紹介文

音羽城は佐々木六角氏の家臣である蒲生氏の居城として知られています。蒲生秀綱あるいは貞秀の頃に築かれたとされ、1496年(明応5年)と1502年(文亀2年)には主君を守るためにこの城が戦場となり、いずれも勝利をおさめています。しかしその後、貞秀の孫の蒲生秀紀の1522年(大永2年)に叔父である蒲生高郷との間に相続争いが起こると、3年に渡る籠城戦の末に、近江守護・六角高頼の裁定により和議が成立し、それにともない廃城となりました。以降、降伏した秀紀は鎌掛城へと移り、蒲生宗家を継承した高郷は日野中野城へ居城を移しています。現在城址は「音羽山公園」として整備されており、土塁や堀切が一部残っています。

音羽城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなのクチコミ

音羽城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 歩道がよく整備されており、見学しやすいです。本丸跡や二の丸跡は遊具の立ち並ぶ公園となっており、城跡の雰囲気は見られませんが、土橋の奥にある出曲輪跡や櫓跡周辺は土塁や堀の遺構がよく残っております。(2023/11/23訪問)
  • 大手道を下(大きな駐車場)から登ることもできますが天守跡近く(5台くらいの駐車場)まで車で行くこともできます。(2023/05/28訪問)
  • 手書きの説明書があって、ウォークラリーの様に楽しめた。(2022/04/10訪問)
  • 大駐車場の隣の音羽城跡・大手道の看板の処から登城。出曲輪跡を背に左右に分かれた道を左手に登り、攻城。本丸跡は簡単なアスレチック器具があり、芝生広場になっていました。(2022/01/10訪問)
  • 車の場合、県道182号線沿いにあるの大手道登城口を少し南に行った案内板を左折し、本丸のあった公園広場の手前に数台駐車できます。広場周辺の空堀のようになっているところは後世のものですが、遺構は南側に多く残っており、土塁、堀切、櫓台、虎口などが残っています。(2021/04/21訪問)
  • 駐車可。かなり広いという印象。公園となっており、トイレもあり。抜け穴や井戸跡もあり面白いお城。綿向山の景色も素晴らしいです。(2021/03/26訪問)
  • 本丸跡の公園入口まで車で行けますが、3台分ぐらいなら停めれます。ただ、パンフレットは途中の徒歩用の登場口のポストにあります。(2020/11/08訪問)
  • 整備されており、案内板も充実してる印象でした。 パンフレットもあります。 伝説の抜け穴は偶然発見されたそうです。(2020/09/27訪問)
すべてを表示(19コメント)

音羽城について

音羽城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

丘城

標高(比高)

285 m( 49 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

蒲生貞秀か

築城開始・完了年

着工 15世紀後半

廃城年

1523年(大永3年)頃

主な改修者

主な城主

蒲生氏

遺構

曲輪、土塁、堀切、井戸

指定文化財

復元状況

音羽城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態丘城
標高(比高)285 m( 49 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主蒲生貞秀か
築城開始・完了年着工 15世紀後半
廃城年1523年(大永3年)頃
主な改修者
主な城主蒲生氏
遺構曲輪、土塁、堀切、井戸
指定文化財
復元状況

更新日:2024/05/22 14:24:02

音羽城の観光情報

音羽城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

音羽城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

音羽城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(22日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    11.39
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    13.23
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    19.34
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    19.90
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    18.39
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    17.22
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    15.30
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    14.89

明日以降の天気(正午時点)

  • 23日
    Clouds / overcast clouds
    19.71
  • 24日
    Clouds / overcast clouds
    23.44
  • 25日
    Clouds / few clouds
    20.83
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    22.65

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

音羽城の地図

音羽城へのアクセス

音羽城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR琵琶湖線 ・近江八幡駅からバスに乗り「上音羽」バス停下車、徒歩10分
  • 近江鉄道本線・日野駅からバスに乗り20分、「上音羽」バス停下車、徒歩10分
  • 近江鉄道本線・日野駅からタクシーで20分

アクセス(クルマ)

  • 名神高速道路・八日市ICから25分
  • 新名神高速道路・甲賀土山ICから25分

駐車場

音羽山公園駐車場(70台)

音羽城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR琵琶湖線 ・近江八幡駅からバスに乗り「上音羽」バス停下車、徒歩10分
  • 近江鉄道本線・日野駅からバスに乗り20分、「上音羽」バス停下車、徒歩10分
  • 近江鉄道本線・日野駅からタクシーで20分
アクセス(クルマ)
  • 名神高速道路・八日市ICから25分
  • 新名神高速道路・甲賀土山ICから25分
駐車場

音羽山公園駐車場(70台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    音羽城周辺のスポット

    音羽城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      大河原温泉 かもしか荘

      自然に囲まれた物静かな"山間の秘湯"雨乞岳や御在所岳の眺めが美しい。10部屋限定で、天然温泉とともに癒やしのひとときをお楽しみいただけます。近江牛をご堪能いただけるプランもご用意。(評価:4.4、参考料金:10,750円〜)

      永源寺温泉八風の湯 宿「八風別館」

      【2022年度じゃらん売れた宿大賞】受賞!臨済宗大本山永源寺の門前に位置し、四季の風景を感じることのできる素晴らしい大自然に囲まれた永源寺温泉「八風の湯」おもてなしの心でお待ちしております。(評価:4.6、参考料金:12,100円〜)

      ダイヤモンド滋賀ホテル

      柔らかなお湯が好評のやっぽんぽんの湯、起伏の少ないゴルフ場、滋賀特産品をはじめとした多彩な食事、テニスや室内プールなどスポーツ施設も充実♪大自然に囲まれたホテルで極上の休日をお過ごしください。(評価:4.1、参考料金:7,125円〜)

      日野守貞別邸 千鳥

      一歩足を踏み入れば、時間の流れが止まりくつろぎの空間に包まれます。お客様は、離れ・蔵を改装した書室・寝所を独占使用できそこでは時空を超えて「侘び寂びの世界」をご堪能いただけます。(評価:不明、参考料金:30,800円〜)

      ビジネスグリーンホテル日野

      Wi-Fi完備!大浴場サウナ無料! 好評朝食バイキング、夕食付プラン。京都、大阪、名古屋主要な観光スポットからお車で約1時間30分まで!チェックイン時、検温とご本人確認にご協力ください。(評価:3.5、参考料金:4,200円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    音羽城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 水口城
      • 水口城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:35分(--位)
        • 攻城人数:787人(196位)
        • 城までの距離:約11km
      • 観音寺城
      • 観音寺城
        • 平均評価:★★★★☆(--位)
        • 見学時間:1時間31分(--位)
        • 攻城人数:2011人(73位)
        • 城までの距離:約20km
    • より多くの
      城を見る

    近江の著名な城

    滋賀県の著名な城

    音羽城といっしょに旅行するのにオススメの城

    音羽城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    塞王の楯

    一乗谷の戦いから関ヶ原の戦いまで、強固な石垣を組み、城を守ろうとする石垣職人集団・穴太衆。強力が故に決して使われない砲をつくろうとする鉄砲職人集団・国友衆。己の信念を貫き、それぞれの技術の競いあう様を描いた歴史小説です。
    石垣から当時の歴史が見えてくる、そんなことを考えさせてくれる一冊であると思いました。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る