紹介文

長岩城は宇都宮氏(城井氏)一族の豪族である野仲氏の居城として知られています。鎌倉時代から野仲氏によって支配されてきましたが、豊前国主となった黒田官兵衛の嫡男である長政によって攻められ落城し、廃城となりました。自然の要害を利用した難攻不落の城だったそうで、現在も石垣などの遺構が良好な状態で残っています。なかでも「銃眼のある石積櫓」は全国的にもたいへん珍しい貴重な遺構です。

長岩城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

長岩城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 専用Pあり。WCもきれいです。城域は広く谷川の左右に遺跡があります。進行方向右側の三ノ鬼戸~本丸側を中心に見学しました。谷川に戻り反対側(向かって左側)の石積櫓は見所の一つですが長いハシゴを登る必要があり、危険と判断して陣屋跡で引き返しました。足元は高低差のある自然石や土で歩きにくいので、手袋、靴、ストックなど準備をした方が良いと思います。地図付きのパンフは中津市役所耶馬支所でもらえます。(2020/03/04訪問)
  • 城址駐車場(33.4978482, 131.0490894)を利用して攻城。城址入口→本丸→西之台→陣屋→石積櫓→一度駐車場に戻り→板迫林道(33.4952038, 131.0555371)→弓形砲座入口(林道途中に案内板があり、終点まで行くと石積櫓の入口になります)→弓形砲座と目一杯楽しむ。山城好きなら絶対に行くべき素晴らしい城址。まだ見れていなところもあるので是非再訪したい。(2019/12/24訪問)
  • 中津駅から柿坂/守実温泉行きバスに乗り「津民入口」でコミュニティバス川原口線相の原行きに乗り換え「長岩城址登山口」下車。ただしコミュニティバスは月曜のみ運行。まず最初に弓型砲座へ向かうべく一つ手前の「中村」で下車し、ざっくり①弓型砲座(泣。挫折)②石積櫓(半泣)③本丸(ホッ)の順にまわりました。(2019/10/28訪問)
すべてを表示(7コメント)

長岩城について

長岩城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)530 m( 230 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主野仲重房
築城開始・完了年着工 1198年(建久9年)
廃城年1588年(天正16年)
主な改修者
主な城主
遺構石塁
指定文化財県史跡、市史跡
復元状況

更新日:2021/10/24 14:21:36

長岩城の観光情報

長岩城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 24時間
料金(入城料・見学料)
  • 無料
休み(休城日・休館日)
  • 年中無休
トイレ
  • あり(水洗トイレ)
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

長岩城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(24日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    7.11
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    6.96
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    12.25
  • 12時
    Clouds / broken clouds
    15.30
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    14.46
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    10.95
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    9.58
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    9.80

明日以降の天気(正午時点)

  • 25日
    Clouds / broken clouds
    17.02
  • 26日
    Clear / clear sky
    17.92
  • 27日
    Clouds / overcast clouds
    19.14
  • 28日
    Clear / clear sky
    18.05

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

長岩城の地図

長岩城へのアクセス

長岩城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR日豊本線・中津駅からバスに乗り「川原口」バス停下車
アクセス(クルマ)
  • 大分自動車道・玖珠IC → 県道28号線 → 国道212号線 → 県道2号線
駐車場
  • 地区公民館の駐車場が利用可能(約4台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    長岩城周辺の宿・ホテル

    10km圏内にはホテルが見つかりませんでした。より広範囲に検索するには「じゃらん」で検索してください。

    「じゃらん」でホテルを検索する

    長岩城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 中津城
      • 中津城
        • 平均評価:★★★★☆(--位)
        • 見学時間:59分(--位)
        • 攻城人数:890人(129位)
        • 城までの距離:約18km
      • 角牟礼城
      • 角牟礼城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間2分(--位)
        • 攻城人数:313人(266位)
        • 城までの距離:約23km
    • より多くの
      城を見る

    豊前の著名な城

    大分県の著名な城

    長岩城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    長岩城を本城にしている団員

    以下のみなさんが長岩城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    歴史を考えるヒント (新潮文庫)

    いわゆる「網野史学」の入門みたいな感じの一冊です。百姓=農民ではない、「日本」という言葉をいつから使うようになったのか、など「言葉」から中世の歴史を読み解いています。言葉が世の中に浸透していった背景などを紐解きつつ、定住農耕民族以外の「無縁」社会についての史学観にふれることが出来ます。(余談ですが、隆慶一郎さんの小説は、網野史学を大いに取り入れていますね)

    コースケさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る