紹介文

鉢形城は長尾景春によって築かれた城で、関東地方に所在する戦国時代の城郭としては比較的きれいに残された城のひとつです。北条氏が支配していた頃には武田信玄でも上杉謙信でも落とせなかったほどの堅城ですが、豊臣秀吉による小田原征伐で落城しました。現在は鉢形城公園として整備され、鉢形城歴史館が設置されています。また、城跡内には町天然記念物に指定されている桜で、ソメイヨシノの片親である「エドヒガン」を見ることができます。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
鉢形城は「日本100名城」「埼玉県三名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 埼玉県三名城

鉢形城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

鉢形城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • まさに関東の城。数々の土塁など見所は多いです。歴史館を中心に公園になっており歩きやすいですが、冬以外は虫刺されの対策などはされた方がが良いと思います。(2020/08/09訪問)
  • 土塁、石積土塁などの遺構は素晴らしいです。(2020/09/21訪問)
  • ゆっくり見ると2時間くらいかかる。 結構広い。見応えがあります。(2020/08/30訪問)
  • 先ず歴史館を訪れて観覧しその際にパンフをもらえますので、地図を参考に効率良く城内の散策しましょう。結構広いので車で移動するのも有りです。敷地内に数カ所駐車できるスペースが所々あります。(2020/08/02訪問)
  • 遺構も素晴らしいですが、歴史館の充実ぶりが半端ないです。発掘調査のデータベースも画像で見られます。調査に基づいた復元もさることながら、保存もよくされています。畝堀も自分の目で確かめました!(2020/08/13訪問)
  • 鉢形駅から1.5キロで歴史観、そこから三の曲輪までスズメバチに注意しながら進んで1キロ。車なら三の曲輪前に駐車スペースがあります(2020/08/06訪問)
  • かなり広い敷地に良好な土塁、曲輪、掘を確認でき、復元された門も非常に良いです。荒川沿いの断崖絶壁に立地しているため、荒川側から確認すると防御力の高さを実感できます。 先に鉢形城歴史館で事前情報とイメージを持って散策すると、分かりやすく楽しめると思います。(2020/07/24訪問)
  • スズメバチの巣があるので注意(注意喚起の看板有り)(2020/06/07訪問)
  • 城域は、かなりの広く見どころいっぱいです。鉢形城歴史館前駐車場より右手の土塁、搦め手、本曲輪、三の曲輪、大手と回って1時間30分。ちなみに復元門の前に駐車場がありましたよ!(2020/06/03訪問)
  • 復元エリアの馬出や石積土塁が迫力満点です(2018/10/20訪問)
すべてを表示(293コメント)

鉢形城について

鉢形城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態平山城
標高(比高)101.5 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主長尾景春
築城開始・完了年着工 1476年(文明8年)
廃城年1590年(天正18年)
主な改修者田丸直昌、森忠政
主な城主長尾景春、上杉顕定、北条氏邦
遺構土塁、堀
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2020/11/24 03:46:39

鉢形城の観光情報

鉢形城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)

管理上やむを得ないとき

トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

鉢形城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(24日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    9.29
  • 06時
    Clouds / scattered clouds
    8.31
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    10.54
  • 12時
    Clouds / few clouds
    13.79
  • 15時
    Clouds / few clouds
    14.02
  • 18時
    Clear / clear sky
    11.40
  • 21時
    Clouds / scattered clouds
    11.09
  • 00時
    Rain / light rain
    10.31

明日以降の天気(正午時点)

  • 25日
    Clouds / broken clouds
    14.42
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    15.92
  • 27日
    Clouds / overcast clouds
    11.58
  • 28日
    Clear / clear sky
    12.40

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

鉢形城の地図

鉢形城へのアクセス

鉢形城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR八高線/秩父鉄道線/東武東上線・寄居駅下車、徒歩約25分
  • 東秩父村営バス寄居駅発「和紙の里」行き「鉢形城歴史館前」下車、徒歩約10分
アクセス(クルマ)
  • 関越自動車道・花園ICから国道140号バイパスで秩父・長瀞方面へ約6km
駐車場

あり(利用時間:9:00〜17:00)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    鉢形城周辺の宿・ホテル

      花園天然温泉 ハナホテル花園インター(2017年4月NEWオープン)

      秩父・長瀞の玄関口!!! 関越道花園ICから一番近いビジネスホテル!!!和洋朝食バイキング無料♪お肌つるつる天然温泉・大型駐車場も無料!!!全室Wi-Fi 無料/全室加湿空気清浄機付(評価:4.3、参考料金:2,500円〜)

      かんぽの宿寄居

      ゆるやかな時間が流れ、やすらぎを感じる秩父路は、高速道路を利用すれば都心からわずか90分。1999年に開湯した寄居町唯一つの天然温泉で、展望露天風呂からは秩父の山並みを遠望できます。(評価:4.2、参考料金:6,850円〜)

      大人の隠れ癒し宿 秩父長瀞 花湯 別邸

      ◇全7室 オールインクルーシブの新感覚◇荒川を望む大自然に抱かれた大人のための隠れ癒し宿。「和」と「洋」が調和するくつろぎの時間。※館内施設上12才(小学生)以下の方は、入館をご遠慮下さい。(評価:4.8、参考料金:16,100円〜)

      小さなホテル セラヴィ  露天風呂客室の宿

      アンティーク家具に囲まれた、たった5部屋の小さなホテル。ご夕食は地元野菜をふんだんに使用した会席コースをご用意。緑に囲まれ、落ち着いた空間で、ゆっくりとしたひとときをお過ごしください。(評価:4.9、参考料金:29,500円〜)

      長瀞 花のおもてなし 長生館

      大正4年創業の当館は 長瀞観光の歴史と共に歩んできた日本旅館です 旬の地産をふんだんに使った日本料理も好評です ラインくだりや宝登山神社など長瀞観光へのアクセスも抜群です♪(評価:4.4、参考料金:8,800円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    鉢形城の過去のイベント・ニュース

    鉢形城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 杉山城
      • 杉山城
        • 平均評価:★★★★☆(56位)
        • 見学時間:58分(90位)
        • 攻城人数:722人(139位)
        • 城までの距離:約11km
      • 菅谷館
      • 菅谷館
        • 平均評価:★★★☆☆(109位)
        • 見学時間:53分(103位)
        • 攻城人数:749人(134位)
        • 城までの距離:約14km
    • より多くの
      城を見る

    武蔵の著名な城

    埼玉県の著名な城

    鉢形城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    鉢形城を本城にしている団員

    以下のみなさんが鉢形城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    よみがえる江戸城―徹底復元◆天下の巨城の全貌 (歴史群像シリーズ・デラックス (1))

    CGによって再現した江戸城の御殿や天守を紹介する。御殿も天守も現在は失われているが、詳細な図面と襖絵の下絵が残されていて再現が可能になったという。本丸への入り口となる書院門から儀式や対面の場である「表」、将軍の私的な空間である「中奥」を経て、将軍の正室をはじめ家族が居住する「大奥」までの様々な部屋を順に見学する構成となっている。CGの他、関連する屏風絵や図面も豊富でイメージしやすい。城中の儀式や武家の装束、大奥の職制など解説も充実している(2005年刊)

    こめつぶさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る