姫路城
姫路城

[兵庫県][播磨] 兵庫県姫路市本町68


  • 平均評価:★★★★☆ 4.44(1位)
  • 見学時間:2時間5分(1位)
  • 攻城人数:6170(1位)

五芒星の刻印

化粧櫓下東面の石垣には五芒星の刻印があります。

この場所は鬼門にあたるので魔除け、鬼門除けのために五芒星が彫られたといわれますが、ガイドのおじさんによるともともとは別の場所にあったのを「昭和の大修理」の際に動かしてしまったそうなので、ちょっとよくわかりません。

ただ五芒星というのは平安時代の陰陽師が使用していた模様ですので、なんらかの意味があるのはまちがいなさそうですね。

「ろの門」を抜けて、西の丸の方向(化粧櫓があるほう)に向かって坂をのぼると見つかります。
少し寄り道して探してみてくださいね。

   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

姫路城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

巨匠 狩野探幽の誕生 江戸初期、将軍も天皇も愛した画家の才能と境遇 (朝日選書)

探幽の作品の解説と共に、狩野派の長として組織作りや有力者との交流をどのように進め、狩野派の発展存続に努めたのか、探幽を立体的に捉えたい方にはお薦めの一冊です。

十林寺さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る