江戸城
江戸城

[東京都][武蔵] 東京都千代田区千代田


  • 平均評価:★★★★☆ 3.81(33位)
  • 見学時間:1時間38分(18位)
  • 攻城人数:1743(10位)

松の大廊下跡(松の廊下)

松の大廊下(松之大廊下、松の廊下)は、「忠臣蔵」で知られる、浅野内匠頭が吉良上野介に対して切りかかった場所です。

江戸城内にあった大廊下のひとつで、本丸御殿の大広間から将軍との対面所である白書院に至る全長約50m、幅4mほどの畳敷の廊下でした。
廊下に沿った襖に松と千鳥の絵が描かれていたことから、この名前がつけられたといわれています。
「松ノ御廊下(まつのおんろうか)」とも呼ばれます。

松の大廊下跡
 赤穂浪士(あこうろうし)討ち入りにつながったことで知られる、浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)の吉良上野介義央(きらこうずけのすけよしなか)への刃傷(にんじょう)事件(1701年〔元禄14年〕)のあったところです。廊下に沿った襖(ふすま)戸に松と千鳥が描かれていたのが名前の由来といわれます。江戸城中で2番目に長い廊下で、畳敷きの立派なものでした。
Site of Matsu-no-o-roka Corridor
Every Japanese knows that this corridor was the locus of the unfortunate event when Lord Asano Takumino-Kami Naganori attacked and wounded Lord Kira Kozuke-no-Suke Yoshinaka in 1701. Cf. The Story of the Forty-seven Loyal Ronin. Matsu-no-o-roka Corridor was named after the long corridor decorated with paintings of pine (matsu) trees and plovers. It was the second longest corridor with tatami-mats in Edo Castle.

江戸東京博物館には、松の大廊下の模型があります。

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

江戸城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る