浜松城
浜松城

[静岡県][遠江] 静岡県浜松市中央区元城町100-2


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.46(70位)
  • 見学時間:1時間6分(57位)
  • 攻城人数:3443(22位)

浜松城の御城印

浜松城では18種類の御城印が販売されています(販売終了も含む)。

個々の御城印についての詳細情報や販売場所はそれぞれのページでご確認ください。

販売期間や入手条件などの情報も個々の御城印のページでご確認ください。

浜松城の御城印

浜松城 御城印 浜名湖花博期間限定 JR東海限定✕浜松城 オリジナルデザイン御城印 | 全国御城印コレクション | 攻城団

デジタルクーポンを買って浜松城天守閣受付にて交換できる御城印。花々に浜松城天守、ドクターイエローがデザインされている。

浜松城 御城印 2024年春限定版(さくらの御城印) | 全国御城印コレクション | 攻城団

和紙に印刷された御城印。桜と天守閣は刺繍されている。限定2000枚

浜松城 御城印 2023年秋限定版 | 全国御城印コレクション | 攻城団

和紙に印刷された秋限定の御城印。右下の天守閣は、レース調に「透かし加工」がされている。限定2000枚。

浜松城 御城印 2023年夏限定版 | 全国御城印コレクション | 攻城団

和紙に印刷された涼し気な夏の夜をイメージした「夏限定」の御城印。右下の天守閣は、レース調に「透かし加工」がされている。限定2000枚。

浜松城 御城印 家康御城印 | 全国御城印コレクション | 攻城団

JR東海ツアーズの企画商品〈【浜松】大河ドラマ館&浜松城 オリジナル葵豆皿・家康御城印付〉(EXまたはずらし旅)の特典としてもらえる。大河ドラマ館のチケット売り場で電子クーポンを紙の券と引き換えた後、当日中に紙の券を浜松城天守閣の受付で引き換える。

浜松城 御城印 春限定透かし御城印 | 全国御城印コレクション | 攻城団

右下天守部分はレース調の透かし加工。さくらの時期限定のさくらをモチーフとしたデザイン。2000枚限定。

浜松城 御城印 令和五年 切り絵 | 全国御城印コレクション | 攻城団

「攻城団」はあなたが日本全国の城を巡った訪問記録を保存できるサービスです。もちろん全国各地のお城について、その見所やうんちくのほか、駐車場などのアクセスに関する情報も検索できますので、次に訪問するお城を探す際にもぜひご利用ください。

浜松城 御城印 ウクライナ支援版 | 全国御城印コレクション | 攻城団

ウクライナ支援の限定御城印。売り上げの一部を在日ウクライナ大使館を通して寄付を行う。限定500枚。

浜松城 御城印 出世運ウナギ昇り!御城印・御魚印 | 全国御城印コレクション | 攻城団

限定2000枚。御魚印のほうは浜名湖体験学習施設ウォットで購入可。御城印と御魚印を合わせるとうなぎと浜松城のコラボした一枚絵になる。

浜松城×新幹線御城印 | 全国御城印コレクション | 攻城団

JR東海の推し旅「浜松城×新幹線御城印 出世おみくじ付き天守閣観覧券」でもらえる特別御城印。東海道新幹線N700Sが描かれている。

浜松城 御城印 さくら御城印 | 全国御城印コレクション | 攻城団

浜松城公園は桜の名所としても知られており、春(令和4年)限定の「さくら御城印」を販売。桜の花を眺めつつ天下統一を成し遂げた家康のパワーをいただける限定御城印。2000枚限定。

浜松城×ドクターイエロー 御城印 | 全国御城印コレクション | 攻城団

ドクターイエローが描かれた御城印。JR東海ツアーズの企画商品〈秋のしずおか元気旅「静岡の3名城×東海道新幹線」特別限定御城印めぐり(10月19日〜12月21日)〉または「ずらし旅」の対象プラン(12月1日~12月27日)の参加者特典としてもらえる。

浜松城 御城印 | 全国御城印コレクション | 攻城団

和紙を使用した御城印。当初の呼び名は「登城記念御朱印」だった。

現地で販売されていない御城印など、一部の御城印はこのページに掲載されていませんので、御城印コレクションで検索してください。
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

浜松城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

ナンバー2の日本史 (MdN新書)

ナンバー1になりたくてなれなかった人、あえてナンバー2を選んだ人、ナンバー1でありナンバー2でもある人…いろいろですが、何故かナンバー2の方が面白く感じてしまうのは私だけではないハズ。各時代の政治を廻していたのは多くはナンバー2だったことを考えれば、魅力ある人物が並ぶのは当然と言えば当然ですね。本当に大勢のナンバー2について書かれていて分厚いですが、本を読むのが若い頃に比べて格段に遅くなってきた私でもサクッと読めました。中でも朝倉宗滴(←スミマセン全く知りませんでした…)、とても興味深く読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る