紹介文

妻木城は土岐氏の一族である土岐明智氏の居城です。戦国時代に入ると土岐明智氏の一族である妻木氏の居城となりました。妻木氏は「関ケ原の戦い」で東軍に味方し、その戦功により妻木一帯を領することになります。現在城址は建造物こそ残ってないものの、石垣や曲輪、土塁等の遺構を見ることができます。さらに妻木城の城門が、麓にある妻木氏の菩提寺、崇禅寺山門として移築され現存しています。また妻木城主は代々と陶器の生産を奨励し、織部焼、志野焼など、現在の美濃焼の基礎がつくった領主として知られています。

妻木城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

妻木城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 館跡、山頂部ともきれいに石垣が残っており、見応えがあります。山には巨岩が多くあり、材料の調達には事欠かなかったことでしょうね。山頂部に続く林道は細いので、すれ違いにご注意ください。(2022/01/01訪問)
  • 登り口に妻木城散策マップがあります。(2021/11/17訪問)
  • JR中央本線多治見駅から東鉄バスで下石貢バス停で下車。城址からは遠いですが、途中で、妻木公民館に立ち寄り、縄張り図などをいただくことをお勧めします。登城口から徒歩で約30分くらいかかりますが、山頂部に多くの遺構が遺され、曲輪あと、巨石で組まれた石積、本丸相当の曲輪1には石垣が遺されています。また、櫓台あと、土塁、堀切など土の遺構も多く遺されています。(2020/12/12訪問)
  • 多治見駅からバス、妻木上郷下車で攻城しました。陣屋経由で登りましたが、それなりの登山でした。山上の巨石群は迫力満点です。曲輪などを回っていると、南側の駐車場が見えます。自家用車ならこちらからアクセスする方が圧倒的に楽だと思います。帰りに妻木公民館に寄りましたが、展示が結構充実しているように感じました。登城の前でも後でもいいと思いますので、ぜひ立ち寄ってみてください。(2020/11/29訪問)
  • 公民館でパンフレットをもらって南曲輪近く駐車場から攻城。所々階段が整備してありましたが、ほぼみなさんが歩いて出来たていどの道です。一周したかったのですが、小2と中1を2人連れた母には無理でした。三の曲輪から巨石群への道はよく滑落事故おきないなぁと思うぐらい、崖沿いなのに細くてアップダウンのある怖い道でした。(2020/03/25訪問)
  • 妻木公民館でグッズ購入+道案内を頂き攻城しました。 うねりも石垣も巨石群もすごい。士屋敷跡も含めて全てが期待以上。激推し城址です。(2020/02/29訪問)
  • 南側駐車場から城趾へは近いですがアップダウンの未舗装路を1.5kmほど行かねばなりません。オフロードなら良いですが、オンロードバイクはお勧めできません。車なら大丈夫です。(2020/02/27訪問)
  • 城址南側駐車場(35.2908199, 137.1953338)を利用して攻城。主郭の石垣、堀切、堀切の間にあるくさび跡の残った巨石と見所多し。一の曲輪南側にある巨石群が石垣のように残っており面白い。御殿跡・士屋敷跡の石垣も苔むして素晴らしい。(2019/12/04訪問)
  • 駐車場までの道がかなり荒れているのでご注意を。駐車場自体は原っぱですが広いです。(2019/08/25訪問)
  • 上の駐車場に行く場合は崖崩れとアスファルトの陥没にご注意ください。(2020/12/07訪問)
すべてを表示(33コメント)

妻木城について

妻木城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)407 m( 190 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主土岐頼重
築城開始・完了年着工 1339年(暦応2年)
廃城年1658年(万治元年)
主な改修者
主な城主土岐氏、妻木氏
遺構曲輪、石垣、土塁、堀切
指定文化財県史跡
復元状況

更新日:2022/08/09 03:27:30

妻木城の観光情報

妻木城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

妻木城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(09日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    22.29
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    22.65
  • 09時
    Rain / light rain
    27.34
  • 12時
    Rain / light rain
    29.30
  • 15時
    Rain / moderate rain
    29.18
  • 18時
    Rain / moderate rain
    25.34
  • 21時
    Rain / light rain
    23.24
  • 00時
    Rain / light rain
    22.56

明日以降の天気(正午時点)

  • 10日
    Rain / light rain
    28.82
  • 11日
    Rain / light rain
    29.25
  • 12日
    Rain / light rain
    27.43
  • 13日
    Clouds / overcast clouds
    31.52

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

妻木城の地図

妻木城へのアクセス

妻木城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR中央本線・多治見駅、駅前バスターミナル3番のりばより妻木線終点「妻木上郷バス停」下車、徒歩約40分
  • JR中央本線・土岐市駅からバスに乗り「妻木上郷」バス停下車
アクセス(クルマ)
  • 東海環状自動車道・土岐南ICより約10分
  • 中央自動車道・土岐IC → 国道19号線 → 県道19号線
駐車場

あり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    妻木城周辺の宿・ホテル

      山神温泉 湯乃元館

      薬師如来が湯のありかを教えたという伝説の残る天然温泉(加温)。四季の移ろいを望む大浴場、客室ではかけ流しの湯を満喫できる。お食事は美濃焼きの器とお料理のハーモニーを楽しめる。(評価:4.6、参考料金:14,850円〜)

      よりみちの宿

      土岐南多治見ICより車で1分当ホテルは岐阜県No1の「よりみち温泉」をご利用する宿泊プランになっておりますホテル客室にはバスルームがございません(各フロア毎にシャワールームがございます)(評価:4.5、参考料金:4,400円〜)

      オースタット国際ホテル多治見

      中央道多治見インターから車で5分。無料駐車場あり。多治見駅から徒歩10分シングル19平米・ツイン28平米のお部屋でごゆっくりおくつろぎ下さいませ。備長炭入り大浴場も大好評!!(評価:4.0、参考料金:3,940円〜)

      ライオンプリンスホテル

      ★全室無料wi-fiがご利用できます★朝食無料サービス付(6:30~9:00)★コーヒーフリードリンク★フリースペースでドリンクとお菓子をご用意しております(16時~23時)★シャンプーバー(評価:3.7、参考料金:2,000円〜)

      ホテルルートイン土岐

      【臨時休館のお知らせ】 当ホテルは、下記の期間中、臨時休館をさせていただきます。2021年9月5日(日)~2022年9月30日(金)※ご予約はルートイン多治見インター・ルートイン恵那へお願いします。 (評価:不明、参考料金:6,300円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    妻木城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 美濃金山城
      • 美濃金山城
        • 平均評価:★★★☆☆(70位)
        • 見学時間:1時間9分(57位)
        • 攻城人数:1095人(120位)
        • 城までの距離:約20km
      • 足助城
      • 足助城
        • 平均評価:★★★★☆(--位)
        • 見学時間:58分(--位)
        • 攻城人数:531人(217位)
        • 城までの距離:約21km
    • より多くの
      城を見る

    美濃の著名な城

    岐阜県の著名な城

    妻木城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    妻木城を本城にしている団員

    以下のみなさんが妻木城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    アイヌ民族の歴史

    アイヌ民族についてこれまで「シャクシャインの戦い」「地図で見るアイヌの歴史」を読んできましたが、もっと知りたいと思いこの著書を手に取りました。この著書にはアイヌと認識される前の北海道に付いても記載があり、北海道式古墳というものがあることを北海道に22年間住んでいたにもかかわらず初めて知りました。現在の歴史の教科書にも記載のあるシャクシャインの戦いに対して弘前藩も出兵をしており、アイヌ勢と直接戦うことはなかったが、その当時弘前藩内には津軽アイヌの方々が生活しており、彼らは出兵の手助けをしたり、更に兵として参加していたという記録があるそうです。明治以降は日本とロシアとの政治的駆け引きに翻弄されるアイヌ民族を目の当たりにすると共に、この日本も決して単一民族国家では無いことを再認識させられる一冊でした。

    まーちゃんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る