紹介文

桑折西山城は伊達稙宗晴宗父子による「天文の乱」の際に、晴宗が稙宗を幽閉した城として知られています。もともとは源頼朝に従って奥州合戦に参加した伊達朝宗によって築かれた赤館を改修して築かれたと伝わっています。「天文の乱」はその後、室町将軍・足利義輝による仲裁で和睦が成立し、稙宗は家督を晴宗に譲り丸山城を築いて隠居し、晴宗は米沢へ移ったため廃城となりました。江戸時代には福島藩主・本多忠国が福島城が手狭になったことからこの地に築城を計画しましたが、姫路に国替えとなったため中止されました。現在城趾では石積土塁などの遺構を確認することができます。

攻城団編集部

桑折西山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

桑折西山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 桑折西山城復元祭で千田先生と飯村先生の講演会を聞きに行くと、立派なマップ付きの資料がもらえました。本丸と二ノ丸は大分整備されていますが、中館と西館はまだこれからという感じです。マップを見ながら散策するも、西館の枡形状虎口までは辿りつけませんでした。(2019/09/14)
  • 今回は桑折西山城復元祭のイベントのため再訪しました。うぶかの郷からのルートを徒歩で初めて通りました。歩くならこちらのほうが安全ですね。千田、飯村両先生の講演会(トークショー?(笑))楽しかったです。(2019/09/14)
  • 本丸まで道路はありますが、未舗装で細く急勾配です。大きな車や車高の低い車はキツイですのでお気をつけを。(2019/08/07)
  • 「うぶかの郷」の駐車場を利用しました。(37.85825, 140.50771) うぶかの郷から徒歩15分程で本丸付近まで行けました。 本丸には「竹に雀」と「竪三つ引両」の幟が立っていました。パンフレットも常設され、案内板も多く散策しやすかったです。(2019/07/23)
  • 麓に駐車スペースがなくそのまま未舗装の道を登り、砲台跡の曲輪に駐車して本丸、中館、西館と巡りました。麓から砲台跡(大手門付近)、砲台跡から本丸、本丸から中館とそれほど高低差はなく車が通れる幅の道がついているのでスムーズに巡れます。(本丸は整備したてで新しい案内板が設置されていましたが、中館、西館はま……(2019/05/16)
  • なんという爽快感。見晴らしが良く、まるで牧場のようです。登城口から歩くこと10分足らずで大手門跡に到着。右手の本丸付近は主殿跡等がとてもよく整備され案内板も充実、左手はまだ整備中のようですが、土塁や空堀が遺っています。(2019/05/06)
  • 2019城の日に攻城 桑折駅から徒歩で35分くらいで本丸到着 例の石垣は後世の畑の物とか?(2019/04/06)
  • 本丸跡に設置されたポストに散策マップが入ってました。(2019/02/24)
  • 車で本丸近くまで行きました 城域が広く、石垣やいくつもの郭、掘りや高い切り岸と見応えがありました(2016/10/06)
  • 只今、絶賛整備中!でした。けれども、アスファルト敷きにしたり、コンクリート?の石段が出来ています。それって、本当に整備なんでしょうか?もう少しやりようがあるのでは?がっかりでした。(2018/12/01)
すべてを表示(18コメント)

桑折西山城について

桑折西山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)215 m( 100 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主伊達稙宗
築城開始・完了年着工 1532年(天文元年)
廃城年1548年(天文17年)頃
主な改修者
主な城主伊達氏
遺構曲輪、土塁、空堀、石垣
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2019/09/19 12:35:28

桑折西山城の城メモ

桑折西山城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

桑折西山城の観光情報

桑折西山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

桑折西山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(19日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    14.38
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    12.45
  • 09時
    Clouds / broken clouds
    15.95
  • 12時
    Clear / clear sky
    18.45
  • 15時
    Clear / clear sky
    16.75
  • 18時
    Clear / clear sky
    11.55
  • 21時
    Clear / clear sky
    9.55
  • 00時
    Clouds / broken clouds
    9.27

明日以降の天気(正午時点)

  • 20日
    Clouds / overcast clouds
    19.05
  • 21日
    Rain / light rain
    13.35
  • 22日
    Rain / light rain
    17.39
  • 23日
    Clouds / broken clouds
    24.34

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

桑折西山城の地図

地図アプリで見る

福島県伊達郡桑折町万正寺

桑折西山城へのアクセス

桑折西山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東北本線・桑折駅から登城口まで徒歩約15分
アクセス(クルマ)
  • 東北自動車道・国見ICから15分
駐車場

坂町公民館駐車場を利用

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    桑折西山城周辺の宿・ホテル

      松島屋旅舘

      赤ちゃん・ペット連れのお客様大歓迎♪家族でゆったり入れる貸切風呂(1日3組限定)、女将自慢の田舎会席料理をお楽しみ頂けます。日本でも珍しい源泉掛け流しお座敷風呂付き客室も大人気!(評価:4.1、参考料金:4,104円〜)

      飯坂ホテル聚楽(じゅらく)

      目の前であがる大迫力の火柱!麺が舞う!常識を超えた実演中心バイキング【ライブキッチン花もも】&ぷちぷちスーパー炭酸泉でウルツヤ肌【ゆらり】&ひとつの施設に泉質の異なる3本の源泉【花ももの湯】(評価:4.3、参考料金:7,500円〜)

      くつろぎの宿  華滝

      檜の香りが漂う露天風呂でひと休み。歴史ある名湯です。渓流沿いで自然美を楽しみながらゆったりとお過ごしください◇飯坂温泉の四季をたっぷりご堪能ください。(評価:4.2、参考料金:4,500円〜)

      飯坂温泉 摺上亭 大鳥

      ロビーより眺める日本庭園と自然に囲まれた露天風呂で、やすらぎと癒しの飯坂温泉を満喫できる。JAの安全な食材を使ったお料理が好評。(評価:4.1、参考料金:8,100円〜)

      山房 月之瀬

      全客室より摺上渓谷が眺望でき、大自然の安らぎを感じられる宿。姉妹館の大浴場や露天風呂も利用できるのも楽しい♪会食膳は料理長が腕を揮い、季節の素材をふんだんに盛り込み手造りで調理しております。(評価:3.6、参考料金:11,880円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    桑折西山城の過去のイベント・ニュース

    桑折西山城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 白石城
      • 白石城
        • 平均評価:★★★★☆(93位)
        • 見学時間:1時間9分(99位)
        • 攻城人数:671人(106位)
        • 城までの距離:約18km
      • 二本松城
      • 二本松城
        • 平均評価:★★★★☆(50位)
        • 見学時間:1時間16分(65位)
        • 攻城人数:905人(70位)
        • 城までの距離:約29km
    • より多くの
      城を見る

    陸奥の著名な城

    福島県の著名な城

    桑折西山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    桑折西山城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    本庄氏と色部氏 (中世武士選書 第 9巻)

    中世武士選書シリーズはすべて渋すぎるラインナップだと思っていますが、その最たるものの一つではないでしょうか。本庄氏・色部氏と聞いて「ああ、上杉の」と言える人はどれくらいいるでしょうか。そんなローカルネタ満載のこの本を紹介する理由は、本庄繁長が大好きだからです。村上城・平林城が気にいった方々ならさらにオススメします。謙信登場前史も面白いですよ。

    まーPさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る