紹介文

松山城は武蔵国中原の要衝として、関東の諸勢力による激しい争奪戦が展開された城です。扇谷上杉家の事実上最後の当主である上杉朝定河越城を失った後に居城としましたが、扇谷上杉氏が滅亡すると、松山城は北条氏康の手に渡ります。1561年(永禄4年)には上杉謙信により攻め落とされますが、わずか2年後の1563年(永禄6年)に北条氏康と武田信玄の連合軍によって奪還されています。その後は北条氏の配下となった上田氏の居城となりますが、小田原征伐の際に前田利家上杉景勝らに包囲されて落城しました。現在、空堀の遺構がきれいな状態で保存されています。また、2008年(平成20年)、菅谷館(嵐山町)跡、杉山城(嵐山町)跡、小倉城(ときがわ町・嵐山町・小川町)跡とともに「比企城館跡群」の名称で国の史跡に指定されています。

武蔵松山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

武蔵松山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 百穴入口バス停から徒歩10分ほど。東松山駅から30分に1本はバスが出ているので使いやすかったです。パンフレットは吉見百穴のガイダンス施設(有料300円)内に置いてあります。(2021/05/04訪問)
  • 規模は小さいですが、曲輪、空堀等、当時を忍べ楽しめます。それなりの傾斜の坂道ばかりなので、滑らない様な靴で訪問を。(----訪問)
  • 吉見百穴で資料が入手出来ます。岩室観音堂側の登城路は通行止めでした。時間の都合で登るのは断念し、吉見百穴を見学しました。(2020/10/02訪問)
  • 9月下旬でも蚊と蜘蛛の大群が押し寄せてきます。写真を撮ろうと構えていると蚊がウヨウヨと寄って来てあちこち刺されてしまいました。冬までは草木も生茂っており登山の様相の方がいいと思います。(2020/09/22訪問)
  • 本曲輪下のところから上がりました。結構な急坂でした。本曲輪、兵糧庫を見て、岩殿観音裏に降りて来ました。岩殿観音側では立ち入り禁止になってました。 きちんと整備すれば、見応えのある城跡になる気がします。(2020/09/22訪問)
  • 城址入口から登城。本曲輪まで確認しましたが、夏の時期は草木が生い茂り、虫も多いので攻めるのには十分な準備が必要かと思います。(2020/08/30訪問)
  • 噂のとおりのブッシュ松山城でした。岩室観音への下り口はヌルヌルで緊張しました。(2018/05/30訪問)
  • 登り口にカラーの城図がある上、各曲輪に小さいながら現在地が地図上に示してあって分かりやすいです。(2020/03/19訪問)
  • 冬はやはり下草が少なくて見やすいですね。前回はわからなかった堀が判別しやすくなり、その深さに何度もうならされ、満足度もアップ。土塁は少なめ。(2020/02/22訪問)
  • 吉見百穴駐車場に駐車。當選神社脇の階段から登城。本丸に直結していてこちらの方が搦手っぽいのですが。本丸から兵糧倉、惣郭を見てから、本丸に戻って二ノ丸春日丸三ノ丸と巡って大手から下城しました。惣郭から入る道もあるので、登城口は3ヶ所あることになります。何度も落城したからこそ、これだけの縄張りになったんでしょうか。(2020/02/21訪問)
すべてを表示(39コメント)

武蔵松山城について

武蔵松山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態平山城
標高(比高)54.7 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主上田友直
築城開始・完了年着工 1399年(応永6年)
廃城年1601年(慶長6年)
主な改修者上杉朝定、北条氏康、松平家広
主な城主上田氏、難波田氏、扇谷上杉氏、太田氏、桜井松平氏
遺構空堀、土塁
指定文化財
復元状況

更新日:2021/07/24 03:53:52

武蔵松山城の城メモ

武蔵松山城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

武蔵松山城の観光情報

武蔵松山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

武蔵松山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(24日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    26.36
  • 06時
    Rain / light rain
    26.05
  • 09時
    Rain / light rain
    29.47
  • 12時
    Rain / light rain
    32.91
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    32.35
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    30.31
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    28.69
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    27.33

明日以降の天気(正午時点)

  • 25日
    Clouds / few clouds
    33.19
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    30.85
  • 27日
    Rain / light rain
    26.80
  • 28日
    Rain / light rain
    31.93

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

武蔵松山城の地図

武蔵松山城へのアクセス

武蔵松山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 東武東上線・東松山駅から徒歩25分
アクセス(クルマ)
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    武蔵松山城周辺の宿・ホテル

      アパホテル<埼玉東松山駅前>

      ゴルフの拠点に最適!ホテル裏に隣接している有料の立体駐車場がございます(最大料金:平日400円、休日500円 150台 )(評価:4.4、参考料金:3,000円〜)

      ガーデンホテル紫雲閣

      入り口のゲートを抜けた先に聞こえる心地良い水の音。木々のぬくもりに寄り添うように佇む庭園のあるホテル、ガーデンホテル紫雲閣。都会の喧噪から離れて、ひとときのくつろぎを楽しい宴とともに。(評価:4.3、参考料金:4,900円〜)

      森林ホテル

      今年2月に新規開業したホテルです。東松山I.Cから車で8分、森林公園駅から徒歩1分と至便。男女大浴場には天然温泉の内湯、露天風呂、サウナに水風呂をご用意、当館のお風呂で一日の疲れをお癒し下さい。(評価:4.1、参考料金:5,750円〜)

      坂戸ホテル

      ◆2011年8月1日より完全リニューアル◆地デジTV全室対応に加えリラクゼーションを感じて頂けるデザイナーズチェア全室に配置し女性ににも大人気!!(評価:3.8、参考料金:6,450円〜)

      四季の湯温泉 ホテルヘリテイジ 首都圏最大級の混浴露天温泉

      【都心から60分!混浴&大露天風呂が大人気】秩父の山々を望む、360度大自然の森の温泉リゾート!まるで別世界のように埼玉武蔵丘陵の深い森に包まれた静かな天然温泉リゾートホテル<全室Wi-Fi完備>(評価:3.8、参考料金:9,680円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    武蔵松山城の過去のイベント・ニュース

    武蔵松山城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 菅谷館
      • 菅谷館
        • 平均評価:★★★☆☆(99位)
        • 見学時間:57分(94位)
        • 攻城人数:850人(131位)
        • 城までの距離:約8km
      • 杉山城
      • 杉山城
        • 平均評価:★★★★☆(28位)
        • 見学時間:1時間3分(76位)
        • 攻城人数:823人(138位)
        • 城までの距離:約10km
    • より多くの
      城を見る

    武蔵の著名な城

    埼玉県の著名な城

    武蔵松山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    武蔵松山城を本城にしている団員

    以下のみなさんが武蔵松山城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    二条城にはふたつ天守閣あり (大竜門シリーズ)

    郷土史家、永井太一郎さんが書かれた二条城の詳細な研究本。あまりに詳しいのでたぶん読む人を選ぶと思うけど、二条城に興味を持ってより深く学びたいと思った人であればぜひ読むべき一冊だと思う。ひとことで言うと「すごい」本です。

    こうの)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る