紹介文

須知城はこの地の有力国人、須知氏の居城です。1579年(天正7年)、織田信長の命を受けた明智光秀による丹波侵攻では、当初は織田方として参戦しますが、途中で離反したために光秀の軍勢に攻められ落城し、須知氏は滅亡しました。その後は明智氏の丹波支配の拠点として利用されました。現在城址には石垣や堀切などの遺構が良好に保存されています。山麓の玉雲寺は須知出羽守慶吉が開山した寺で、落城の際に兵火で焼失したものを光秀が再興しました。また付近にある名勝「琴滝」も観光スポットとして有名です。

須知城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなのクチコミ

須知城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • アクセス:京都縦貫道丹波IC出てすぐR9号線との交差部に玉雲寺に至る分岐があります。玉雲寺手前に須知城明石登城口の案内板がありますがとっとも小さいので見落とします。無地の橙色の幟を目印にしてください。(2024/04/12訪問)
  • 明石口→琴滝口ルートで攻城しました。明石側の方が直登気味で落葉も多く、城域手前は砂礫と滑りやすい印象でした。また、琴滝側に主郭の高石垣が築かれているので、琴滝口から登る方が感動は大きいと思います。(2024/03/03訪問)
  • 城山の西麓の明石登山口より。案内標識とピンクテープを辿り約30分で城址です。下りは琴滝登山口まで15分でした。トレッキングシューズとポールは用意したほうが良いです。明智光秀改修の高石垣が見所です。(2022/11/27訪問)
  • かなり急斜面ですが、城は東西に幾重にも郭が広がり西の郭にはかなり石垣が残っていて、琴滝の方から登ると主郭に残る高石垣はすごかったです。主郭から京都縦貫道の丹波インターが眺められます。(2022/04/05訪問)
  • 琴滝の駐車場にとめて、琴滝経由で城跡に登り、明石方面へ縦走しました。明石からは玉雲寺近くを経由して戻れます。(2021/11/19訪問)
  • 琴滝からは、ピンクのリボンを目印に攻城すると道に迷いません。(2021/09/19訪問)
  • 尾根道から登り、滝側に下りました(2020/10/07訪問)
  • 大河ドラマの影響で整備がやりなおされていました。玉雲寺駐車場から明石側の登城口から攻城。琴滝側から下山しました。縄張は単純ですが石垣が非常に立派。明石側からのコースは距離が長く、尾根道と言ってもそれなりにきついです。一方、琴滝側は道が判然とせず急傾斜の谷底をひたすら直登で地面はぬかるんでいます。(2020/03/02訪問)
すべてを表示(11コメント)

須知城について

須知城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

連郭式

縄張形態

山城

標高(比高)

384 m( 185 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

須知景光

築城開始・完了年

着工 南北朝時代

廃城年

 

主な改修者

明智光秀

主な城主

須知氏、明智氏

遺構

曲輪、石垣、土塁、竪堀、堀切

指定文化財

町史跡

復元状況

須知城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)384 m( 185 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主須知景光
築城開始・完了年着工 南北朝時代
廃城年
主な改修者明智光秀
主な城主須知氏、明智氏
遺構曲輪、石垣、土塁、竪堀、堀切
指定文化財町史跡
復元状況

登録日:2021/03/16 01:24:58

更新日:2024/06/22 03:45:44

須知城の観光情報

須知城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

須知城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

須知城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(22日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    18.84
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    18.39
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    24.34
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    27.13
  • 15時
    Rain / light rain
    22.03
  • 18時
    Rain / moderate rain
    20.42
  • 21時
    Rain / moderate rain
    20.43
  • 00時
    Rain / light rain
    21.40

明日以降の天気(正午時点)

  • 23日
    Rain / heavy intensity rain
    23.05
  • 24日
    Rain / light rain
    27.44
  • 25日
    Rain / light rain
    20.57
  • 26日
    Clouds / broken clouds
    26.19

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

須知城の地図

須知城へのアクセス

須知城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR山陰本線・園部駅から西日本JRバスに乗り「琴滝道」バス停下車、徒歩約24分

アクセス(クルマ)

  • 京都縦貫自動車道・丹波ICから4分

駐車場

玉雲寺駐車場(無料)

須知城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR山陰本線・園部駅から西日本JRバスに乗り「琴滝道」バス停下車、徒歩約24分
アクセス(クルマ)
  • 京都縦貫自動車道・丹波ICから4分
駐車場

玉雲寺駐車場(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    須知城周辺のスポット

    須知城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      フェアフィールド・バイ・マリオット・京都京丹波

      丹波栗や丹波黒豆、鮎料理やボタン鍋など、四季を通してさまざまな味を楽しめる食の宝庫、京丹波に立地。日本のふるさとを感じる里山風景を感じながら、奥深い魅力を探訪しよう。(評価:4.9、参考料金:6,292円〜)

      ヴィラアシタニ

      京阪神から1時間。京都の隠れ里南丹に2021年誕生した一棟貸の洋館ヴィラアシタニ。里山の心地よい自然に囲まれた特別な宿。焚き火にBBQ、大切な家族のアニバーサリーに。wifi完備、お子様連れ歓迎。(評価:不明、参考料金:19,166円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    須知城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 篠山城
      • 篠山城
        • 平均評価:★★★★☆(57位)
        • 見学時間:1時間7分(56位)
        • 攻城人数:2216人(60位)
        • 城までの距離:約21km
      • 聚楽第
      • 聚楽第
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:26分(--位)
        • 攻城人数:839人(185位)
        • 城までの距離:約30km
    • より多くの
      城を見る

    丹波の著名な城

    京都府の著名な城

    須知城といっしょに旅行するのにオススメの城

    須知城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    最後の決断

    戊辰戦争における越後といえば、新政府軍VS長岡藩と思いがちですが、この本では高田・長岡・新発田・村上諸藩の決断を取り上げられています。その決断がどのタイミングで行われ、結果どうなったのか、一気に読んでしまいました。

    まーPさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る