埼玉県は現在、緊急事態宣言の対象地域です。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止に加え、当該地域の医療体制に負担をかけないよう、花園城への訪問は当面見合わせませんか。早く以前のように自由にお城めぐりができるよう、ぼくらにできる範囲の協力をしましょう(いずれ旅行に出かけることが協力になる日も来るはずです)。

紹介文

花園城は関東管領・山内上杉氏の重臣、藤田氏代々の居城として知られています。その後、北条氏邦を養子に迎えて本拠を鉢形城に移してからは支城として使われたようです。氏邦に家督を譲った藤田康邦の隠居城だったともいわれます。秩父谷への街道を抑える重要な支城でしたが、1590年(天正18年)の「小田原征伐」の際に廃城になりました。現在城址には土塁や堀切、竪堀だけでなく、石垣も残っていますが、保存状況は良くなく、見学ルートも注意が必要です。登城口は秩父鉄道側の山麓にある諏訪神社にあります。

花園城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

花園城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 諏訪神社の右側の小さなお稲荷様の脇の登城口から攻城。木に巻かれたピンクのリボンに従って登ると城趾へ。二重の竪堀の右側の方を登る。上まで行くと左右両側に一段高い部分が有り、左側に登り上の細く伸びる曲輪を進むと本丸に新しそうな立派な石碑が建っていた。途中の横堀を進むと高さ1メートル弱、長さ数メートルの石積みを数カ所確認。(2021/03/06訪問)
  • 善導寺に駐車。線路沿いに西100mで右に諏訪神社があります。神社の右側に登り口があり、25分位で本郭に着きました。見どころは沢山あり、堀切は素晴らしいです。(2021/02/05訪問)
  • 諏訪神社から登城。見やすい竪堀、岩盤をくり抜いた堀切、要所にある枡形虎口など見どころ満載です。点在する石垣を見て回るのも宝探しのようで楽しく、時間が経つのを忘れます。現地に案内図のようなものはないので、縄張図は必携です。(2020/12/20訪問)
  • 車は善導寺の前に停め(36.120551, 139.176153 )諏訪神社の脇から攻城。本郭に城址碑があるだけで、その他案内看板無し、整備された散策路も無い、だが5条の岩盤堀切とその堀切からの岩盤竪堀が素晴らしい!他にも枡形虎口や石積、堀切からクランク状に折れて麓まで下っていく竪堀等、実に見事な遺構の数々に興奮してしまいました。(2020/12/05訪問)
  • 素晴らしい山城です。これほど遺構だらけとは想定以上でした。たぶん竪堀は今まで見た中で一番くっきり分かる代物。堀切も凄まじく深い。至る所に出現する無数の曲輪。顔がにやけてくる。鉢形に移るまでは藤田氏の本城だった訳だから唯の支城ではない。もっと脚光を浴びるべき城。行程は言われている程の難関ではないと感じたが縄張図は持った方が良い。近くの正龍寺にある北条氏邦 藤田康邦の墓所を訪れ攻城完了。(2020/10/31訪問)
  • 登城口があるという諏訪神社が地図にもナビにもなく、まず迷いました。善導寺に駐車して、線路に沿って西に歩くと山麓にありました。 神社の脇から登城。想像していたよりは歩きやすかったですが、縄張り図は必須です。整備はされていないので足元には気を付けてください。私は本丸に上がる際に肉離れを起こしました。落ちていた枝を杖がわりにしてなんとか下城しました。(2020/02/28訪問)
  • 諏訪神社の右側に木製の花園城跡の看板があり、そこからピンクリボンを辿って行くとすぐに城域。健脚ではないおばさんでも行けました。主郭の花園城跡の石碑の後ろには花園城の歴史が掘ってありました。所々石垣が残っていて、堀切も竪堀も素晴らしい。(2020/02/20訪問)
  • 攻城は途中から竪堀底を登ることに。岩盤を削った竪堀、横堀の組み合わせ、散見する石垣等興奮の城です。(2019/11/04訪問)
  • 諏訪神社の社殿の右側に花園城と書かれた木製の看板と、よくみないと気づかないレベルの細い道が登城口です。そこから木に巻かれたカラーテープを辿ると城跡に辿り着きます。(2019/09/28訪問)
すべてを表示(19コメント)

花園城について

花園城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)200 m( 80 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主藤田政行か
築城開始・完了年着工 平安時代末期か
廃城年1590年(天正18年)か
主な改修者
主な城主藤田氏
遺構曲輪、土塁、空堀、竪堀、堀切、石垣
指定文化財
復元状況

更新日:2021/08/05 04:12:30

花園城の城メモ

花園城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

花園城の観光情報

花園城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

花園城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(05日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    26.10
  • 06時
    Clear / clear sky
    26.43
  • 09時
    Clear / clear sky
    31.24
  • 12時
    Clear / clear sky
    34.60
  • 15時
    Clear / clear sky
    35.75
  • 18時
    Clear / clear sky
    33.22
  • 21時
    Clouds / few clouds
    29.15
  • 00時
    Clear / clear sky
    27.29

明日以降の天気(正午時点)

  • 06日
    Clouds / few clouds
    33.99
  • 07日
    Rain / moderate rain
    24.62
  • 08日
    Rain / light rain
    28.43
  • 09日
    Clouds / scattered clouds
    34.09

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

花園城の地図

花園城へのアクセス

花園城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 秩父鉄道秩父本線・波久礼駅から徒歩約24分
  • 秩父鉄道秩父本線・寄居駅からタクシーで10分
アクセス(クルマ)
  • 関越自動車道・花園ICから14分
  • 関越自動車道・本庄児玉ICから22分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    花園城周辺の宿・ホテル

      かんぽの宿寄居

      ゆるやかな時間が流れ、やすらぎを感じる秩父路は、高速道路を利用すれば都心からわずか90分。1999年に開湯した寄居町唯一つの天然温泉で、展望露天風呂からは秩父の山並みを遠望できます。(評価:4.3、参考料金:6,850円〜)

      大人の隠れ癒し宿 秩父長瀞 花湯 別邸

      ◇全7室 オールインクルーシブの新感覚◇荒川を望む大自然に抱かれた大人のための隠れ癒し宿。「和」と「洋」が調和するくつろぎの時間。※館内施設上6才(未就学児)以下の方は入館をご遠慮下さい。(評価:4.6、参考料金:17,200円〜)

      花園天然温泉 ハナホテル花園インター(2017年4月NEWオープン)

      秩父・長瀞の玄関口!!! 関越道花園ICから一番近いビジネスホテル!!!和洋朝食バイキング無料♪お肌つるつる天然温泉・大型駐車場も無料!!!全室Wi-Fi 無料/全室加湿空気清浄機付(評価:4.4、参考料金:2,500円〜)

      小さなホテル セラヴィ  露天風呂客室の宿

      二万坪の自然に囲まれたキャンプ場の中、ひっそり佇む全5室のホテル。野菜メインの身体に優しい会席料理と、露天風呂付客室でおこもり時間を。チェックアウトは12:00、ごゆっくりお寛ぎください。(評価:4.9、参考料金:29,500円〜)

      長瀞 花のおもてなし 長生館

      大正元年創業の当館は 長瀞観光の歴史と共に歩んできた日本旅館です 旬の地産をふんだんに使った日本料理も好評です ラインくだりや宝登山神社など長瀞観光へのアクセスも抜群です♪(評価:4.2、参考料金:8,800円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    花園城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 鉢形城
      • 鉢形城
        • 平均評価:★★★★☆(58位)
        • 見学時間:1時間20分(34位)
        • 攻城人数:1454人(67位)
        • 城までの距離:約2km
      • 杉山城
      • 杉山城
        • 平均評価:★★★★☆(26位)
        • 見学時間:1時間3分(72位)
        • 攻城人数:827人(138位)
        • 城までの距離:約14km
    • より多くの
      城を見る

    武蔵の著名な城

    埼玉県の著名な城

    花園城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    花園城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    新装版 日本名城伝 (文春文庫)

    南は熊本城から北は五稜郭まで12の名城にまつわる人物や伝説・逸話を海音寺さんが時間軸に沿って語る。城の縄張りや建築にかかわる話はほとんどなく、人物・事件を通してその城を表現している。熊本城なら細川家の内紛や神風連の乱・西南戦争を述べながら「主義を固守して譲らない」肥後侍の気質を浮かび上がらせる。岐阜城の城主は斉藤道三以来一人を除いてみな不幸な死を遂げているとか、小田原城の歴史は災害史であるとか、通観してみてわかる特徴に、縄張りとはまた違った城の個性を感じられる。

    こめつぶさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る