三木城
三木城

[兵庫県][播磨] 兵庫県三木市上の丸町


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.02(--位)
  • 見学時間:43分(--位)
  • 攻城人数:366(236位)

別所長治の石像

三木城址上の丸公園には別所長治の石像があります。

近くで見るとかなり迫力がありますね。

ライオンズクラブが寄贈したものだそうです。

別所長治公石像について

 戦国時代、三木城を居城として東播磨地方を領有した戦国大名別所氏の五代目当主、四代目安治の嫡男で小三郎長治という。安治が39歳の若さで病死したため、13歳で当主となる。当時、天下統一を目指していた織田信長と同盟関係にあったが、のちに中国地方の戦国大名毛利氏に味方したため、信長は家臣の羽柴秀吉に命じて三木城を攻めた。秀吉は、ほぼ2年間にわたり三木城を包囲し兵糧攻めにしたことから、三木合戦といわれるこの戦いは"三木の干殺し"とも呼ばれている。長治は、飢えに苦しむ家臣・領民の命を救うことを条件に自害することを秀吉に申し入れ、天正8年(1580)1月17日、一族とともに自害した。享年23歳といわれている。

 この石像は、三木ライオンズクラブが結成40週年を記念して、長治公の武者姿をイメージして製作され、市が寄贈を受けたもので、史実に基づいた姿ではありません。

三木市
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

三木城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

教科書には書かれていない江戸時代

「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る