紹介文

林城は信濃守護・小笠原氏が本拠とした城です。1550年(天文19年)に小笠原長時武田信玄に敗れて信濃を退去したのちは深志城が活用されたため、そのまま破却され廃城となりました。大嵩崎(おおつき)集落を挟んで南北に大城(金華山城)と小城(福山城)が相対して築かれましたが、近年の研究で小城は大城より新しい時代に築かれた可能性が指摘されています。林大城跡は現在「東城山公園」として整備されており、土塁や野面積の石積を見ることができます。また林小城跡にも土塁や石垣が残っています。さらに平時の居館として利用されたと考えられる大嵩崎集落には「小笠原氏城館」の案内板があります。

攻城団編集部

林城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

林城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 大城、小城ともに素晴らしい遺構が残ります。特に小城の石積は必見です。(2008/12/02)
  • 金華橋~林大城~大嵩崎~林小城~金華橋のルートで歩きました。小城へは (36.224124,138.004619)から登って (36.223302,137.998478)へ降りる予定でした。(どこかで道を間違えて登った所に戻ってしまいましたが・・・)(2019/08/24)
  • 狭い道路だが中心付近まで車で行けます(2019/08/07)
  • 大城→小城の順で攻城しました。 大城は案内に導かれるままに曲輪スペースに駐車し、小城は登城口看板前に路駐して攻城しました。(2019/05/18)
  • 林小城の登城。地区公民館での講座準備で登った。じっくり見ると時間がかかります。(2007/09/21)
  • 裏山なので、しょっちゅう登ります。ここで風に吹かれています。(2016/09/14)
  • 林小城は登城口(36.2235255, 137.9986084)付近路肩に路駐して攻城。登城路にあるデカイ竪堀眺めらがら登城。主郭部の石積み、主郭の土塁、縄張りはコンパクトだが技巧を感じる。大城は副郭まで車で登り散策。個人的には小城の方が好み。(2019/05/06)
  • 山の形状が異なるので配置は違いますが、大城・小城ともに連続する曲輪群が素晴らしいですね。実質的に2城分の攻城です。それにしても、どうして隣の山に築いたのでしょう?兵力が分散してしまうし、片方を攻撃されても、もう片方は城を出る訳にいかないと思うのです。(2019/04/20)
  • 整備作業を行いました。(2013/05/26)
  • 急用があり松本へ。時間があったので下準備なしに訪問。スマホで縄張り図を見ながら散策。書ききれないほど素晴らしく見事としか言いようのない山城。特に主郭の南東部を守る畝状竪堀群に心を奪われてしましましたw(2019/02/18)
すべてを表示(25コメント)

林城について

林城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)846 m( 220 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主小笠原清宗か
築城開始・完了年着工 1459年(長禄3年)頃
廃城年1550年(天文19年)
主な改修者
主な城主小笠原氏
遺構石垣、土塁、堀切、竪堀、空堀、虎口、土橋
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2019/10/16 04:09:57

林城の城メモ

林城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

林城の観光情報

林城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

林城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(16日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    5.95
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    6.27
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    13.34
  • 12時
    Clouds / few clouds
    18.30
  • 15時
    Clear / clear sky
    18.10
  • 18時
    Clouds / broken clouds
    10.63
  • 21時
    Clouds / scattered clouds
    8.39
  • 00時
    Clear / clear sky
    7.85

明日以降の天気(正午時点)

  • 17日
    Rain / light rain
    10.89
  • 18日
    Rain / light rain
    19.02
  • 19日
    Rain / moderate rain
    15.43
  • 20日
    Clouds / overcast clouds
    15.55

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

林城の地図

地図アプリで見る

長野県松本市入山辺

林城へのアクセス

林城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR篠ノ井線・松本駅(松本バスターミナル)からアルピコ交通バス(松本電鉄バス)入山辺線に乗り「上金井」バス停下車、登城口まで徒歩約10分
  • JR篠ノ井線・松本駅から徒歩60分
  • 松本駅にレンタサイクルあり(無料)
アクセス(クルマ)
  • 長野自動車道・松本ICから30分
駐車場
  • 東城山公園駐車場(林大城)
    • 公園駐車場までの道路は狭いため麓に停めるほうがいいかもしれません(山麓から歩いても約15分で登れます)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    林城周辺の宿・ホテル

      松本城・三の丸 松本丸の内ホテル

      城内に位置する唯一のホテル◆登録有形文化財のレストラン棟で優雅な朝食から一日が始まる。モダンな快適空間で贅沢なひとときを…松本市内の散策はもちろん、上高地や立山黒部アルペンルート観光の拠点に(評価:4.7、参考料金:6,000円〜)

      スーパーホテル松本 天然温泉 諏訪の湯

      市内へアクセス抜群!駐車場完備!★全プラン無料健康朝食付。ご当地料理有!天然温泉「諏訪の湯」(男女入替制)「小さな温泉、大きな効能!」ごゆっくりお寛ぎ下さい★(評価:4.3、参考料金:1,950円〜)

      信州松本 美ヶ原温泉 翔峰

      文化香るアルプスの城下町、松本。 雄大に広がるアルプスを背に広がる街並みを見下ろす美ヶ原温泉の高台に佇むホテル翔峰が新しい宿として生まれ変わりました。(評価:4.4、参考料金:7,700円〜)

      ホテルニューことぶき

      2室限定露天風呂付客室が人気★天然温泉大浴場はジェットバスとバイブラ付。大浴場の1つは畳とすのこ敷き。料理は四季折々の会席膳で好評。全客室Wi-Fi無料接続可。(評価:4.1、参考料金:3,850円〜)

      追分屋旅館

      リニューアルを重ね洗練された館内。モダンと伝統が融合した空間で、自慢の料理・7種類の個性溢れる温泉をお愉しみください。お料理のテーブルセッティングは毎年一新・2017年テーマ<芸術の町 松本>(評価:4.7、参考料金:8,800円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    林城の過去のイベント・ニュース

    林城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 松本城
      • 松本城
        • 平均評価:★★★★☆(3位)
        • 見学時間:1時間34分(19位)
        • 攻城人数:2765人(3位)
        • 城までの距離:約3km
      • 高島城
      • 高島城
        • 平均評価:★★★☆☆(182位)
        • 見学時間:49分(215位)
        • 攻城人数:1009人(65位)
        • 城までの距離:約22km
    • より多くの
      城を見る

    信濃の著名な城

    長野県の著名な城

    林城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    林城を本城にしている団員

    以下のみなさんが林城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版

    幕末から昭和にかけて、
    レンズにおさめられた貴重な城郭が
    惜しみなく掲載されている。
    廃城令や戦災で失われた城も多く、
    一般に発売されている資料としては
    超一級品だと思う。
    事前に見てから攻城すると、
    天守閣がなくなっていたり、
    遺構が少ない城跡でも、
    当時の情景が重ねられて、
    タイムスリップできた気分になれる。
    城好きには一家に一冊あって
    絶対損しない資料。

    玄之丞さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る