上田城
上田城

[長野県][信濃] 長野県上田市二の丸


  • 平均評価:★★★★☆ 3.68(42位)
  • 見学時間:1時間12分(49位)
  • 攻城人数:3090(11位)

眞田杉(真田杉)

眞田神社の参道脇に「眞田杉」と呼ばれる杉の木の切り株があります。

倒木の危険があることから伐採されましたが、樹齢450年と上田城築城当時に植えられた杉の木だそうです。

御神木眞田杉由緒
信州上田城は信州眞田藩眞田幸隆候の後継者眞田昌幸公によって天正十一年(一五八三)に築かれ、息子眞田幸村や城下の住民らの活躍も有って徳川の大軍を二度にわたって退けた名城として、歴史にその名をとどめております。
かつて城址には老杉が林立しておりましたが、今は数本を残すのみとなりました。その内の一本が大風等により倒木の恐れがあり、伐採やむなきにいたりました。年輪を数えましたところ、四百五十年に及び、まさに築城当時より眞田三代を始め仙石、松平とこの城の栄枯盛衰を見てきた老木であることが判明いたしました。
上田城と眞田三代の歴史であり「心と魂」でありますこの杉を、なにかの形で後世に残そうとその切り株を「赤備え兜」で風雨から守り御札、表札等各種木製品を記念に制作した次第です。
時あたかも、上田城本丸に鎮座し、代々の城主をお祀り申し上げます眞田神社では平成の大修理に着手しております。この時に当たり、ご寄進頂きました篤信の方々や参拝の皆様に老杉の材をもって作りました品をお分けすることにいたしました。
眞田魂はふるさとの大自然の知恵、人やいのちを全て愛し助ける仁愛、逆境に立ち向かう勇気の「智、仁、勇」の三つとその基となる「愛と和と義」の六つの六連魂で出来ています。長く城を見守りました大樹をもって作りました品にはこれらの眞田魂が宿っております。
ご尊家の繁栄をお守りし、ご子孫の宝となると存ずる次第です。
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

上田城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

童の神

平の将門の乱以降、藤原道長を中心とした京の都からの圧政に抗い、鬼と呼ばれる者たちを描いた歴史小説です。
賤ヶ岳の七本槍と石田三成を描いた”八本目の槍”が凄く面白かったので、作者、今村翔吾先生の本をもっと読んでみたいと思い購入しました。
以下解説引用。
土蜘蛛、滝夜叉、山姥…などの恐ろしげな名で呼ばれ、京人から蔑まれていた。一方、安倍晴明が空前絶後の凶事と断じた日食の最中に、越後で生まれた桜暁丸は、父と故郷を奪った京人に復讐を誓っていた。様々な出逢いを経て桜暁丸は、童たちと共に朝廷軍に決死の戦いを挑むが―。皆
皆が手をたずさえて生きられる世を熱望し、散っていった者たちへの、祈りが描かれております。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る