攻城団からのお知らせ

攻城団の各種お知らせ用のブログです。毎月のレポートや新機能のご紹介など、スタッフからのサイトに関するご連絡はここに書いていきます。

「青森県三名城」のバッジを公開しました

【都道府県バッジ】第33弾となる「青森県三名城」を公開しました。

青森県の場合、弘前城は確定で、あとのふたつをどう選ぶかが注目でした。
畿内周辺と比べると知名度こそ低いものの、南部氏や浪岡北畠氏、そして江戸時代に弘前藩主をつとめた津軽氏と、歴史をたどると興味深いお城がたくさんあります。
その中で「初心者でも楽しめそう」という基準で団員のみなさんに選んでいただいた結果、青森県を代表するお城として選ばれたのは以下の3城です。

弘前城以外の2城は「日本100名城」の根城、「続日本100名城」の浪岡城が選ばれています。
前回の香川県もそうですが、登録城数の少ない県の傾向として「日本100名城」と「続日本100名城」の3城が順当に選ばれるのはしょうがないですね。
(同時にもっと多様な楽しみ方をすべての都道府県を対象に提案していくことが攻城団の今後の課題だなと認識しています)

1位の弘前城は52票でこれは投票者全員が推薦する満票でした。2位の根城も8割の得票数で43票、3位の浪岡城も6割の32票でした。
現存天守の弘前城は別格ですが、根城と浪岡城も国の史跡に指定されるなど城址の整備もしっかりされているので妥当な結果だと思います。

ちなみに4位が堀越城で12票、5位が三戸城で6票となっています。
堀越城は2015年(平成27年)に城址が整備されているし、三戸城も南部晴政が築いたというエピソードや模擬天守(歴史民俗資料館)があることを踏まえると、いずれも三名城に選ばれていても不思議じゃなかったと思います。

ほかにも種里城聖寿寺館など、南部氏ゆかりのお城として御城印をつくってPRされているところもあるので、遺構メインだけでなく、大名家のエピソードや御城印といったいろんなテーマで訪問できるのが青森県の特徴ですね。

現在は和歌山県の三名城を募集中ですので、ぜひみなさん投票にご参加ください!

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

攻城団レポート(2021年11月)

  • お知らせ

毎月恒例の月次レポートを公開します。緊急事態宣言が解除になって10月はV字回復したと先月報告しましたが、その勢いのまま11月も順調に回復傾向にあります。コロナが落ち着いているうちにぜひ旅行に出かけましょう。季節的に紅葉とお城は春の桜に負けないくらいフォトジェニックですし、お城と温泉もいいですね。

つづきを読む

「島根県三名城」のバッジを公開しました

  • お知らせ

みなさんの投票を参考に【都道府県バッジ】シリーズの第41弾として「島根県三名城」のバッジを公開しました。

つづきを読む

「さくらの名城めぐり」バッジの対象城を追加しました

  • お知らせ

公開中のバッジ「さくらの名城めぐり」に5つのお城を追加しました。

つづきを読む

新連載「10大戦国大名の実力」がはじまります

  • お知らせ

榎本先生の連載「10大戦国大名の実力」がはじまります。伊達家、佐竹家、上杉家、北条家、武田家、織田家、斎藤家、毛利家、長宗我部家、島津家――と戦国大名としてよく知られた「家」に注目して、なぜその家が生き残れたのか、成功と失敗の分岐点はどこにあったのかといったことを読み解いていきます。

つづきを読む

攻城団レポート(2021年10月)

  • 月次レポート

毎月恒例の月次レポートを公開します。予想通りではあるのですが、緊急事態宣言解除のおかげで10月は見事にV字回復しました。あらためて攻城団はお城に出かける方々がアクセスしてくださっているんだなと実感できました。これからも現地を訪問する人にとって便利なサービスに育てていきますので引き続きよろしくお願いいたします。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る