紹介文

水口岡山城は羽柴秀吉が家臣の中村一氏に命じて築かせた山城で、当時は水口城と呼ばれていました。その後も増田長盛長束正家と、豊臣政権で五奉行を務めた2人が相次いで入城していることからも、秀吉が東海道を押さえるためにこの城を重要視していたことが窺えます。江戸時代に入り、徳川家光が新たに水口城を築いたため、廃城となりました。なお、水口城を築城するにあたって水口岡山城の石垣を石材として利用したとも伝えらています。現在は城址公園として整備されており、堀切や石垣など見事な山城遺構を楽しむことができます。また2014年(平成26年)の発掘調査で約9mの高さの石垣があったことがわかりました。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
水口岡山城は「五奉行」のバッジに登録されています。

  • 五奉行

水口岡山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

水口岡山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 甲賀市ひとまち街道交流館でパンフを頂き、城址南西側の水口岡山城址登山口駐車場(無料)から攻城。沢山の曲輪が良く残り、曲輪の間の堀、食い違い虎口に2ヶ所の石垣が見所。また途中現れる幾つかの竪堀を見落とさないように。整備はされていますが結構坂はきつく、多くの曲輪を廻ると1時間以上かかりました。(2021/04/21訪問)
  • 階段や通路は、土や枯葉で滑りやすいです。段差も割と大きく勾配もきついので、ジーンズでは少々上りづらかったです。隅々まで回るなら、動きやすい服装で行くことをオススメします。(2021/03/20訪問)
  • 登場口横の駐車場が満車の場合、下にある、水口小学校のグランドに駐車して良いそうです。(2021.3.14現在)(2021/03/14訪問)
  • R307号、水口小学校前に無料駐車場があり、駐車場脇に登山道入口があります。西大手道は整備されており距離も長くなく傾斜も緩いので問題ないと思います。約20分で城址に着きます。城址北面に石垣が残っており他に食い違い虎口や空堀等が見所です。(2021/03/07訪問)
  • 案内板のある西側から登城、東の秋葉神社側に下山。西の丸から東の曲輪まで綺麗に整備されています。整備されていませんが東の竪堀も見ごたえあります。(2020/11/03訪問)
  • しっかりと整備されており、登りやすいです。 ただ大手道は雨上がりだと所々滑りやすくなっているので注意してください。(2020/09/27訪問)
  • 登山口の左側にある駐車場が、「古城山観光駐車場」です。看板が木の葉に隠れていて、車停める所をや探ししました。(2020/01/19訪問)
  • 僅か15年ほどしか機能していませんでしたが、竪堀、横堀、堀切、竪土塁、土塁、石垣等がしっかり残っており、感動しました。また、公園整備用の道路が通っており、無理なく攻城出来ます。(2019/12/01訪問)
  • 城址までの道は途中土の道や草木が生い茂っている場所もあり、落石注意の看板もあります。この時期落ち葉などで滑りやすいのでお気をつけください。(2019/11/13訪問)
  • 鉄道利用の方は、近江鉄道水口石橋駅下車、すぐの「ひと・まち街道交流館」に寄ることをお勧めします。 パンフレットをくれて登城口までの詳しい道順を教えて下さいます。 下山して、旧東街道の風情ある道を歩いて水口城まで。水口城のすぐ近くに水口城南駅があります。(2019/11/10訪問)
すべてを表示(36コメント)

水口岡山城について

水口岡山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)283 m( 100 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主中村一氏
築城開始・完了年着工 1585年(天正13年)
廃城年1600年(慶長5年)
主な改修者
主な城主中村一氏、増田長盛、長束正家
遺構石垣、堀切、竪堀、竪土塁、虎口
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2022/08/07 21:36:19

水口岡山城の観光情報

水口岡山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

水口岡山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(07日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    23.27
  • 06時
    Rain / light rain
    23.63
  • 09時
    Rain / light rain
    25.89
  • 12時
    Rain / light rain
    29.03
  • 15時
    Rain / light rain
    30.03
  • 18時
    Rain / light rain
    27.00
  • 21時
    Rain / light rain
    25.09
  • 00時
    Rain / light rain
    24.37

明日以降の天気(正午時点)

  • 08日
    Rain / light rain
    31.27
  • 09日
    Rain / light rain
    30.56
  • 10日
    Rain / light rain
    30.99
  • 11日
    Clouds / overcast clouds
    30.13

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

水口岡山城の地図

水口岡山城へのアクセス

水口岡山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 近江鉄道・水口駅から登山口まで徒歩10分
  • 登山口から山頂まで徒歩15分
アクセス(クルマ)
  • 新名神高速道路・甲南ICから20分
駐車場

あり(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    水口岡山城周辺の宿・ホテル

      ホテル ニューミフク

      【おかげさまで!口コミ5つ星】スーパー・コンビニ、徒歩1分★バス・トイレ別★豊富なアメニティなど、ご好評をいただいております♪(評価:5.0、参考料金:5,650円〜)

      魚兵楼

      近江牛・近江米・地元食材を使った御料理をご用意しております。観光、レジャー、ゴルフのお宿にご利用ください。ビジネス、学生団体様もお待ちしております。(評価:5.0、参考料金:11,000円〜)

      水口センチュリーホテル

      甲賀市内中心部、木立に囲まれたビジネスシティホテル。新名神・甲賀土山ICから約15分、名神・竜王ICから約25分とアクセス良好。周辺にはゴルフ場が多数あり、ゴルフの前泊・後泊に便利です(評価:4.3、参考料金:5,750円〜)

      ホテルルートイン甲賀水口

      2018年3月OPEN ★甲賀市内各工業団地へ好アクセス!コンフォートルームにはエアウィーブ導入 ★男女別大浴場完備 ★全客室でWi-Fi接続可(評価:4.2、参考料金:4,525円〜)

      ホテルサンクレスト

      湖南工業団地・水口工業団地にも近く、ビジネスの拠点として便利です♪無料送迎も行っています。観光やゴルフでのご利用の際にもぜひご利用下さい☆さらに三井アウトレットパーク滋賀竜王へは車で15分!(評価:4.3、参考料金:4,680円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    水口岡山城の過去のイベント・ニュース

    水口岡山城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 水口城
      • 水口城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:31分(--位)
        • 攻城人数:617人(188位)
        • 城までの距離:約1km
      • 観音寺城
      • 観音寺城
        • 平均評価:★★★★☆(64位)
        • 見学時間:1時間40分(13位)
        • 攻城人数:1602人(68位)
        • 城までの距離:約19km
    • より多くの
      城を見る

    近江の著名な城

    滋賀県の著名な城

    水口岡山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    水口岡山城を本城にしている団員

    以下のみなさんが水口岡山城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    童の神

    平の将門の乱以降、藤原道長を中心とした京の都からの圧政に抗い、鬼と呼ばれる者たちを描いた歴史小説です。
    賤ヶ岳の七本槍と石田三成を描いた”八本目の槍”が凄く面白かったので、作者、今村翔吾先生の本をもっと読んでみたいと思い購入しました。
    以下解説引用。
    土蜘蛛、滝夜叉、山姥…などの恐ろしげな名で呼ばれ、京人から蔑まれていた。一方、安倍晴明が空前絶後の凶事と断じた日食の最中に、越後で生まれた桜暁丸は、父と故郷を奪った京人に復讐を誓っていた。様々な出逢いを経て桜暁丸は、童たちと共に朝廷軍に決死の戦いを挑むが―。皆
    皆が手をたずさえて生きられる世を熱望し、散っていった者たちへの、祈りが描かれております。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る