紹介文

久能山城は現在の久能山東照宮の場所にあった城です。駿河国に侵攻した武田信玄によって築かれました。岩殿城、岩櫃城とともに「武田の三名城」といわれています。その後、徳川家康によって奪われますが、家康の関東移封に伴い、駿府城主となった中村一氏の家臣・松下吉綱が城主となりました。その後も大久保忠政、榊原清政・照久父子らが在城しましたが、家康が駿府城にて没するとその遺言により久能山城は廃城となり、愛宕曲輪に埋葬され久能山東照宮が造営されました。

久能山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

久能山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 参道から石段で登城、急ですが15分程度。 曲輪や要害な山城の形状が感じられ、武田氏築城時の伝勘助井戸等があります。久能山東照宮の神領になっており、煌びやかな彫刻の建築物が楽しめます。(2022/08/27訪問)
  • 足腰に自信ありの方は石段を、自信のない方は日本平からロープウエイで行かれることをお勧めします。遺構は石垣くらいしかわかりませんが、神廟と呼ぶ徳川家康公の遺骸を葬ったところが奥まったところにあります。昔はこの場所には、入れなかったそうです。(2021/11/26訪問)
  • 文字通りつづら折りの階段を登って攻城。城址には一部当時の土塁などが残っているようですが、立ち入り区域が制限されているため見学は不可。博物館は徳川将軍家関連の展示が充実しており見応えがありました。(2021/07/31訪問)
  • 家康公の没後、埋葬された地。最奥部に家康公の墓所「神廟」があります。遺言で西向きに祀られており、西国、朝廷に睨みをきかせているとも、故郷、三河を想ってとも言われています。城址としては物足りないですが、東照宮の荘厳華麗な建築物や家康公の日常品などが納められた博物館などがありお薦めです。(2021/04/03訪問)
  • 猛暑の1159段はキツいです。下から登る方は、水分補給と適宜休憩をとることをオススメします。(2020/08/20訪問)
  • せっかく来たので、南側から歩いて登りました。まんま東照宮ですので、お城としての遺構は望むべくもありませんが、ココにお城的なモノを期待しているヒトはいないと思うので。見事な建築物の数々を堪能出来ます。(2019/05/15訪問)
  • 静岡駅南口〜久能山下まで、バス(450円)で行けますが、本数が少ない。本殿まで石段(1159段)は長いですが、景色が良いので苦にならない。(2019/12/10訪問)
  • 日本平ロープウェイの始発に搭乗したが10:30頃は長い行列となっていたので注意です。ロープウェイ降り場左手の二の丸石垣、右手に降りて勘助井戸確認後一の門へ。ここからの駿河湾の眺めは最高です。国宝等の東照宮は勿論、博物館の収蔵品も必見です。(2019/11/15訪問)
  • 徳川家康のお墓をお参りに。東照宮は豪華で素晴らしかった。眺めも良い。(2016/08/16訪問)
すべてを表示(37コメント)

久能山城について

久能山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)219 m( 150 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主武田信玄
築城開始・完了年着工 1569年(永禄12年)頃
廃城年1616年(元和2年)
主な改修者
主な城主今福浄閑斎・同丹波守父子、松平勝俊、松下吉綱、大久保忠政、榊原清政・照久父子
遺構
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2023/01/31 03:30:07

久能山城の観光情報

久能山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

久能山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(31日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    2.95
  • 06時
    Snow / light snow
    1.70
  • 09時
    Rain / light rain
    3.16
  • 12時
    Rain / light rain
    4.33
  • 15時
    Rain / light rain
    4.51
  • 18時
    Clouds / few clouds
    4.74
  • 21時
    Clouds / few clouds
    3.29
  • 00時
    Clear / clear sky
    2.19

明日以降の天気(正午時点)

  • 01日
    Clear / clear sky
    10.96
  • 02日
    Clouds / overcast clouds
    9.80
  • 03日
    Clouds / overcast clouds
    8.47
  • 04日
    Clouds / broken clouds
    9.52

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

久能山城の地図

久能山城へのアクセス

久能山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東海道線・静岡駅から「久能山行き」のバスに乗り終点下車
  • JR東海道線・静岡駅から、しずてつジャストライン石田街道線にて終点「東大谷」下車(約40分))、東大谷バス停で「久能山下行き」のバスに乗り換え終点「久能山下」で下車(約15分)
  • JR東海道線・清水駅から、しずてつジャストライン山原梅蔭寺線「久能山下行き」で約40分
  • JR静岡駅からタクシーで約20分(料金は約3,500円)
  • 山麓からは石段が1159段あります(徒歩20分)
  • 山麓からはロープウェイもあり
アクセス(クルマ)
  • 東名高速道路・清水ICから約40分
  • 東名高速道路・清水ICから日本平山頂までいき(約40分)、日本平山頂より日本平ロープウェイで5分
駐車場
  • 久能山下周辺に民間駐車場あり
  • 日本平山頂駐車場(無料、200台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    久能山城周辺の宿・ホテル

      静岡ホテル 時之栖

      東名日本平久能山スマートICよりお車5分。JR東静岡駅より徒歩12分。【朝食・浴場・駐車場】は無料でご利用OK。館内Wi-Fi完備♪(評価:4.0、参考料金:4,290円〜)

      サンパレスホテル

      静岡駅から徒歩3分の好立地でビジネス・観光の拠点としても便利。市街地も近くアクセス抜群なサンパレスホテルで快適にお過ごし下さい。※2022年11月7日~2023年2月15日まで改修工事を行います(評価:4.2、参考料金:4,250円〜)

      ホテルアソシア静岡

      ビジネスからプライベートまで、お客様の大切なひとときを心をこめておもてなしいたします♪客室・レストラン・ロビーはWi-Fi接続無料★多彩なレストランやコンビニエンスストアなど設備も充実!(評価:4.2、参考料金:5,550円〜)

      静岡ユーアイホテル

      ■当ホテルの外壁補修工事を実施しています。工事期間中、足場を設置し騒音などを伴う場合がございます。(10:00~16:00頃)※ご宿泊を検討の場合は上記をご了承いただいた上、ご予約ください。(評価:3.6、参考料金:3,340円〜)

      ホテルオーレ イン (静岡)

      静岡市街唯一の天然温泉大浴場、静岡市内トップクラスを誇る客室数、高品質で充実したサービスとアメニティ。和モダンな空間につつまれた、快適で上質なおもてなしがここに。(評価:4.7、参考料金:6,750円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    久能山城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 駿府城
      • 駿府城
        • 平均評価:★★★★☆(59位)
        • 見学時間:1時間16分(46位)
        • 攻城人数:2795人(22位)
        • 城までの距離:約7km
      • 諏訪原城
      • 諏訪原城
        • 平均評価:★★★★☆(42位)
        • 見学時間:1時間2分(88位)
        • 攻城人数:1193人(115位)
        • 城までの距離:約35km
    • より多くの
      城を見る

    駿河の著名な城

    静岡県の著名な城

    久能山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    久能山城を本城にしている団員

    以下のみなさんが久能山城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    関東三国志 ―越相同盟と北条氏邦―

    関東での勢力争いを後北条氏目線で解説しています。時間軸としては河越夜戦に至る経過から、甲相駿三国同盟、越相同盟までになります。鎧、画像、文などの資料がかなり収録されています。

    ともさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る