二条城
二条城

[京都府][山城] 京都府京都市中京区二条城町541


  • 平均評価:★★★★☆ 3.83(33位)
  • 見学時間:1時間30分(44位)
  • 攻城人数:2225(7位)

二条城の一口城主制度

二条城でも一口城主が募集されています。

寄付は一口1万円からで、城主になると入城証がもらえます。
(寄付の額により入城証で入城無料となる有効期間が異なります)

記念品として、ステッカーやバッジももらえます。
ちなみにこのステッカーは1000円以上の寄付でもらえます(バッジは200円の寄付でひとつもらえます)。

また、現地での寄付にかぎって(銀行払込・クレジットカード決済での寄付は対象外)スタンプカードが発行されます。
1回1000円の寄付につき、スタンプがひとつ押され、スタンプが10個たまったら入城証(1年間)がもらえます。

京都市が公開している動画があります。

では、制度の概要を以下に記します。

「世界遺産・二条城一口城主募金」制度概要

二条城では日本のみならず、世界共通の財産である世界遺産・二条城を次代へ保存・継承していくために、国宝・二の丸御殿をはじめとする文化財建造物等の本格修理を行っています。

この本格修理事業は2011年(平成23年)度からおよそ20年の歳月をかけ、28棟ある文化財建造物をはじめ、城内すべての歴史的建造物を中心に修理や整備を行います。事業達成のためには100億円の 事業費が必要となり、京都市では事業推進のため、京都市民のみならず、国内外から目標額50億円として「世界遺産・二条城一口城主募金」を募っています。

募集期限2010年(平成22年)から
募金目標額50億円
募金の対象国内外の個人、法人、団体など
特典
  • 1万円以上の寄付をすると二条城へ無料で入城できる入城証を贈呈(寄付の額により有効期間が異なります)
  • インターネット上の協力者名簿に記載(10万円以上の寄付の場合、芳名板への掲出)
感謝状1回につき10万円以上寄付をした場合、感謝状が贈呈されます
1日城主
  • 1日城主にはふだん入れない非公開文化財の内部や御殿室内、修理現場などを案内
  • 実施は半年に1回で、100万円以上の寄付者の方はもれなく、1万円以上100万円未満の方は抽選でペア10組(抽選権は寄付額1万円ごとに1口)

募金の方法

銀行払込、クレジットカード決済、現金受付で寄付することができます。
詳しくは以下のサイトに書かれています。

一口城主募金 | 二条城 世界遺産・元離宮二条城

二条城 世界遺産・元離宮二条城公式ホームページ。元離宮二条城は徳川家の栄枯盛衰をはじめ、日本の歴史の移り変わりを見守ってきたお城です。このページは一口城主募金のページです。

本格修理の内容およびスケジュール(予定)

第1期2011年度〜2017年度唐門・築地、東大手門、番所
第2期2017年度〜2021年度本丸御殿
第3期2022年度〜2025年度二の丸御殿(白書院ほか2棟)、溜蔵・二階橋廊下
第4期2026年度〜2034年度二の丸御殿、東南隅櫓他14棟

京都市民年間パスポート

2019年(平成31年)4月の入城料改定にともない、京都市民限定で年間パスポートが販売されています。
年間2000円(10月1日からは2090円)で何度でも入城できますので、1年のうちに2回訪問すればもとが取れるお得なパスポートになっています。

対象者は「京都市内に住所を有する方(小中高校生および高等専門学校以外)」で、発行には住所を確認できる書類(運転免許証、住民票等)が必要となります。

(上記はすべて、2019年4月時点の情報です)

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

二条城の城メモ一覧

二条城ガイドツアーのご案内
攻城団では不定期ではありますが、団長こうのがガイドをつとめるガイドツアーを開催しています。ほぼ毎月開催されていますので、日程があえばぜひご参加ください。募集状況は「城たび」のページで確認できます。
城たび(日本全国の名城ツアーガイド)

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

戦国の堅城―築城から読み解く戦略と戦術 (歴史群像シリーズ)

雑誌「歴史群像」で紹介された戦国時代の城に城郭研究者の解説を加えて再構成したムック。(2004年発行)勃興期、隆盛期、完成期に分けて16の城を解説。どのような状況でその城が作られ、何を意図した縄張りだったのか、図や写真で詳細に解説されている。香川元太郎さんの鳥瞰復元イラストは一目でどんな城だったのかわかりやすくて良い。。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る