紹介文

久々利城は美濃守護・土岐氏の庶流、久々利氏の居城です。1565年(永禄8年)、東美濃に侵攻した織田信長は金山城主として森可成を置き、久々利氏はその配下となりましたが、「本能寺の変」で信長が討たれると、久々利頼興ら国人衆は可成に対して一斉蜂起します。しかし森長可によって鎮圧され、その後は森氏の番城として機能したようです。「関ケ原の戦い」後、森忠政が松代に転封となるとともに廃城となりました。城址は整備されており堀切や土塁などの遺構を見ることができます。また山麓には可児郷土歴史館が建てられています。

攻城団編集部

久々利城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

久々利城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 登山口近くの郷土歴史館にトイレがあります。(2019/11/10)
  • 本丸の奥に二重堀切、さらに奥にも堀切がある(2019/11/10)
  • 建物も石垣も無いが、枡形虎口、土橋、巨大二重堀切など山を削り、盛りを何度も繰り返して一生懸命に作ったことが想像でき素晴らしいです!(2019/10/05)
  • 虎口から二重堀切までのルートは奇麗に草刈がされており、虎口、土塁、二重堀切など見所は多く、見学しやすかった。草刈をしていた方から居館があった曲輪の方は整備してないとお聞きしました。(2019/09/29)
  • 千村陣屋跡の郷土歴史館の駐車場から道路を渡ると登城口。土の山城で枡形虎口、三の丸で土塁の横矢、二の丸では切岸、本丸と北の丸に土橋、その奥に二重堀切と見所凝縮。北の丸から更に急斜面を上がると見張台書かれた詰丸があり、そこから見る二重堀切がわかりやすい。途中から険しい道のため、のぼりと矢印に沿って順に攻……(2019/09/04)
  • 「もう、おうち帰りたい」と言うムスメをなだめながら、団員評価の高かった久々利城へ。千村陣屋も攻城できるので、オトク感あり。 きれいに整備されていて、案内板も充実。城守隊の手作り看板もイイ味出してます。 小さなお城ですが、山城の要素がしっかり詰まっていて初心者が一人で登っても楽しめる良いお城だと思いま……(2019/04/28)
  • 綺麗に木々や草が刈ってあり歩きやすい。二重堀切は見応えがあります。(2019/04/24)
すべてを表示(28コメント)

久々利城について

久々利城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)190 m( 60 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主土岐康貞
築城開始・完了年着工 延元、正平年間(1336年〜1370年)
廃城年1601年(慶長5年)
主な改修者
主な城主土岐氏、久々利氏、森氏
遺構土塁、堀、曲輪、井戸、石碑
指定文化財県史跡
復元状況

更新日:2019/11/21 03:16:54

久々利城の城メモ

久々利城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

久々利城の観光情報

久々利城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

久々利城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(21日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    3.16
  • 06時
    Clear / clear sky
    2.70
  • 09時
    Clear / clear sky
    7.42
  • 12時
    Clear / clear sky
    14.24
  • 15時
    Clear / clear sky
    14.57
  • 18時
    Clear / clear sky
    10.36
  • 21時
    Clear / clear sky
    7.35
  • 00時
    Clouds / scattered clouds
    8.28

明日以降の天気(正午時点)

  • 22日
    Rain / light rain
    14.61
  • 23日
    Clear / clear sky
    20.04
  • 24日
    Clouds / overcast clouds
    18.46
  • 25日
    Rain / light rain
    21.78

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

久々利城の地図

地図アプリで見る

岐阜県可児市久々利

久々利城へのアクセス

久々利城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR太多線・可児駅からバスに乗り「可児郷土館」バス停下車
  • 名鉄広見線・新可児駅からバスに乗り「可児郷土館」バス停下車
アクセス(クルマ)
  • 東海環状自動車道・可児御嵩IC
  • 中央自動車道・土岐IC
駐車場

可児郷土歴史館駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    久々利城周辺の宿・ホテル

      ホテルルートイン可児

      出張や行楽、限定プランや女性におすすめプランも勢揃い!またビジネスマンのお助けQUOカードなどご用意。大浴場完備、バイキング朝食無料で明日の活力養えます♪(評価:3.9、参考料金:4,700円〜)

      ホテルシンセリティ

      JR可児駅・名鉄新可児駅から徒歩8分。朝食無料バイキング、高速無線LAN対応、コインランドリー。【宿泊料金改定】2019年10月1日ご予約分より、一部改定致します。(評価:3.8、参考料金:4,500円〜)

      多治見天然温泉 ホテルルートイン多治見インター

      ◆多治見で唯一“天然温泉”男女別大浴場完備!◆品数豊富なバイキング朝食付◆Wi-Fi無料◆大型駐車場無料完備◆中央自動車道「多治見インター」約1分で便利◆ビジネスから旅行まで幅広くご利用可能です!(評価:4.0、参考料金:4,575円〜)

      ホテル多治見ヒルズ リバーサイド店(BBHホテルグループ)

      ビジネスに観光に便利な立地で駐車場無料。コインランドリー完備で長期ビジネス客にも最適。広めな中浴場も設置しており疲れも癒せます!(貸切の場合あり)全国約120店舗展開中のBBHホテルグループ!(評価:3.8、参考料金:4,434円〜)

      ホテル多治見ヒルズ マイルーム店(BBHホテルグループ)

      多治見ICより5分、国道19号線沿いに立地。無料駐車場は40台(先着順)。全室ダブルサイズベッドで個別空調。バス・トイレ独立型のゆとりのお部屋。『全国約130店舗展開中のBBHホテルグループ』(評価:3.8、参考料金:4,038円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    久々利城の過去のイベント・ニュース

    久々利城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 美濃金山城
      • 美濃金山城
        • 平均評価:★★★☆☆(133位)
        • 見学時間:1時間3分(137位)
        • 攻城人数:502人(146位)
        • 城までの距離:約5km
      • 犬山城
      • 犬山城
        • 平均評価:★★★★☆(19位)
        • 見学時間:1時間12分(76位)
        • 攻城人数:2773人(5位)
        • 城までの距離:約15km
    • より多くの
      城を見る

    美濃の著名な城

    岐阜県の著名な城

    久々利城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    久々利城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版

    私も愛読しています。この写真に収められている建物がすべて現存していれば・・・と思わずにはいられません。天守だけでなく、江戸城の蓮池巽三重櫓や大阪城の本丸三重櫓群、津山城の壮大な櫓群を見るとつくづく残念な思いがします。欲を言えば、全部復元してほしいです。

    hiro.Eさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る