紹介文

長光寺城は観音寺城の支城のひとつで、いわゆる「瓶割り柴田」の逸話で知られる山城です。そのため長光寺城のあった山は、現在も瓶割山の名で呼ばれ、城跡を散策するハイキングコースも設けられています。城址には石垣のほか、堀切や竪堀なども残っており、また古井戸や物見櫓など、その場所にあった建築物を示す看板が立てられています。

長光寺城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

長光寺城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 大手道の大岩ルート(位置情報)から登城しました。登城道沿いにも遺構があり、おすすめです。 見所は主郭南端西面の高石垣、主郭東下の大きな古井戸、琵琶湖方面の眺望も良いです。麓の不二滝辺りでは足利義晴の御所跡土塁が見られます。(2023/08/10訪問)
  • 登城口となる日吉神社は城山の北西と南東の二か所あるようです。北西の長福寺町の日吉神社の鳥居をくぐり、右に駐車スペースがあります。(城址に掲示された瓶割山散策路ルートマップには駐車場と記載されています)神社拝殿まで登り、拝殿奥に登城道入口があります。約360mの表示あり。しっかりした靴で行ってください。高石垣が出迎えてくれます。(2021/04/24訪問)
  • 日吉神社から攻城し、15分で一の郭の大石垣に到達できます。ここに柴田勝家が籠っていたかと思うと、感慨深いものがあります。(2021/04/02訪問)
すべてを表示(15コメント)

長光寺城について

長光寺城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

山城

標高(比高)

234 m( 120 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

佐々木政尭

築城開始・完了年

着工 15世紀中期

廃城年

1576年(天正4年)

主な改修者

柴田勝家

主な城主

佐々木政尭、六角氏、柴田勝家

遺構

曲輪、堀切、石垣

指定文化財

復元状況

長光寺城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)234 m( 120 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主佐々木政尭
築城開始・完了年着工 15世紀中期
廃城年1576年(天正4年)
主な改修者柴田勝家
主な城主佐々木政尭、六角氏、柴田勝家
遺構曲輪、堀切、石垣
指定文化財
復元状況

更新日:2023/12/06 14:27:37

長光寺城の観光情報

長光寺城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

長光寺城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

長光寺城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(06日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    8.14
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    7.49
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    9.56
  • 12時
    Clear / clear sky
    12.67
  • 15時
    Clouds / scattered clouds
    13.21
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    11.36
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    10.66
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    9.91

明日以降の天気(正午時点)

  • 07日
    Rain / light rain
    11.94
  • 08日
    Clear / clear sky
    12.54
  • 09日
    Clear / clear sky
    15.44
  • 10日
    Clouds / scattered clouds
    15.45

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

長光寺城の地図

長光寺城へのアクセス

長光寺城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • 登山口は日吉神社にあり(約40分で城跡へ)
  • 近江鉄道八日市線・武佐駅から日吉神社まで徒歩30分
  • JR琵琶湖線・近江八幡駅から近江バス八幡竜王線に乗り、「長光寺町」バス停下車、日吉神社まで徒歩20分

アクセス(クルマ)

  • 名神高速道路・蒲生スマートICから10分
  • 名神高速道路・竜王ICから15分
  • 名神高速道路・八日市ICから25分

駐車場

妙経寺駐車場

長光寺城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 登山口は日吉神社にあり(約40分で城跡へ)
  • 近江鉄道八日市線・武佐駅から日吉神社まで徒歩30分
  • JR琵琶湖線・近江八幡駅から近江バス八幡竜王線に乗り、「長光寺町」バス停下車、日吉神社まで徒歩20分
アクセス(クルマ)
  • 名神高速道路・蒲生スマートICから10分
  • 名神高速道路・竜王ICから15分
  • 名神高速道路・八日市ICから25分
駐車場

妙経寺駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    長光寺城周辺のスポット

    城メモと重複するスポットは表示していません。

    長光寺城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      ABホテル近江八幡

      和洋バイキング健康朝食・全国名湯めぐりの男女別大浴場!JR琵琶湖線「近江八幡」駅より徒歩約2分とアクセス良好♪ (評価:3.8、参考料金:2,200円〜)

      ホテルルートイン東近江八日市駅前

      ■全館停電のお知らせ2023年12月18日(月)11:30~13:00※各種電気設備及び水道が停止します。※ホテルへのFAX・お電話は繋がりません。13時以降にご連絡ください。(評価:4.2、参考料金:7,250円〜)

      コンフォートイン近江八幡

      駐車場無料◆焼きたてパンや醤油の風味が感じられる滋賀県の郷土料理しょいめしなど様々なメニューを日替わりでご用意◆小学6年生まで添い寝無料◆フリードリンク有、ウェルカムドリンクサービス(評価:3.6、参考料金:3,150円〜)

      ホテル ニューオウミ

      【宿泊者特典!ワイン飲み放題実施中】☆食事クチコミ評価4点以上!!☆駅から徒歩2分☆京都駅までJRで約30分、彦根駅まで約15分、アウトレットまで車で20分と観光の拠点に最適!(評価:4.3、参考料金:3,400円〜)

      ビジネス第一ホテル

      駅近だからビジネスに観光に便利!大浴場、サウナが好評!料金もとてもリーズナブルです!無料朝食も品数豊富。近江八幡はもちろん彦根や長浜への観光にも便利!検温とご本人確認にご協力ください。(評価:4.0、参考料金:4,300円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    長光寺城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 観音寺城
      • 観音寺城
        • 平均評価:★★★★☆(--位)
        • 見学時間:1時間34分(--位)
        • 攻城人数:1918人(68位)
        • 城までの距離:約5km
      • 安土城
      • 安土城
        • 平均評価:★★★★☆(20位)
        • 見学時間:1時間29分(18位)
        • 攻城人数:3543人(14位)
        • 城までの距離:約5km
    • より多くの
      城を見る

    近江の著名な城

    滋賀県の著名な城

    長光寺城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    長光寺城を本城にしている団員

    以下のみなさんが長光寺城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    家康はなぜ江戸を選んだか (江戸東京ライブラリー)

    気になっていたので購入して読みました。
    非常に平易でわかりやすい文章したのであっという間に読み終えましたね。
    なぜ江戸を選んだのか?という点について、なるほどと思いましたが、ではなぜそれまでの統治者は鎌倉や小田原を選んだのか?と思っていたら、次の章で見事に説明されていました。うーん、やられました。その章で紹介されていた関東を利根川を境に東西に分けて大豪族層と中小国人層という分類、見方があるというのをはじめて知りました。非常に良い本だと思います!

    しのはさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る