二条城
二条城

[京都府][山城] 京都府京都市中京区二条城町541


  • 平均評価:★★★★☆ 3.83(33位)
  • 見学時間:1時間30分(44位)
  • 攻城人数:2225(7位)

西門

二条城の西側、美福通沿いにある西門は、江戸時代前期の寛永年間(1624年〜1643年)に造られた門であると推測されています。
大政奉還を発表したとき、徳川慶喜がこの西門から城外に出たそうです。

重要文化財 西門(にしもん)
寛永3年(1626年)頃に建設され、江戸時代は二条城の通用門として使われた。天明8年(1788年)の大火で周辺の櫓門等が焼失し、明治以降には外堀にかかる木橋も失われ、今ではこの西門だけが残る。門の上に立つ土塀と石垣に囲まれることから「埋門(うずみもん)」と呼ばれるが、屋根だけを見れば「高麗門(こうらいもん)」である。高麗門とは、死角をなくすために屋根をできるだけ小さくした門で、柱の上にしか屋根はない。この門を突破されても、正面に櫓門が待ち受け、敵をその2階や石垣の上から攻撃することになるが、その差異、屋根が邪魔にならないように考えられた造りである。

西門を見学することができます

西門の城内側は枡形虎口になっているのですが、通常は非公開エリアとなっています。
ただし二条城がやってる公式ガイドツアー(1000円)の参加者は見学可能です。

枡形内は石材などが雑然と置かれているのですが、それがかえって時間が止まったようにも感じられます。

西門の内側です。

この西門の柱には珍しいものが残っています。それが門番による落書きです。

葵の御紋のような図形や、「文久二年」と読める文字が書いてあります。

おそらく徳川家光がこの西門をつくった頃には考えられなかったと思いますが、幕末ともなると二条定番もゆるんでいたのかもしれませんね。

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

二条城の城メモ一覧

二条城ガイドツアーのご案内
攻城団では不定期ではありますが、団長こうのがガイドをつとめるガイドツアーを開催しています。ほぼ毎月開催されていますので、日程があえばぜひご参加ください。募集状況は「城たび」のページで確認できます。
城たび(日本全国の名城ツアーガイド)

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

戦国の堅城―築城から読み解く戦略と戦術 (歴史群像シリーズ)

雑誌「歴史群像」で紹介された戦国時代の城に城郭研究者の解説を加えて再構成したムック。(2004年発行)勃興期、隆盛期、完成期に分けて16の城を解説。どのような状況でその城が作られ、何を意図した縄張りだったのか、図や写真で詳細に解説されている。香川元太郎さんの鳥瞰復元イラストは一目でどんな城だったのかわかりやすくて良い。。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る