hiro.Eさん 家老 サポーター   フォロー

令和がスタートしました。北九州お城巡りも無事終了。まだまだ行きたいところがあるのですが、次回にお預けですね。2日に鶴崎→大友氏館→府内城→中津城→小倉城。3日に福岡城→久留米城。4日に熊本城。黒田・細川・加藤清正縁の城が中心となりました。さすが築城の名手達だけあって、石垣が素晴らしかったです。熊本城は20年以上かかる気がします。3年経って手つかずの場所もあって衝撃でした。復元に熱心だっただけあって、復興中心となるのは残念ですが、丁寧に細心の注意を払って再建している様子がよくわかりました。遠いのでなかなか行く機会がないのですが、復興なった際には必ず再訪します。

hiro.Eさんが過去に回答した読者投稿欄のお題

古い順

長野県も激戦ですね。国宝天守そびえる松本城と真田昌幸が徳川勢を2度撃退した上田合戦の地、上田城は外せないところ。あとは小諸城、松代城、高遠城、龍岡城、高島城の争い。難しいところですが、川中島の舞台、海津城でもあり、真田家が230年間、藩政を担った松代城を選択。個人的には、タイムマシンがあれば、湖畔に浮かぶかつての高島城が見たかった!

結果はともかく西軍びいきです。それは石田三成側に義を感じているからです。歴史群像シリーズでもし小早川秀秋が裏切らず、福島側へ攻め込んでいたらどうなっていたかという内容を何度も読み返しましたね。でも西軍についても勝てる要素はなさそうな気がします。やはり家康のカリスマには三成では難しかったと思われます。

埼玉県は川越城しか行ったことがありません。ですので、ほとんどはイメージとなります。知名度抜群の川越城、忍城か、遺構が好評の鉢形城、杉山城、菅谷館か。遺構が少ないものの,貴重な御殿建築が現存し,かつ戦場としても名高く,藩として明治まで存続した知名度抜群の川越城をまず選択。遺構も良好に現存し,かつ信玄・謙信が攻め,小田原攻めで北条氏邦が奮戦するなど、多くの合戦の舞台となった鉢形城。あとは杉山城・菅谷館が甲乙つけがたく、ここは決戦の舞台で有名を馳せた地である「のぼうの城」忍城を選択。結局選択の視点は,遺構よりも戦場として名を馳せた城に集約してしまいました。

歴史の表舞台に登場する年号は大化・大宝・和銅・保元・平治・承久・応仁から江戸期の享保・寛政・天保や幕末の安政・慶応・・でもここは戦国に限定するとやはり「天正」ではないでしょうか。織田信長が天下統一の道筋を立てることができたのは、1573年=「天正」元年だと思います。幕府を滅亡させ、浅井・朝倉を滅ぼして、戦国終焉の突破口が開けた「天正」という年号が印象深いです。

新潟県は三条城しか行ったことがないので、イメージで選択します。上杉謙信の居城春日山城はと3匹の鯱を上げた復元櫓の新発田城は確定。個人的には江戸時代の左遷地と呼ばれた村上城を選択します。堀秀治の流れを汲む堀直竒は結構築城の名手ですよね。ただ長岡城も村上城も戊辰戦争で炎上するところまで同じですが。村上城も是非一度は見に行きたいものです。

原子爆弾のよって無念にも倒壊してしまったものの、天守・表御門・平櫓等が復元されている広島城と同じく戦災焼失し復元された天守と重要文化財である筋鉄御門・伏見櫓が現存する福山城は外せないところ。あと一つは、やはり歴史的な意義から毛利元就の居城である吉田郡山城を推します。それにしても広島城と福山城天守が現存していれば・・・。特に1500年代築城の広島城はとても価値のある天守だっただけに戦災が悔やまれます。

まずは天守と御殿がセットで現存している高知城と長宗我部氏ゆかりの岡豊城は外せないところ。後はまだ攻城したことがないのですが、土居の残る安芸城を3つめとして選ばせていただきます。

天下無双の熊本城は当確。相良氏の人吉城と立派な天守台が残る八代城の3つを三名城として推薦します。

福島県は会津若松城しか行ったことがありませんが、歴史の舞台、城郭の規模としてとても素晴らしかったので確定。あとは未攻城ですが、戊辰の戦跡として行ってみたい二本松城と、復元御三階が美しい白河小峰城を選びます。やはり福島は戊辰戦争抜きでは語れない城が多いですね。

毎週楽しみに見ていた点では、「独眼竜政宗」「風林火山」「篤姫」「真田丸」に絞られるかな。ここは一つ硬派な大河ということで「風林火山」を選びます。千葉真一演じる板垣信方や川中島での内野聖陽演じる山本勘助かっこよかった。

今まで攻城したなかで選ぶとやはり、伊達政宗公ですかね。最上義光公や長宗我部元親公も写真を見ると甲乙つけがたいですが、ここは実際見た中から選びました。

ついに滋賀県が来ましたね。ここが最大の激戦だと思います。まず国宝彦根城と信長が築城の粋を集め,天主がそびえた安土城は外せないところ。あとは小谷,観音寺,鎌刃,八幡山,玄蕃尾。他にも水口、膳所、長浜と知名度抜群の城が続く。悩み所ですが,やはり浅井家居城の小谷か壮大な山城観音寺のどちらか。どちらかが落ちるのは忍びないですが,歴史好きなら誰もが知っているその後の歴史に大きく関わった悲劇の城,小谷城を選択します。それにしても,選ばれないのがもったない城ばかりです。

まずは現存天守の丸岡城は外せないところ。あと2つは一乗谷・福井・越前大野・国吉あたりで迷うところ。歴史的舞台という点では一乗谷・福井。石垣や山城遺構で魅せる越前大野と国吉。難しいところですが、一乗谷城と国吉城を選択して福井の三大名城とさせて頂きます。

世界遺産の姫路城はまず外せないとして、あと2つが難問ですね。まだ未攻城なのですが、多くの方から評価の高い天空の城として話題になった竹田城をまず推します。石垣が好きなのでまず感動することは間違いないでしょう。あと一つは、明石、赤穂、洲本、出石、篠山から。迷うところですが、高虎が築き、復元大書院がある天下普請の城、篠山城を3番手とします。選定の難しさでは日本屈指の県ではないでしょうか。

なかなか言い表すのが難しいのですが、まずどんな城址だろう?というワクワク感がありますね。新装なった白亜の姫路城を見たときに「おぉっ」と思いましたし、山城なら、彦根城や宇和島城・備中松山城のように本丸にたどり着いた時にまたまた「おぉっ」。スタンプラリーや攻城団に出会ってからは、伊賀上野城や岡城、丸亀城の高石垣や苗木城、岩村城の壮大な石垣、名古屋城・大阪城の水堀の壮大さにも魅力を感じるようになりました。最近は移築めぐり、石碑めぐりにも興味をもちつつあります。結局のところ、建物・石垣・堀・縄張・・・城を築いた先人の思いに馳せることが最大の魅力かもしれません。

金鯱が輝く日本有数の大城郭の名古屋城と最古の天守と言われる国宝犬山城は外せないところ。岡崎・長篠・小牧山・吉田と悩むところですね。それぞれ歴史の舞台となったところですが、ここは攻城したところで絞ると岡崎か長篠。模擬ながら天守があり、東隅櫓・大手門、空堀・石垣など城としての見所で岡崎城を3つめの城とします。

シンプルに単独犯行だと思います。柴田・羽柴・滝川等の諸将がそれぞれの持ち場で奮闘しており、下克上を起こすには最高の状態だったと思います。信長を快く思わない勢力を糾合すれば十分天下に号令できると踏んでいたのではないでしょうか?ここまで信長にスキを与えた光秀はやはり、信長からある程度の信頼を集めていたのでしょう。だから京の隣国丹波や近江坂本を与えられていたのでしょうから。実際、松永久秀や荒木村重も謀反を起こしていますが、京から離れているので信長にとっては対応可能な謀反。信長からするとまさか光秀が?という気持ちだったと推測します。

気にいっていることを箇条書きに・・・
①攻城団での情報を手がかりに城址にたどりつくことができたこと。・・助かります。
②何といってもバッジの存在。・・元々城好きで、100名城スタンプラリーを始めてから派手な天守や櫓だけではなく、石垣や水堀・縄張りにも興味を持ち始めました。その興味を補完する存在がバッジの存在かもしれません。城攻めのモチベーションに多大な効果あり。
③写真UP機能・・写真を撮ることも城巡りの楽しみになりました。ミーハーなので「あっぱれ」をもらうのは正直嬉しいです。「あっぱれ」をもらうことばかり考えてはだめなんですけどね。

まだまだありますが、入団して3年。今後とも宜しくお願いします。

感覚で判断することが多いです。評価が1か2の時は、石碑のみとか遺構がほとんどない時
でしょうか。5か4の評価は建物に感動するだけでなく、石垣や石積、水堀のウエイトが大きいです。あとは玖島城のように、櫓、石垣、水堀、空堀、御船蔵跡など見所が多ければ、5評価にします。

やはり徳島城でしょう。他の四国三県(高知城・松山城・丸亀城・宇和島城など)には現存天守があり,うらやましく感じるとともに,もう少し整備してほしいとは思いますが,青石の美しさや庭園があり,阿波の城跡としてはナンバー1だと思います。願わくば,他の城のようにそれぞれの櫓跡に説明板が欲しい。あと唯一の写真が残っている月見櫓は再建されないのかなあ。徳島県は城に関しての情熱がやや薄いのが残念。

初攻城と再攻城と分けて挙げます。初攻城1位は宇和島城。現存天守はいうに及ばず、高虎の石垣がよかった。高虎バッジに照準を合わせようかな?2位は大洲城。木造復元天守の先駆け。高欄・台所の現存2櫓とのバランスがよかった。天守を再建して成功した数少ないお城だと思います。3位は玖島城。枡形虎口、穴門、新蔵跡、板敷櫓と石垣など予想以上に見所が多く、期待以上でした。再攻城1位は丸亀城。初めて攻めた搦手石垣も見事でした。2位広島城。お堀越しの天守はどこから見ても絵になりました。3位二条城。東大手門目当てに通算5度目の攻城。来年は四国の名城全てを統一したい!

萩ですかね。天気が悪かったのと時間の関係で多くは見ることができませんでした。松下村塾と反射炉(まさか世界遺産になるとは・・・)を見るのみでしたが、維新の英傑の生家や町並みがいいですね。

戦国時代大好きな者にとって、これは難問。強いて言えば真田昌幸か幸村。やっぱり昌幸かな。きっかけはNHK水曜時代劇「真田太平記」ですね。丹波哲郎さんがよかった。まさに策士!という役柄ぴったりでした。昨年の大河ドラマ「真田丸」で草刈正雄さんが昌幸を演じて、嬉しかったですね。ドラマの影響ですけど、昌幸自身も「表裏比興の者」「信玄の眼」。天正壬午の動乱をくぐり抜けたしたたかな行き方はやはり魅力的です。

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る