紹介文

小倉城は戦国時代の関東の城では珍しく、随所に石垣が用いられている城です。城主は北条氏の重臣であった遠山光影とする説と松山城主・上田氏とする説があり、定かではありません。2008年(平成20年)3月28日、すでに国の史跡に指定されていた菅谷館松山城杉山城とともに追加指定され、「比企城館跡群」の名称で一括して国の史跡に指定されました。

小倉城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

小倉城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 大福寺駐車場を利用しました。登城口にパンフレットがあるのでお忘れなく。整備具合に地元の気合を感じました。登城口からの道は急坂で、結構大変でした。(2022/06/25訪問)
  • 遺構保護や発掘調査などで立入禁止の箇所はありますが、随所にある石積みの遺構や郭4手前の大堀切、各虎口など見どころ満載でした。(2022/03/16訪問)
  • 4年前に来た時よりだいぶ整備された印象を受けました。大福寺の駐車場までの道も車の行き違いも出来るくらい拡張されていました。本丸付近は現在発掘調査をしている最中のようでどんな結果が出るか楽しみです。(2022/03/12訪問)
  • パンフレットにあった北郭群を見たくて郭1の枡形虎口から更に尾根道を北に進みましたが、堀らしき部分、平らな部分は有りましたが、それが北郭群かどうかの表示はありませんでした。今後の遺構整備に期待します。(2021/12/11訪問)
  • 嵐山渓谷の駐車場に停めて徒歩で向かいました。(2020/12/31訪問)
  • 武蔵嵐山駅から山越え1時間。嵐山渓谷の横を通って大福寺へ。そこから直登10分で本郭、二郭、大堀切と続きます。(2020/12/01訪問)
  • 大福寺に駐車場があり、無料パンフレットももらえますが、縄張図はコピーがかすれて見づらかったので、持参したものを見ながら歩きました。大福寺から登ると5分程度で城址に着き、郭3や郭1の石積に目を奪われますが、郭2の大堀切や郭4の竪堀も見ごたえ十分で、あっという間に2時間過ぎました。見学路は整備されて歩きやすく、杖も軍手も不要です。見学路から外れて歩くのは遺構を傷めるおそれがあるので推奨されていません。(2020/03/07訪問)
  • 大福寺駐車場に駐車。登城者用に簡易トイレがありました。資料も置いてありました。 登ると本郭と郭3の前に着き、そこから左へ石垣を見ながら郭3を回って本郭へ。足元は落葉で滑りやすいです。本郭から郭2へ。びっくりしました。尾根を断ち切るってこういうことってわかる堀切、横矢掛りなど。随所に説明も設置してあります。手入れもされていて素晴らしい城跡でした。おすすめです。(2020/02/21訪問)
  • むぎさんの攻城メモを見て、本丸奥の大堀切なども見てきました。郭3の下の平たい石の石垣や、枡形虎口など見所おおし。案内板が各所に設置あり遺構が分かりやすいです。(2020/02/11訪問)
  • 本丸までで引き返したら絶対もったいないので、その奥の大堀切や連続竪堀を見て来て下さい!とても素晴らしいものが見られるので石積みだけで満足せず、土の城を堪能して下さい。(2019/12/08訪問)
すべてを表示(36コメント)

小倉城について

小倉城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)140 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主遠山氏または上田氏
築城開始・完了年着工 16世紀か
廃城年
主な改修者
主な城主
遺構土塁、石垣、曲輪、空堀
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2022/08/09 03:25:24

小倉城の観光情報

小倉城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

小倉城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(09日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    26.84
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    27.07
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    31.24
  • 12時
    Clouds / broken clouds
    35.18
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    36.63
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    33.83
  • 21時
    Rain / light rain
    28.96
  • 00時
    Rain / light rain
    27.12

明日以降の天気(正午時点)

  • 10日
    Clouds / broken clouds
    34.61
  • 11日
    Clouds / overcast clouds
    33.06
  • 12日
    Clouds / overcast clouds
    32.76
  • 13日
    Clouds / overcast clouds
    34.70

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

小倉城の地図

小倉城へのアクセス

小倉城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 東武東上線・武蔵嵐山駅から、ときがわ町路線バス「せせらぎセンター行」で「田黒バス停」下車、徒歩20分
アクセス(クルマ)
  • 関越自動車道・嵐山小川ICから15分
  • 関越自動車道・東松山ICから20分
駐車場

大福寺そばにあり(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    小倉城周辺の宿・ホテル

      ニューサンピア埼玉おごせ

      広大な自然に囲まれた施設に合宿に最適なテニスコート6面、体育館736平米、ゴルフ練習場40打席とスポーツ合宿に最適です。夏は4種のスライダー併設屋外プールで1日中こどもから大人まで楽しむことができます!(評価:4.0、参考料金:5,000円〜)

      森林ホテル(2020年オープン)

      今年2月に新規開業したホテルです。東松山I.Cから車で8分、森林公園駅から徒歩1分と至便。男女大浴場には天然温泉の内湯、露天風呂、サウナに水風呂をご用意、当館のお風呂で一日の疲れをお癒し下さい。(評価:4.2、参考料金:6,150円〜)

      四季の湯温泉 ホテルヘリテイジ 首都圏最大級の混浴露天温泉

      ≪都心から60分!露天風呂が大人気≫秩父の山々を望み、武蔵丘陵の深い森に包まれた360度大自然の天然温泉リゾートはまるで別世界。7月30日も追加で花火打上予定!他日程は「お知らせ」から。(評価:3.8、参考料金:4,659円〜)

      BIO‐RESORT HOTEL&SPA OPark OGOSE(旧ゆうパークおごせ)

      複数タイプのお部屋でスタイルにあわせたグランピングを。キャンプ&BBQはもちろん、おふろやプールのような水着風呂。漫画/雑誌も5,000冊完備。晴れでも雨でも楽しめる総合レジャーリゾート。(評価:4.1、参考料金:8,640円〜)

      花園天然温泉 ハナホテル花園インター(2017年4月NEWオープン)

      秩父・長瀞の玄関口!!! 関越道花園ICから一番近いビジネスホテル!!!和洋朝食バイキング無料♪お肌つるつる天然温泉・大型駐車場も無料!!!全室Wi-Fi 無料/全室加湿空気清浄機付(評価:4.4、参考料金:2,500円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    小倉城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 菅谷館
      • 菅谷館
        • 平均評価:★★★☆☆(101位)
        • 見学時間:57分(96位)
        • 攻城人数:1013人(130位)
        • 城までの距離:約2km
      • 杉山城
      • 杉山城
        • 平均評価:★★★★☆(19位)
        • 見学時間:1時間(89位)
        • 攻城人数:982人(133位)
        • 城までの距離:約3km
    • より多くの
      城を見る

    武蔵の著名な城

    埼玉県の著名な城

    小倉城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    小倉城を本城にしている団員

    以下のみなさんが小倉城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    アイヌ民族の歴史

    アイヌ民族についてこれまで「シャクシャインの戦い」「地図で見るアイヌの歴史」を読んできましたが、もっと知りたいと思いこの著書を手に取りました。この著書にはアイヌと認識される前の北海道に付いても記載があり、北海道式古墳というものがあることを北海道に22年間住んでいたにもかかわらず初めて知りました。現在の歴史の教科書にも記載のあるシャクシャインの戦いに対して弘前藩も出兵をしており、アイヌ勢と直接戦うことはなかったが、その当時弘前藩内には津軽アイヌの方々が生活しており、彼らは出兵の手助けをしたり、更に兵として参加していたという記録があるそうです。明治以降は日本とロシアとの政治的駆け引きに翻弄されるアイヌ民族を目の当たりにすると共に、この日本も決して単一民族国家では無いことを再認識させられる一冊でした。

    まーちゃんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る