紹介文

津久井城は甲斐と小田原を結ぶ要所に築かれた城で、北条氏が武田氏にそなえるための最前線の城として重要視されました。南北の根小屋が残っており根小屋式城郭の端緒・典型とされています。1590年(天正18年)の小田原征伐の際に、徳川家康の家臣・平岩親吉らによって落城させられ、そのまま廃城となりました。現在城址には家老屋敷跡や宝ヶ池、堀切などが残っており、主要部分が県立津久井湖城山公園として、ハイキングコースも整備されています。なお、隣接する津久井湖はダム湖ですので、戦国時代にはありませんでした。

津久井城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

津久井城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 津久井湖城山公園パークセンターで城山散策絵図を手に入れてから登ると良いと思います、女坂を通ると途中の郭も行くことができます。(2022/07/18訪問)
  • 男坂は2022年2月8日現在でも、通行止中です。(2022/02/07訪問)
  • 本城曲輪と東の飯縄曲輪を中心に多くの小さな曲輪が階段状に配置されています。また、太鼓曲輪下の家老屋敷跡に石垣が遺っていますが、場所が分かりにくいので、根古谷地区にある城山公園のパークセンターで情報収集してから攻城することをお勧めします。(2021/12/10訪問)
  • 津久井観光センターバス停から登りました。女坂でも幅狭く、滑落やポケットの中からの落とし物に注意!(2021/06/05訪問)
  • 花見客で駐車場はほぼ満車でした。 本丸に登る道も一部侵入禁止。(2020/03/25訪問)
  • 三ケ木からバスで観光センターで下車。何カ所か通行禁止場所がありましたが、本城曲輪まで行くことができます。公園として整備されていますが曲輪の形は一応わかります。北条氏の拠点城の一つだけあって、なかなか大きな山城です。(2019/11/19訪問)
  • 展望広場から三増峠がよく見えます。鷹射場からの景色も最高でした。(2017/06/24訪問)
  • 麓(県立津久井湖城山公園パークセンター駐車場)には管理事務所兼案内所、簡単な展示施設があり、撮影できる模擬甲冑があり、刀、火縄銃は自由に手に取ることができる。武漢コロナ禍で甲冑の試着体験は休止中。(2021/01/05訪問)
  • 曲輪がたくさん残り道や案内も整備されて楽しく歩けます(2020/08/02訪問)
  • 登山道は整備されていて初心者でも探訪しやすい城かと思います。ただ、所々で道が狭まっているので歩く際は前方の人とのすれ違いにご注意下さい。(2018/04/10訪問)
すべてを表示(36コメント)

津久井城について

津久井城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)375 m( 180 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主筑井氏
築城開始・完了年着工 鎌倉時代
廃城年1590年(天正18年)
主な改修者津久井三郎
主な城主筑井(津久井)氏、北条氏
遺構土塁、空堀、石垣
指定文化財
復元状況

更新日:2022/10/01 03:26:46

津久井城の観光情報

津久井城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

津久井城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(01日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    16.80
  • 06時
    Clear / clear sky
    16.35
  • 09時
    Clear / clear sky
    21.78
  • 12時
    Clear / clear sky
    24.78
  • 15時
    Clear / clear sky
    25.57
  • 18時
    Clear / clear sky
    20.80
  • 21時
    Clear / clear sky
    18.86
  • 00時
    Clouds / scattered clouds
    17.96

明日以降の天気(正午時点)

  • 02日
    Clear / clear sky
    25.92
  • 03日
    Clouds / overcast clouds
    24.69
  • 04日
    Clouds / broken clouds
    25.83
  • 05日
    Rain / light rain
    19.87

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

津久井城の地図

津久井城へのアクセス

津久井城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR横浜線/相模線・橋本駅から神奈中バス
  • 京王線・橋本駅から神奈中バス
アクセス(クルマ)
駐車場
  • 津久井湖城山公園パークセンター駐車場(40台、無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    津久井城周辺の宿・ホテル

      マロウドイン八王子

      本館WI-FI接続インターネット無料。TVは地デジ対応の液晶テレビ。(評価:3.4、参考料金:4,800円〜)

      八王子スカイホテル

      駐車場のご利用は必ずフロントへお申し出ください。地面の跳ね板が上がるタイプのコインパーキングとなります。1回¥500(最大24時間)にてチェックアウトまでのご利用となります。(評価:4.4、参考料金:4,500円〜)

      タカオネ

      2021年7月オープン☆「すぐそこにある、なかなかない体験を」日常生活から離れて、小鳥のさえずりや川のせせらぎ、新しいアクティビティを楽しみ、心も体もリフレッシュ!レンタル登山シューズあり(評価:4.1、参考料金:6,750円〜)

      アパホテル〈相模原 橋本駅前〉

      神奈川県北部、東京都西部のターミナル京王相模原線、JR横浜線・相模線の交差するターミナル「橋本駅」から徒歩3分2027年リニア中央新幹線の新駅開業予定!(評価:3.8、参考料金:2,800円〜)

      アイホテル橋本

      大浴場(男女入替制)あり!★全室にシモンズ製ベッド幅140cmを完備★JR横浜線・JR相模線・京王相模線「橋本駅」北口徒歩5分!新宿、新横浜へ乗り換えなしで好アクセス!(評価:4.3、参考料金:3,220円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    津久井城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 八王子城
      • 八王子城
        • 平均評価:★★★★☆(52位)
        • 見学時間:1時間47分(8位)
        • 攻城人数:1751人(62位)
        • 城までの距離:約8km
      • 滝山城
      • 滝山城
        • 平均評価:★★★★☆(45位)
        • 見学時間:1時間23分(32位)
        • 攻城人数:1118人(121位)
        • 城までの距離:約13km
    • より多くの
      城を見る

    相模の著名な城

    神奈川県の著名な城

    津久井城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    津久井城を本城にしている団員

    以下のみなさんが津久井城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    よみがえる江戸城―徹底復元◆天下の巨城の全貌 (歴史群像シリーズ・デラックス (1))

    CGによって再現した江戸城の御殿や天守を紹介する。御殿も天守も現在は失われているが、詳細な図面と襖絵の下絵が残されていて再現が可能になったという。本丸への入り口となる書院門から儀式や対面の場である「表」、将軍の私的な空間である「中奥」を経て、将軍の正室をはじめ家族が居住する「大奥」までの様々な部屋を順に見学する構成となっている。CGの他、関連する屏風絵や図面も豊富でイメージしやすい。城中の儀式や武家の装束、大奥の職制など解説も充実している(2005年刊)

    こめつぶさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る