紹介文

麦島城は小西行長の命により家臣の小西末郷によって築かれた城です。当時、麦島城の北側は大きな入江となっており、ここに豊臣秀吉の直轄港であった徳淵津が設けられ、南蛮貿易の拠点として機能したと考えられています。「関ケ原の戦い」後に加藤清正がこの地を与えられると、家臣の加藤正方が城代となり、改修を行いましたが、1619年(元和5年)に起きた大地震によって倒壊しています。その後、新しく八代城を築くことになります。当時の遺構はすべて地下に埋め立てられているため見ることはできませんが、シルバー人材センター建設に伴う調査で見つかった二の丸石垣の合坂部分が八代市シルバーワークプラザ古城館の1階ロビーに展示されています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
麦島城は「築城名人・加藤清正」「金箔瓦」のバッジに登録されています。

  • 築城名人・加藤清正
  • 金箔瓦

麦島城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

麦島城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 八代殉教者記念公園の駐車場を利用。 車で訪れる際は、堤防側の方から来ることをオススメします(道路の麦島線側から行こうとすると道が分かりづらい上に道が狭いため)。(2020/03/24訪問)
  • 麦島コミュニティセンターに お城のパンフレットがありました(2020/02/23訪問)
  • 八代城から車で5分。分かりずらいとの事で、新機能のYahoo!カーナビで一発でした。(2020/01/28訪問)
  • 住宅街にある少し荒れた空き地。もう少しは手入れをして欲しいですね。(2019/07/21訪問)
  • 八代3城巡りの2番目に攻城。 天守台跡とされる丘状の場所に案内板とお城の標柱がありました。 城域は住宅地と道路になっていてお城の痕跡を見つける事はできませんでした。(2019/03/24訪問)
  • 八代城より歩いて訪問、所要時間約20分ほど。シルバー人材センターでは二の丸跡の説明板と当時の石垣を見ることができます。麦島コミュニティセンターでは、出土した瓦などの展示を見ることができます。(2019/03/13訪問)
  • 案内板が無ければ、素通りしそうな場所でした。(2019/02/09訪問)
  • 八代城よりレンタカーで、カーナビをたよりに麦島城を探す。通り沿いに発見し見学した。 住宅地の間に埋もれる様に城跡がありました。保存して頂けているだけで感謝・・・。(2018/12/08訪問)
  • ごろごろと転がっている石は城のもの?案内板、柱や地図板などありますが整備はされていなく草むらになっていました。シルバーワークプラザ行きたかったな…。(2018/09/16訪問)
  • 天守台のあたりは少し高くなっており、石垣に使用されていたと思われる石が転がってました。(2018/09/12訪問)
すべてを表示(29コメント)

麦島城について

麦島城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成輪郭式
縄張形態平城
標高(比高)3.6 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式連立式望楼型
天守の階数
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1588年(天正16年)頃に小西行長によって築かれたとされる天守は、1619年(元和5年)に起きた地震により倒壊。
築城主小西行長
築城開始・完了年着工 1588年(天正16年)
廃城年1619年(元和5年)
主な改修者
主な城主加藤氏
遺構
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2020/10/30 03:49:24

麦島城の城メモ

麦島城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

麦島城の観光情報

麦島城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

麦島城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(30日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    16.55
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    15.84
  • 09時
    Clouds / broken clouds
    17.79
  • 12時
    Clear / clear sky
    20.01
  • 15時
    Clear / clear sky
    20.50
  • 18時
    Clear / clear sky
    16.95
  • 21時
    Clear / clear sky
    15.49
  • 00時
    Clear / clear sky
    14.24

明日以降の天気(正午時点)

  • 31日
    Clear / clear sky
    18.52
  • 01日
    Clouds / scattered clouds
    21.52
  • 02日
    Rain / light rain
    18.38
  • 03日
    Clouds / scattered clouds
    17.95

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

麦島城の地図

麦島城へのアクセス

麦島城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR鹿児島本線・八代駅からバスに乗り「迎町」バス停下車
アクセス(クルマ)
  • 九州自動車道・八代IC → 国道3号線 → 市道
駐車場

なし

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    麦島城周辺の宿・ホテル

      ホテル・アルファ-ワン八代

      全室インターネット接続無料・冷蔵庫・ウォシュレットトイレ・ズボンプレッサー完備。ホテル・アルファ-ワンで心を癒すひと時をお過ごし下さいませ。(評価:3.9、参考料金:4,100円〜)

      セレクトロイヤル八代

      新型コロナウイルス感染拡大防止のため、朝食は定食にてご提供中。感染拡大防止のため、各種対策を行っております。ビジネス・カップル・ファミリーにお得なプランをご準備しております。(評価:3.8、参考料金:4,000円〜)

      ホテルルートイン八代

      駐車場、市内最大収容数90台無料。朝食和洋バイキングサービス。熊本空港~ホテル前リンムジンバス停留所有り(有料)八代駅まで車で約10分、新八代駅まで車で約13分。(評価:3.6、参考料金:4,725円〜)

      ホテルウィングインターナショナル熊本八代

      2014.4リニューアル無料駐車場最大80台可能・大型要予約男女入替制大浴場朝夕の2食付き対応可長期滞在歓迎交通系IC・電子マネー対応全館Wi-Fi完備(評価:4.1、参考料金:2,700円〜)

      スーパーホテル熊本・八代「妙見の湯」(2020/6/6OPEN)

      天然温泉「妙見の湯」は熊本の「城の湯温泉」が源泉♪朝食は有機JAS認定野菜や焼き立てパン、ご当地メニューをご用意!八代ICより車で約10分、新八代駅より車で約9分♪コンビニまでは徒歩4分です♪(評価:4.7、参考料金:2,740円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    麦島城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 八代城
      • 八代城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:58分(--位)
        • 攻城人数:351人(231位)
        • 城までの距離:約1km
      • 原城
      • 原城
        • 平均評価:★★★★☆(--位)
        • 見学時間:1時間13分(--位)
        • 攻城人数:402人(203位)
        • 城までの距離:約35km
    • より多くの
      城を見る

    肥後の著名な城

    熊本県の著名な城

    麦島城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    麦島城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    【新装版】 戦国武将100 家紋・旗・馬印FILE

    戦国武将100人の家紋・旗・馬印がオールカラーで掲載されています。
    家紋は定紋の他に裏紋も掲載され、由来なども書かれているので勉強になりました。
    陣旗・馬印はサイズ感が分かるように人物とともに描かれています。武将により個性あるデザインが面白く、これらの旗がひるがえっていた合戦場を想像するのは楽しいです。合戦絵図を見る際の資料としても参考になります。

    伝もものふ山田(ヤマー)さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る