2022年4月1日に開催中のお城関連イベント

長浜城(滋賀県長浜市)

長浜城歴史博物館の再オープン(12時〜)

期間
2022-04-01〜2022-04-01 Googleカレンダーに登録

4月1日、耐震補強工事により長期休館となっていた長浜城歴史博物館が再オープンします。 再オープン記念展「秀吉と長浜」が開催され、翌2日には記念イベントも予定されています。

吉田城(愛知県豊橋市)

「吉田城春まつり」開催(吉田城鉄櫓前広場)

期間
2022-03-15〜2022-04-03 Googleカレンダーに登録

特集展示「和宮ゆかりの雛かざり」開催(9時半〜17時、国立歴史民俗博物館、600円)

期間
2022-02-22〜2022-04-03 Googleカレンダーに登録

2月22日より4月3日まで、国立歴史民俗博物館において特集展示「もの」からみる近世『和宮ゆかりの雛かざり』が開催されます。

新発田城(新潟県新発田市)

令和4年度「新発田の春まつり」開催

期間
2022-04-01〜2022-04-10 Googleカレンダーに登録

4月1日より10日まで、令和4年度「新発田の春まつり」として、「新発田城址公園桜まつり」と「加治川桜まつり」が開催されます。

上田城(長野県上田市)

「第19回上田城千本桜まつり」開催

期間
2022-04-01〜2022-04-10 Googleカレンダーに登録

4月1日より10日までの間、上田城跡公園一帯において「第19回上田城千本桜まつり」が開催されます。

津山城(岡山県津山市)

「2022 津山さくらまつり」開催(7時半~22時、鶴山公園、310円)

期間
2022-03-26〜2022-04-10 Googleカレンダーに登録

高田城(新潟県上越市)

「第97回高田城址公園観桜会」開催

期間
2022-03-26〜2022-04-10 Googleカレンダーに登録

小牧山城(愛知県小牧市)

「小牧山さくらまつり~小牧山園遊会~」開催

期間
2022-03-25〜2022-04-10 Googleカレンダーに登録

小田原城(神奈川県小田原市)

コレクション展「帰源院文書からみた戦国時代-小田原北条氏と鎌倉-」開催(9時半〜17時、神奈川県立歴史博物館、無料)

期間
2022-03-05〜2022-04-10 Googleカレンダーに登録

3月5日より4月10日まで、神奈川県立歴史博物館においてコレクション展「帰源院文書からみた戦国時代-小田原北条氏と鎌倉-」が開催されます。

津山城(岡山県津山市)

「つやま夢灯り庭園」開催(18時〜21時半、衆楽園、1000円)

期間
2022-02-25〜2022-04-10 Googleカレンダーに登録

現在、大名庭園「衆楽園」においてライトアップイベント「つやま夢灯り庭園」が開催中です。 当初は金土日祝のみでしたが、3月25日からは毎日開催となります。

掛川城(静岡県掛川市)

「掛川藩・横須賀藩 御用絵師と藩校教授 文化教養の原点」開催(9時〜17時、掛川市二の丸美術館、200円)

期間
2022-02-19〜2022-04-10 Googleカレンダーに登録

2月19日より4月10日まで、掛川市二の丸美術館において「掛川藩・横須賀藩 御用絵師と藩校教授 文化教養の原点」が開催されます。

名古屋城(愛知県名古屋市)

企画展「武家の備え」開催(9時〜16時半、西の丸御蔵城宝館、無料)

期間
2022-01-01〜2022-04-10 Googleカレンダーに登録

1月1日より、名古屋城内にある西の丸御蔵城宝館で企画展「武家の備え」が開催されます。

丸亀城(香川県丸亀市)

「丸亀城桜まつり」開催

期間
2022-04-01〜2022-04-14 Googleカレンダーに登録

平戸城(長崎県平戸市)

松浦史料博物館移動展「お殿様のもちもの展」開催(10時〜18時、佐世保市博物館島瀬美術センター、500円)

期間
2022-03-19〜2022-04-17 Googleカレンダーに登録

二条城(京都府京都市)

「二条城桜まつり2022」開催 ※夜間ライトアップは別料金(入替制)

期間
2022-03-18〜2022-04-17 Googleカレンダーに登録

丸岡城(福井県坂井市)

「丸岡城桜まつり」開催

期間
2022-03-26〜2022-04-20 Googleカレンダーに登録

3月26日から、毎年恒例の「丸岡城桜まつり」が開催されます。 期間中、毎日ライトアップやプロジェクションマッピングがおこなわれるほか、4月2日(土)、3日(日)の週末には城下市などのイベントも予定されています。

白石城(宮城県白石市)

「白石城桜まつり」開催(白石城本丸広場)※ライトアップは日没~21時まで

期間
2022-04-01〜2022-04-25 Googleカレンダーに登録

名古屋城(愛知県名古屋市)

「名古屋城春まつり2021-2022」開催

期間
2022-03-20〜2022-05-05 Googleカレンダーに登録

小田城(茨城県つくば市)

第43回特別展「八田知家と名門常陸小田氏―鎌倉殿御家人に始まる武家の歴史―」開催(9時〜17時、土浦市立博物館、105円)

期間
2022-03-19〜2022-05-08 Googleカレンダーに登録

3月19日より、土浦市立博物館において第43回特別展「八田知家と名門常陸小田氏―鎌倉殿御家人に始まる武家の歴史―」が開催されます。

大阪城(大阪府大阪市)

テーマ展「武将たちの風貌」開催(9時〜17時、大阪城天守閣、600円)

期間
2022-03-19〜2022-05-08 Googleカレンダーに登録

3月19日より、大阪城天守閣においてテーマ展「武将たちの風貌」が開催されます。

佐倉城(千葉県佐倉市)

企画展示「中世武士団-地域に生きた武家の領主-」開催(9時半〜17時、国立歴史民俗博物館、1000円)

期間
2022-03-15〜2022-05-08 Googleカレンダーに登録

3月15日より5月8日まで、国立歴史民俗博物館において企画展示「中世武士団-地域に生きた武家の領主-」が開催されます。

八代城(熊本県八代市)

令和3年度春季展「戦国最強の家老 ―細川家を支えた重臣松井家とその至宝―」開催(10時〜16時半、永青文庫、1000円)

期間
2022-03-12〜2022-05-08 Googleカレンダーに登録

3月12日より、永青文庫において令和3年度春季展「戦国最強の家老 ―細川家を支えた重臣松井家とその至宝―」が開催されます。

企画展「村の“さむらい”たち-刀を差した農民もいた-」開催(9時~17時、京都市歴史資料館、無料)

期間
2022-02-18〜2022-05-15 Googleカレンダーに登録

長浜城(滋賀県長浜市)

再オープン記念展「秀吉と長浜」開催(9時〜17時、長浜城歴史博物館、410円)

期間
2022-04-01〜2022-05-22 Googleカレンダーに登録

4月1日、耐震補強工事により長期休館となっていた長浜城歴史博物館が再オープンします。 再オープン記念展「秀吉と長浜」が開催され、翌2日には記念イベントも予定されています。

ミニ企画展「戦国のライバル-武田信玄と上杉謙信-」開催(10時〜17時、泰巖歴史美術館、1500円)

期間
2022-03-29〜2022-06-05 Googleカレンダーに登録

3月29日より6月5日まで、町田市にある泰巖歴史美術館においてミニ企画展「戦国のライバル-武田信玄と上杉謙信-」が開催されます。

特別展示「鎌倉時代の京都」開催(9時~17時、京都市考古資料館、無料)

期間
2022-02-11〜2022-06-19 Googleカレンダーに登録

現在、京都市考古資料館において令和3年度後期特別展示「鎌倉時代の京都」が開催中です。

丸岡城(福井県坂井市)

注目 「重ね捺し御城印スタンプラリー」開催

期間
2022-03-26〜 終了時期は未定

3月26日より、丸岡城周辺において攻城団とのコラボイベント「重ね捺し御城印スタンプラリー」が開催されます。ぜひ丸岡城まで来て、スタンプラリーに参加してください!

忍城(埼玉県行田市)

リアル謎解きゲーム「忍城に眠る謎」開催(9時半〜15時半、行田市郷土博物館ほか、600円)

期間
2022-04-01〜2023-03-31 Googleカレンダーに登録

4月1日より、行田市郷土博物館においてリアル謎解きゲーム「忍城に眠る謎」が開催されます。魔物にさらわれた城主・成田長親を甲斐姫とともに長親救出に向かうゲームにあなたも参加してみませんか。

日付やエリアで全国のイベントをチェック

«2022年04月»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
現在開催中のイベントをチェック

現在開催中

開催エリアからイベントをチェック
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

ナンバー2の日本史 (MdN新書)

ナンバー1になりたくてなれなかった人、あえてナンバー2を選んだ人、ナンバー1でありナンバー2でもある人…いろいろですが、何故かナンバー2の方が面白く感じてしまうのは私だけではないハズ。各時代の政治を廻していたのは多くはナンバー2だったことを考えれば、魅力ある人物が並ぶのは当然と言えば当然ですね。本当に大勢のナンバー2について書かれていて分厚いですが、本を読むのが若い頃に比べて格段に遅くなってきた私でもサクッと読めました。中でも朝倉宗滴(←スミマセン全く知りませんでした…)、とても興味深く読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る