紹介文

八木城は丹波守護細川氏の守護代をつとめた内藤氏の居城です。黒井城、八上城とならぶ丹波国三大城郭のひとつで、キリシタンとして知られる内藤ジョアン(内藤如安)ゆかりの城としても有名です。1579年(天正7年)に織田信長に丹波攻略を命じられた明智光秀が落城させています。その後も光秀により改修され、亀山城(亀岡城)を築城して以降はその支城として存続しました。北麓にある東雲寺が八木城主の居館跡と伝えられています。

八木城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなのクチコミ

八木城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 八木駅から登城口まで徒歩で15分強で到着。下城は西周りで龍興寺さん側に下城。登りはつづら折れですが、西側はロープが張られている急な下り坂が続きます。軍手があったほうが良いです。(2024/04/13訪問)
  • 登城口(位置情報)より登城。 9合目を過ぎて登山道を2回曲がったあたりが石垣の見えるポイント(位置情報)です。(2020/11/22訪問)
  • 大河ドラマの影響で整備がやり直されていて今が見頃だとおもいます。各尾根の曲輪を巡るためには急斜面や岩場があるので準備は怠らないでください。(2020/03/02訪問)
  • 登山口のポストに感想文を入れると、八木城に関する漫画冊子が郵送されます。無料にしては充実した内容のものでした。(2022/10訪問)
  • 東回りコースはつづら折れの緩やかな道で、本丸まで迷う事なく進む事が出来ましたが、西回りコースは距離も長く、ロープが張られた直登の険しい道もありました。本丸周辺に現存する石垣を見学する際は足元注意して下さい。眺望は本丸跡からも申し分ありませんが、光秀勝どき岩からの眺めも絶景です。(2023/12/14訪問)
  • 八木春日神社に駐車、ここから少し行くと登城口があり、約30分で本丸に着きました。本丸からの眺望、石垣は素晴らしいです。(2023/09/14訪問)
  • 春日神社に駐車して東回りルートで登城しました。本丸からの眺望は素晴らしいです。少し離れたところにある光秀勝どき岩からぜひ叫んで下さい。結構きつい登りで往復45分でした。(2023/05/01訪問)
  • 八木駅から徒歩15分程度で登山口へ到着。そこから八木城本丸頂上まで東周りで40分程度かかるが、自分は30分で攻城。1合から9合まで表記あり、番号順に攻城。 本丸まで来たら、蜂の巣が近くにあったみたいで、大型の蜂に威嚇され、すぐ下山。気候がいい時期の天気が良い本丸は注意が必要です。(2023/05/01訪問)
すべてを表示(24コメント)

八木城について

八木城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

梯郭式

縄張形態

山城

標高(比高)

344 m( 220 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

天守メモ

詳細は不明だが、天守台の祖形が確認されている

築城主

内藤入道

築城開始・完了年

着工 室町時代

廃城年

 

主な改修者

明智光秀

主な城主

内藤氏、松永長頼、内藤ジョアン

遺構

本丸、石垣等多数

指定文化財

復元状況

八木城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態山城
標高(比高)344 m( 220 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守メモ詳細は不明だが、天守台の祖形が確認されている
築城主内藤入道
築城開始・完了年着工 室町時代
廃城年
主な改修者明智光秀
主な城主内藤氏、松永長頼、内藤ジョアン
遺構本丸、石垣等多数
指定文化財
復元状況

更新日:2024/05/22 03:30:49

八木城の観光情報

八木城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

八木城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

八木城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(22日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    9.45
  • 06時
    Clouds / scattered clouds
    11.08
  • 09時
    Clouds / broken clouds
    19.58
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    24.40
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    22.88
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    19.02
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    15.57
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    14.57

明日以降の天気(正午時点)

  • 23日
    Clouds / overcast clouds
    22.66
  • 24日
    Clouds / overcast clouds
    25.56
  • 25日
    Clear / clear sky
    20.36
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    23.33

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

八木城の地図

八木城へのアクセス

八木城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR嵯峨野線・八木駅から徒歩15分(ただし麓の春日神社から山頂まではさらに35分)

アクセス(クルマ)

  • 京都縦貫自動車道・八木東ICから15分

駐車場

なし(登山口近くに駐車可能)

八木城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR嵯峨野線・八木駅から徒歩15分(ただし麓の春日神社から山頂まではさらに35分)
アクセス(クルマ)
  • 京都縦貫自動車道・八木東ICから15分
駐車場

なし(登山口近くに駐車可能)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    八木城周辺のスポット

    八木城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      おもてなしの宿 渓山閣

      その季節に最も深まる味わいを、最も美味しいひと皿に。山海の味覚、彩りを吟味した旬菜と佳肴とで一期一会のおもてなしを。旅の疲れを解き放つ寛ぎと癒しの空間で癒しのひとときをお過ごしください。(評価:3.9、参考料金:12,100円〜)

      サンロイヤルホテル 亀岡駅前

      施設内に2種類のサウナと岩盤浴や露天風呂、そしてリラクゼーションルームには1,000冊のコミック本を取り揃えております。またパノラマビューを望む朝食レストランでは無料で朝食をご用意しています。(評価:4.5、参考料金:4,400円〜)

      京都 湯の花温泉 すみや亀峰菴

      丹波の自然を想わせる佇まい、ゆっくりと安らげる空間。山桜、新緑、紅葉、季節の移ろいを身近に感じて浸る露天風呂は女性は樹齢千年の桜の木を湯舟に、男性は桜の木を枕にジェットバスで癒しの一刻を。(評価:4.9、参考料金:29,700円〜)

      京 YUNOHANA RESORT 翠泉

      ゆったりとした空間に、大人の休息にふさわしいふくよかな時が流れます。熟練の技で仕上げた繊細で美しいお料理とともに、思い思いの寛ぎの時間をご堪能下さいませ。(評価:4.9、参考料金:38,000円〜)

      湯の花温泉 松園荘 保津川亭 (しょうえんそう ほづがわてい)

      京丹波の秋の味覚、「松茸」お肉と松茸のマリアージュを楽しむすき焼きをはじめ多彩な松茸料理が楽しめる♪紅葉シーズンには、保津川下りやトロッコ列車に乗車し、唯一無二の景色をお楽しみ下さい。(評価:3.7、参考料金:6,600円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    八木城の過去のイベント・ニュース

    八木城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 聚楽第
      • 聚楽第
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:27分(--位)
        • 攻城人数:833人(184位)
        • 城までの距離:約20km
      • 芥川城(山城)
      • 芥川城(山城)
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間12分(--位)
        • 攻城人数:895人(175位)
        • 城までの距離:約20km
    • より多くの
      城を見る

    丹波の著名な城

    京都府の著名な城

    八木城といっしょに旅行するのにオススメの城

    八木城を本城にしている団員

    以下のみなさんが八木城を本城として登録しています。

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    塞王の楯

    一乗谷の戦いから関ヶ原の戦いまで、強固な石垣を組み、城を守ろうとする石垣職人集団・穴太衆。強力が故に決して使われない砲をつくろうとする鉄砲職人集団・国友衆。己の信念を貫き、それぞれの技術の競いあう様を描いた歴史小説です。
    石垣から当時の歴史が見えてくる、そんなことを考えさせてくれる一冊であると思いました。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る