上田城
60 上田城

[長野県][信濃] 長野県上田市二の丸


  • 平均評価:★★★★☆ 3.62(57位)
  • 見学時間:1時間25分(74位)
  • 攻城人数:1454(11位)

上田城のパンフレット

上田市観光課によって作成された上田城の公式パンフレットです。

提供:上田市観光課
提供:上田市観光課
第一次上田合戦
 天正13年(1585)8月、7000人余の徳川軍が上田城へと攻め入った。昌幸が沼田領引渡しを拒否し、家康と断交したためである。対する真田軍は2000人足らず。しかし昌幸は巧みな戦術で徳川軍を撃退してしまう。神川合戦ともよばれるこの戦いが、真田氏と上田城の名を天下に広く知らしめた。
第二次上田合戦
 昌幸父子が相別れて戦うことになった関ヶ原合戦の前哨戦。慶長5年(1600)9月、西軍(石田方)についた昌幸と幸村は上田城にたてこもり、中仙道を西進する徳川秀忠軍と戦った。3万8000人の徳川軍に対し、真田軍はわずかに2500人。軍事力の差をものともせず、またしても徳川軍に大きな損害を与えた。
提供:上田市観光課
上田城 見どころ 案内
 上田城は天正11年(1583)、真田昌幸によって築かれた平城で、上田盆地のほぼ中央に位置しています。堀と土塁で囲まれ、虎口(出入口)に石垣を使った簡素な城ですが、第一次、第二次上田合戦で徳川の大軍を撃退し、天下にその名を轟かせました。数ある城郭のなかで、2度もの実戦経験をもち、輝かしい戦果をあげた城は、全国でも他に例はありません。
 しかし、上田城は関ヶ原の合戦後に破却され、藩主であった真田信之も松代へ移封となりました。その後、小諸から入封した仙石氏により城は再興され、近世後半には松平氏の居城となります。
 かつて本丸には櫓門2基、櫓7基がありましたが、現在は櫓3基と櫓門1基をみることができます。また、園内には石垣や土塁が至る所に残されています。
 真田氏からはじまり、築城から400有余年。上田城は今もなお、訪れる人々を魅了しています。桜や新緑、紅葉など、美しい四季の移ろいとともに、戦国ロマンあふれる園内で、歴史探訪をぜひお楽しみください。

ほかにもさまざまなパンフレットが用意されています。

提供:上田市観光課
提供:上田市観光課
提供:上田市観光課
提供:上田市観光課
提供:上田市観光課
上田城跡公園
「真田太平記」や「真田十勇士」の物語でもその名を知られる真田氏。その居城として真田昌幸により天正十一年(一五八三年)に築城されたのが上田城です。 昌幸・幸村親子が二度に渡って徳川軍を退け、江戸時代も城下町・上田の中心であったこの名城は、現在、公園として市民の憩いの場となっています。春には、本丸跡やお堀端に植えられた約千本の桜が古城に彩りを添え、花見の宴に訪れる多くの市民や観光客で賑わいを見せます。
真田氏歴史館
展示された真田一族に関する資料は一見の価値あり。隣接する真田氏館跡は、ツツジの名所として有名です。
長谷寺(ちょうこくじ)
幸隆が開山した真田氏の菩提寺。境内には幸隆夫妻と昌幸の墓があります。 春のシダレ桜は必見。
提供:上田市観光課
提供:上田市観光課
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

上田城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る