山神温泉 湯乃元館は岐阜県の「多治見・土岐・加茂・可児」エリアにある旅館です。もっとも近いお城は土岐高山城です。

もう一度周辺地図を表示する

山神温泉 湯乃元館

外観
提供:じゃらん
開湯700年の歴史ある山神温泉。四季の情景豊かな山里の一軒宿。
薬師如来が湯のありかを教えたという伝説の残る天然温泉(加温)。四季の移ろいを望む大浴場、客室ではかけ流しの湯を満喫できる。お食事は美濃焼きの器とお料理のハーモニーを楽しめる。
じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

宿の情報

施設名 山神温泉 湯乃元館
住所 〒509-5202 岐阜県土岐市下石町1953-1
交通案内
  • 【名古屋より】車/東海環状自動車道~土岐南多治見IC~ICでて左折、小原方面へ県道66号を瑞浪方面へ3キロ位 車以外/JR土岐市駅下車、東濃鉄道バス20分山神温泉口下車徒歩3分
チェックイン
  • チェックイン 15:00
  • チェックアウト 10:00
標準的なチェックイン/チェックアウト時間のため、予約した宿泊プランによって変更になることがあります。
参考料金 予約サイトでご確認ください。
じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

地図

宿から10km圏内の城を10件表示しています

土岐高山城の周辺にあるホテルを再検索する

周辺のお城

土岐高山城
1115 土岐高山城 制覇   別名 美濃高山城

[岐阜県][美濃] 岐阜県土岐市土岐津町高山

平均評価:★★★☆☆ 2.71(0位) 見学時間:28分(0位) 攻城人数:144人(415位)
妻木城
660 妻木城 制覇

[岐阜県][美濃] 岐阜県土岐市妻木町

平均評価:★★★☆☆ 3.49(0位) 見学時間:1時間6分(0位) 攻城人数:241人(282位)
戸狩城
2106 戸狩城 制覇

[岐阜県][美濃] 岐阜県瑞浪市明世町戸狩

平均評価:★★☆☆☆ 2.29(0位) 見学時間:27分(0位) 攻城人数:25人(2026位)
細野城
1738 細野城 制覇

[岐阜県][美濃] 岐阜県土岐市鶴里町細野中根

平均評価:★★★☆☆ 3.11(0位) 見学時間:1時間17分(0位) 攻城人数:38人(1529位)
一日市場館
1360 一日市場館 制覇   別名 神戸城、国府野城、神箆城

[岐阜県][美濃] 岐阜県瑞浪市土岐町402

平均評価:★★☆☆☆ 2.46(0位) 見学時間:19分(0位) 攻城人数:86人(658位)
多治見城
2511 多治見城 超制覇   別名 多治見国長邸

[岐阜県][美濃] 岐阜県多治見市新町2

平均評価:★★☆☆☆ 1.75(0位) 見学時間:15分(0位) 攻城人数:52人(1128位)
小里城
315 小里城 制覇   別名 小里城山城、古里城、小里陣屋

[岐阜県][美濃] 岐阜県瑞浪市稲津町小里城山

平均評価:★★★★☆ 3.75(0位) 見学時間:1時間12分(0位) 攻城人数:182人(345位)
池田城
1928 池田城 制覇

[岐阜県][美濃] 岐阜県多治見市池田町

平均評価:★★☆☆☆ 2.13(0位) 見学時間:28分(0位) 攻城人数:36人(1604位)
鶴ヶ城
1421 鶴ヶ城 制覇   別名 神箆城、国府城、高野城

[岐阜県][美濃] 岐阜県瑞浪市土岐町鶴城2659-3

平均評価:★★★☆☆ 3.20(0位) 見学時間:40分(0位) 攻城人数:102人(560位)
品野城
1741 品野城 超制覇   別名 秋葉山城

[愛知県][尾張] 愛知県瀬戸市上品野町秋葉山

平均評価:★★☆☆☆ 2.33(0位) 見学時間:45分(0位) 攻城人数:19人(2258位)
ほかの宿泊施設にレビューを投稿するには
お城のページにある「周辺の宿・ホテル」から該当するホテルを見つけてください(お城のページには5件だけ表示していますので、その他のホテルは「地図で周辺の旅館・ホテルを表示する」のリンクを押してください)。地図からホテルを選び、詳細ページを表示すると右上に「レビューを書く」という緑のボタンがありますので、これを押すと入力欄が表示されます。

広告 宿の予約サイト

その他の宿を検索するならこちらからどうぞ。

攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから宿を予約していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
バリューコマースもしもアフィリエイトA8.net
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

戦国の終わりを告げた城―八王子城を探る (ロッコウブックス)

おそらく、八王子城の解説本の中で最も重要な一冊でしょう。
八王子城跡が現在のように整備されたのは、落城400年にあたる1990年以降のことです。本書の出版も同時期で、出版後に発見された遺構もあれば、今は目にすることのできない遺構も多数あります。言い換えると、1990年当時の八王子城跡の姿を記録した書であるとも言えます。八王子城に興味を持ってくださった方にはお薦めの一冊です。すでに廃刊となっていますので、古書店か図書館で探してください。
トンネル工事や台風・地震などにより、現在は失われてしまった石垣などの貴重な写真も多数掲載されていますが、白黒で小さいため分かり辛いのが残念。

赤ヱ門さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る