紹介文

神武寺城は鎌倉北条氏が三浦氏の侵攻に備えて、鎌倉幕府を防衛するために築いた城で、「鎌倉七口」のひとつである「名越切通」を防衛する出城だったと考えられています。1981年(昭和56年)から翌年にかけて、逗子市教育委員会によりおこなわれた調査で城郭構造を持っていたことが判明しました。現在城址は神武寺の境内となっており、頂上付近には土塁や竪堀などの遺構を確認することができます。なお表参道側にある法勝寺は源頼朝の父である源義朝の居館(沼浜館)があった場所です。

神武寺城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

神武寺城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

    すべてを表示(7コメント)

    神武寺城について

    神武寺城に関するデータ  情報の追加や修正

    曲輪構成

     

    縄張形態

    山城

    標高(比高)

    133.6 m

    城郭規模

    内郭:--  外郭:--

    築城主

    鎌倉北条氏

    築城開始・完了年

    着工 鎌倉時代

    廃城年

     

    主な改修者

    主な城主

    鎌倉北条氏

    遺構

    曲輪、土塁、竪堀、堀切、土橋

    指定文化財

    市史跡

    復元状況

    神武寺城に関するデータ  情報の追加や修正
    項目データ
    曲輪構成
    縄張形態山城
    標高(比高)133.6 m( -- )
    城郭規模内郭:--  外郭:--
    築城主鎌倉北条氏
    築城開始・完了年着工 鎌倉時代
    廃城年
    主な改修者
    主な城主鎌倉北条氏
    遺構曲輪、土塁、竪堀、堀切、土橋
    指定文化財市史跡
    復元状況

    更新日:2024/04/18 03:50:37

    神武寺城の城メモ

    神武寺城の見所や歴史などを紹介します。

    まだ城メモがありません(情報募集中

    神武寺城の観光情報

    神武寺城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

    営業時間

     

    料金(入城料・見学料)

     

    休み(休城日・休館日)

     

    トイレ

     

    コインロッカー

     

    写真撮影

     

    バリアフリー

     

    神武寺城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
    項目データ
    営業時間
    料金(入城料・見学料)
    休み(休城日・休館日)
    トイレ
    コインロッカー
    写真撮影
    バリアフリー

    神武寺城の見所は城メモをご覧ください

    現地周辺の天気

    今日(18日)の天気

    • 03時
      Clouds / overcast clouds
      17.00
    • 06時
      Clouds / overcast clouds
      16.45
    • 09時
      Clouds / overcast clouds
      16.46
    • 12時
      Rain / light rain
      15.18
    • 15時
      Rain / moderate rain
      13.99
    • 18時
      Rain / moderate rain
      13.34
    • 21時
      Rain / moderate rain
      12.73
    • 00時
      Rain / light rain
      13.45

    明日以降の天気(正午時点)

    • 19日
      Clear / clear sky
      17.42
    • 20日
      Clouds / broken clouds
      19.00
    • 21日
      Clouds / overcast clouds
      17.14
    • 22日
      Clouds / overcast clouds
      16.29

    さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

    アクセス

    神武寺城の地図

    神武寺城へのアクセス

    神武寺城へのアクセス情報  情報の追加や修正

    アクセス(電車)

    • JR横須賀線・東逗子駅から徒歩20分
    • 京急逗子線・神武寺駅からバスに乗り「星が谷」バス停下車、徒歩20分
    • 京急逗子線・神武寺駅から徒歩30分

    アクセス(クルマ)

    • 横浜横須賀道路・逗子ICから10分

    駐車場

     

    神武寺城へのアクセス情報  情報の追加や修正
    項目データ
    アクセス(電車)
    • JR横須賀線・東逗子駅から徒歩20分
    • 京急逗子線・神武寺駅からバスに乗り「星が谷」バス停下車、徒歩20分
    • 京急逗子線・神武寺駅から徒歩30分
    アクセス(クルマ)
    • 横浜横須賀道路・逗子ICから10分
    駐車場

    じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

      神武寺城周辺のスポット

      神武寺城周辺の宿・ホテル

      あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

        横浜テクノタワーホテル

        八景島近くの高層階ホテル★全室19階以上★駅から徒歩2分★車でのアクセスも便利!鎌倉も横須賀三浦方面へも便利★横浜へ高速で15分!★地上18階から東京湾が一望できる鉄板焼レストラン「八景」(評価:3.6、参考料金:5,300円〜)

        追浜園

        「金沢八景駅」徒歩5分、八景島近く、、横浜みなとみらい、◎鎌倉には電車で35分 便利な立地です。(評価:5.0、参考料金:6,000円〜)

        KKR逗子 松汀園(国家公務員共済組合連合会逗子保養所)

        古都鎌倉・葉山・三浦半島めぐりに最適!和のお宿。KKRは国家公務員共済組合連合会が組合員等の利用を目的として運営する宿泊施設です。組合員等の方は、チェックインの際に組合員証等をご提示下さい。(評価:4.2、参考料金:5,980円〜)

        葉山うみのホテル

        森戸海岸近く「うみにあいにいく」をコンセプトにした葉山のライフスタイルホテル(評価:4.8、参考料金:6,930円〜)

        葉山館

        森戸海岸まで徒歩3分。 食事は、自慢の新鮮地魚料理。 スーパー・飲食店など、商店街の中心にあるので大変便利です。 鎌倉まで、車で15分です。(評価:4.6、参考料金:7,700円〜)
      • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

      神武寺城の過去のイベント・ニュース

      まだトピックがありません(情報募集中

      周辺にあるお城など

        • 小机城
        • 小机城
          • 平均評価:★★★☆☆(86位)
          • 見学時間:50分(92位)
          • 攻城人数:1501人(107位)
          • 城までの距離:約23km
        • 品川台場
        • 品川台場
          • 平均評価:★★★☆☆(--位)
          • 見学時間:50分(--位)
          • 攻城人数:1356人(122位)
          • 城までの距離:約39km
      • より多くの
        城を見る

      相模の著名な城

      神奈川県の著名な城

      神武寺城といっしょに旅行するのにオススメの城

      このページを紹介する

      ブログパーツ

      • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
      • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

      サンプルを表示する

      SNSやメールで紹介

      このページのURLとタイトルをコピーする

      神武寺城を本城にしている団員

      以下のみなさんが神武寺城を本城として登録しています。

      最近表示したお城

      フォローしませんか

      攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
      (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

      今日のレビュー

      天下 家康伝 上 (文春文庫)

      徳川家康の生涯を描いた小説です。
      大阪の陣が終わり江戸から駿府に向かう途中、泉頭の地で過去を回想する場面から始まります。一向一揆との戦い、三方ヶ原での敗北、嫡男信康の自刃、伊賀越えの窮地、小牧・長久手での辛酸、多くの出来事が家康の心情とともに描かれます。「家康の考える天下とは何か」が物語の主軸となっており、家康の生き様を感じることができました。
      本作品は大河ドラマ「天地人」の原作者でもある火坂雅志氏の遺作になります。

      伝もものふ山田(ヤマー)さん)

      書籍ページを表示する

      すべてのレビューを表示する

      フィードバックのお願い

      攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

      読者投稿欄

      いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

      トップへ
      戻る