谷朝倉氏遺跡資料館、100円)

期間
2020-12-18〜2021-03-31 Googleカレンダーに登録

現在、一乗谷朝倉氏遺跡資料館において第4回特別公開展「重要文化財は語る 城下町をまもる」が開催中です。

特別展「渡邉半蔵家 -徳川を支えた忠義の槍-」開催(9時〜17時、豊田市郷土資料館、300円)

期間
2021-01-30〜2021-04-11 Googleカレンダーに登録

1月30日より、豊田市郷土資料館において令和二年度特別展「渡邉半蔵家 -徳川を支えた忠義の槍-」が開催されます。

郡山城(奈良県大和郡山市)

「郡山城図に見る郡山城の変遷」開催(9時〜17時、柳沢文庫、300円)

期間
2020-06-02〜2021-05-09 Googleカレンダーに登録

柳沢文庫において令和2年度(2020年度)常設展「郡山城図に見る郡山城の変遷」が開催中です。

高島城(長野県諏訪市)

復興50周年記念企画展「天守復興」開催

期間
2020-10-18〜2021-05-23 Googleカレンダーに登録

現在、高島城では復興50周年記念企画展「天守復興」が開催中です。

日付やエリアで全国のイベントをチェック

«2021年02月»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
現在開催中のイベントをチェック

現在開催中

開催エリアからイベントをチェック
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

戦国の終わりを告げた城―八王子城を探る (ロッコウブックス)

おそらく、八王子城の解説本の中で最も重要な一冊でしょう。
八王子城跡が現在のように整備されたのは、落城400年にあたる1990年以降のことです。本書の出版も同時期で、出版後に発見された遺構もあれば、今は目にすることのできない遺構も多数あります。言い換えると、1990年当時の八王子城跡の姿を記録した書であるとも言えます。八王子城に興味を持ってくださった方にはお薦めの一冊です。すでに廃刊となっていますので、古書店か図書館で探してください。
トンネル工事や台風・地震などにより、現在は失われてしまった石垣などの貴重な写真も多数掲載されていますが、白黒で小さいため分かり辛いのが残念。

赤ヱ門さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る