姫路城
姫路城

[兵庫県][播磨] 兵庫県姫路市本町68


  • 平均評価:★★★★☆ 4.32(2位)
  • 見学時間:2時間15分(2位)
  • 攻城人数:3089(1位)

るの門

姫路城の「るの門」はいわゆる埋み門や穴門、孔門と呼ばれる形式の門です。
菱の門から入ってすぐのところにある三国堀の脇にあります。

この門は天守への近道となる門で、わざと見えにくい位置にあります。
敵の進入時にはこの門を使って横槍を入れることが想定されていたそうです。

内側から見るとこうなっています。
敵に発見されたときは石を崩して埋めてしまいます。

いまでも天守までの近道として通れます。

るの門(穴門)
 この門は正規の通路からはずれた位置の石垣に穴をこしらえ、その通路が目に付かないようにした一種の抜け道で、姫路城特有のものです。
 他に、帯の櫓から帯郭櫓に通ずるところにも穴門があります。
Ru Gate / Ru-no-Mon (Ana-Mon)
This gate is built in the stone walls away from the regular passageway and it's like a tunnel. It's a sort of secret passage, which is a very unique one seen only in Himeji Castle. Nobody notices there is a gate here and it serves a special tactical purpose.
There is another one of this kind at the entrance to Sack Turret.
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

姫路城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

八本目の槍

豊臣秀吉と柴田勝家の雌雄を決した賤ヶ岳の戦い。この戦いで活躍した、賤ヶ岳七本槍のメンバーのその後の人生と、八本目の槍、石田三成との人間模様を描いた物語です。
福島正則、脇坂安治、片桐且元、平野長泰、加藤清正、糟屋武則、加藤嘉明、7人のひとりひりの小姓時代の呼び名で物語が構成されてます。

それぞれが違う生い立ちの中、豊臣秀吉の小姓として見出され、天下分けめの関ヶ原の戦いで、東軍についたもの、負けるとわかっていても西軍についたもの、その後の世の中の流れを見据えた石田三成が、それぞれ7人に思いを寄せ、奔走した様が描かれており、石田三成の戦旗に記された意味が読み取れます。

本の帯にある通り、この小説を読み終えた時、その男石田三成を、大好きになりました。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る