紹介文

三木城は別所長冶の居城として知られています。羽柴秀吉による兵糧攻め、いわゆる「三木合戦(三木の干殺し)」の舞台になったことでも有名な城です。小寺氏の御着城、三木氏の英賀城と並び播磨三大城と称されたほどの堅城でしたが、1年10ヶ月におよぶ籠城戦の末に敗れました。毎年5月5日には長冶を偲び、「別所公春まつり」が開催されています。現在は、本丸跡周辺が上の丸公園として残っており、公園内には長治の騎馬像や城外への抜け穴があったと伝えられる「かんかん井戸」があります。なお、近年の調査で羽柴秀吉が築いた付城群や土塁が見つかっています。また、近隣には三木城攻防戦の最中に陣中で没した竹中半兵衛の墓があります。

攻城団編集部

三木城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

三木城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 車のナビに三木市立みき歴史資料館と入れると、二の丸の無料駐車場に到着しました。歴史資料館を見学後、堀切のような道路を挟んだ北側の本丸跡に向かいましたが、こちらも天守台跡、別所長治公騎馬像、抜け穴とされるかんかん井戸、金物資料館、金物神社、稲荷神社や数多くの案内板と見どころ満載。干殺しならぬ満腹になり……(2019/11/24)
  • 「言い伝えでは、高台にある本丸のかんかん井戸の底と城下を流れる美嚢川は繋がっていて、毛利軍の運ぶ食糧は届いていたけど、秀吉に見つかって以降、干殺しに。」地元の方に教えていただきました。(2019/11/18)
  • 掃除中のおじいさんが超歴史に詳しいボランティアガイドさんでした。(2019/11/04)
  • 攻城前に、二ノ丸跡にある歴史資料館へ立ち寄ることをお勧めします。三木城攻城戦の模型が展示されており、城や周辺の付城跡、土塁跡等の位置関係がわかります。その上入場無料で、駐車場も無料です。(2019/10/14)
  • 近くには金物の博物館や歴史博物館、美術館が有ります。駐車場もそこにあります。
  • 個人的にはこういうストーリー性のあるお城にはすごく惹かれます。(2019/09/21)
  • 去年まで本丸跡にあった合戦絵巻風の巨大案内板が無くなり新しい本丸碑が跡地に建っていました。平成31年と刻まれていましたので平成最後の城址碑かもしれませんね。(2019/09/08)
  • 神鉄、三木上の丸駅前にある三木合戦の地という大きな看板のあたりから、もうかっての城跡敷地だった。別所長治公の歌碑や、かんかん井戸がある程度で往時をしのぶ物は多くは残されていませんが、二の丸跡に建てられている歴史資料館や金物資料館に合わせて見学されることをお勧めしたい。その後は秀吉本陣跡や竹中半兵衛の……(2019/07/04)
  • レンタカーで回りましたが、町中にあって探しやすかった。(2019/05/26)
  • 二の丸がすでに高台にあるのにそこから本丸までかなりの高低差。力攻めをあきらめるのも当然かと思う。 しかし、浅井もそうですけど、守旧派に押し切られた結果、若き当主が腹を切り、一族は滅ぶ・・・戦国の世の理か。(2019/05/26)
すべてを表示(53コメント)

三木城について

三木城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成群郭式
縄張形態平山城丘城
標高(比高)58.3 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守メモ天守台はあるが、天守があったかは不明。
築城主別所則治
築城開始・完了年着工 1492年(長享2年)前後
廃城年1615年(元和元年)
主な改修者前野長康、中川秀政
主な城主別所氏、豊臣秀吉配下武将
遺構曲輪、土塁、空堀、井戸、天守台等
指定文化財
復元状況模擬城壁

更新日:2020/01/19 02:16:03

三木城の観光情報

三木城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間

見学自由

料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)

年中無休

トイレ

なし

コインロッカー

なし

写真撮影

バリアフリー

三木城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(19日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    1.14
  • 06時
    Clear / clear sky
    0.46
  • 09時
    Clear / clear sky
    4.51
  • 12時
    Clouds / broken clouds
    7.49
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    8.00
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    5.59
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    5.96
  • 00時
    Clear / clear sky
    3.22

明日以降の天気(正午時点)

  • 20日
    Clouds / overcast clouds
    7.69
  • 21日
    Clouds / broken clouds
    5.62
  • 22日
    Clouds / broken clouds
    8.39
  • 23日
    Rain / light rain
    8.29

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

三木城の地図

地図アプリで見る

兵庫県三木市上の丸町

三木城へのアクセス

三木城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 神戸電鉄粟生線・三木上の丸駅から徒歩約3分
アクセス(クルマ)
  • 山陽自動車道・三木小野IC→国道175号→兵庫県道20号
駐車場

上の丸公園駐車場:無料(10台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    三木城周辺の宿・ホテル

      アーバンホテル三木

      兵庫県三木市内唯一のビジネスホテルとして、『アーバンホテル三木』が2016年12月にグランド―オープンいたしました。全室Wi-Fi完備でビジネスの拠点に最適!周辺にゴルフ場も多数!(評価:4.3、参考料金:6,700円〜)

      NESTA RESORT KOBE(ネスタリゾート神戸)

      ここは、日本初の大自然の冒険テーマパーク。 1Dayパスで楽しめる30以上のアクティビティをはじめ、話題のグランピングや大自然に囲まれた天然温泉など、全部で60以上もの施設が勢ぞろい。(評価:4.3、参考料金:4,730円〜)

      ネスタリゾート神戸 GLAMP BBQ PARK

      神戸・三ノ宮から車で約40分。三木の自然に抱かれて、BBQ&キャンプ――『グランピング』を満喫!温泉・スカイジャングルなどアクティビティも続々OPEN♪(評価:3.6、参考料金:6,900円〜)

      ホテルルートイン小野

      バイキング朝食[無料]◆大浴場完備[無料]◆駐車場完備[無料]◆大型ランドリー完備◆全客室 加湿機能付き空気清浄機 完備(評価:4.3、参考料金:4,800円〜)

      神戸 西神オリエンタルホテル

      西神のシンボリックホテル★【シングルで22平米~】の贅沢お部屋。瀬戸内海側からは明石海峡大橋も一望できる部屋もあり、神戸・淡路・明石への拠点にオススメ!2015年9月バスルーム改装!(評価:4.2、参考料金:3,510円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    三木城の過去のイベント・ニュース

    三木城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 明石城
      • 明石城
        • 平均評価:★★★★☆(93位)
        • 見学時間:1時間12分(81位)
        • 攻城人数:1491人(30位)
        • 城までの距離:約16km
      • 姫路城
      • 姫路城
        • 平均評価:★★★★☆(2位)
        • 見学時間:2時間12分(2位)
        • 攻城人数:3326人(1位)
        • 城までの距離:約27km
    • より多くの
      城を見る

    播磨の著名な城

    兵庫県の著名な城

    三木城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    三木城を本城にしている団員

    以下のみなさんが三木城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    悪党の裔〈上〉 (中公文庫)

    治安の悪化に伴い悪党が現れ始めた鎌倉末期。
    主人公・赤松円心の播磨を中心に畿内全体へと展開していく物語です。
    天下を決するような戦はできないが、せめて自分の存在で重要な戦の行方を左右したい。そんなことを考えながら、暴れるべき時は暴れ、耐えるべき時は耐えた。
    倒幕の流れを汲んだ足利尊氏に加担し、九州に落ちた尊氏を追討する新田の行軍を引き付けに引き付けます。
    絶対に落ちない城、白旗城の築城のシーンが描いかれており、白旗城の名前の由来がこの小説を読んでわかりました。
    『悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 』、『残月―竹田城最後の城主、赤松広英』をあわせ、播磨赤松三部作と言えると思います。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る