金沢城
金沢城

[石川県][加賀] 石川県金沢市丸の内


  • 平均評価:★★★★☆ 3.79(33位)
  • 見学時間:1時間34分(24位)
  • 攻城人数:1889(14位)

戌亥櫓跡

戌亥櫓(乾櫓)は本丸の北西隅に位置していた櫓でした。

現在、櫓はありませんが櫓台からは二の丸に復元された菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓を眺めることができます。

櫓台に設置された案内板の内容を紹介します。

戌亥櫓跡(いぬいやぐらあと)
本丸の北西角、戌亥の方角に当たることから「戌亥櫓」と呼ばれていた。西と北に「出し」という出窓がついている二層の櫓だった。宝暦火災(一七五九)の後、再建されなかった。

金沢城の歴史についての案内板もあります。

金沢城の歴史
 中世末期に一向一揆の拠点として金沢御堂(かなざわみどう)がこの地に置かれ、天正8年(1580年)に佐久間盛政(さくまもりまさ)が入城し、金沢城の造営が始まりました。
 その後、天正11年(1583年)前田利家(まえだとしいえ)が入城し、本格的な近世城郭へと姿を整えていきました。文禄元年(1592年)の石垣普請(ふしん)、元和7年(1621年)の本丸の拡張などを経て、寛永の大火後(1631年以後)現在の金沢城に近い姿になりました。
 左の絵図は江戸初期、右の絵図は宝暦大火後(1759年以後)の姿を描いたものです。江戸初期の絵図には、石川門の構造が現状と異なり、二の丸が狭く、三の丸や新丸などに家臣の屋敷があるなど、江戸後期の絵図と異なるところが多く見られます。
 現在天守閣はありませんが、慶長7年(1602年)に落雷によって焼失するまで本丸に聳えていました。焼失後、天守閣の代わりに三階櫓(やぐら)が建てられ、宝暦9年(1759年)の火災まで城のシンボルとなっていました。二の丸には寛永の大火後、二の丸御殿が造られ、藩主の御殿および藩庁として藩政の中心にありました。三の丸には鉄砲所(てっぽうじょ)、新丸には作事所(さくじしょ)・細工所(さいくしょ)などの施設がありました。
 明治4年(1871年)廃藩置県で明治政府の所轄となって旧陸軍の拠点となり、昭和24年(1949年)からは金沢大学のキャンパスになりました。その後、大学の移転により平成8年(1997年)に石川県が取得し、金沢城公園として整備を実施しています。

建物こそありませんが、石垣は見事です。

戌亥櫓石垣(いぬいやぐらいしがき)
 この石垣は「粗加工石積み(あらかこういしづみ)」の積み方をしていますが、石の隙間に平らな石をはめ込み、「切石積み(きりいしづみ)」のように見せる技法が用いられています。長い年月の間に石が抜け落ちていますが、当時の巧みな技術を見ることができます。
 はめ込まれた石が残っているところと抜けおちたところを比較しながら、当時の姿を想像してみてください。

創建 寛永8年(1631)頃
改修 寛文(1661〜1673)頃、明和3年(1766)
現状 西面(正面)の大部分は寛文頃の改修時、一部明和3年の改修時の姿を残す。
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

金沢城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

宿所の変遷からみる 信長と京都

信長はなぜ本能寺に泊まったのか、という疑問に応えてくれた専門書。京都における信長の足跡が「信長在京表」としてまとめられている。その典拠は同時代史料、公家や僧侶などによる日記(古記録)や書状(古文書)であり信長の動静がじかに伝わってくる(ように読み解かれていて有難い)。絵画史料として上杉本洛中洛外図も要所要所で使われていて当時の様子がイメージしやすい。あと2~3巡読み返し理解を深めたいところだが、天正10年の宿所が本能寺「御屋敷」であった訳がまずはわかった。

たかみくらさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る