紹介文

笑路城は長沢重綱の居城として知られています。丹波街道を見下ろす位置にある、丹波・摂津の「境目の城」でした。織田信長の家臣である明智光秀の丹波攻略の際に、重綱は法貴山城麓の「明智戻り岩」で光秀に対面して降伏しました。重綱は以後、明智氏に仕えていましたが「山崎の合戦」で討死しています。現在城址には土塁や石積みなどの遺構が確認できます。また埋め戻されていますが、発掘調査の結果、天守台などの遺構も発見されています。近くにある梅相院は長沢氏の菩提寺で、元は長福寺と呼ばれていました。

笑路城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

笑路城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 登城路入口の電気柵は、青い樹脂部分を持てば外して進めます。登城路ははっきりしていて迷う事はありませんが、誰も訪れていないのか大きな倒木に行く手を阻まれたり、折れた小枝に足元を取られたりと難航しましたが、30分程度で主郭に辿り着けます。(2023/09/02訪問)
  • 国道から登城口までの農道は狭く、駐車スペースもほぼないので気をつけてください。(小型車1台がギリギリ程度)登山道は途中右折してから大堀切の尾根までは急なので結構しんどいです。虎口近辺に石積や、主郭の周囲に鉢巻き石垣が残っています。(2020/12/24訪問)
  • 亀岡駅から[60]京都先端技術大学行きバスに乗り、「京都先端技術大学」で亀岡市ふるさとバス[F21]別院循環:西別院~東別院に乗り換えて「犬甘野口」下車。電気柵を開閉し、「火の用心」と書いてある道標に従って今度は獣除けの網を開閉して登る。その後も諸処の「火の用心」道標に従うと到着。(2019/09/19訪問)
  • 車は農道の脇に駐車する感じ。鉄塔保守の山道を登っていくと主郭へと至ります。明智光秀改修の石垣があり、発掘調査もされてますが、主郭内部は鉄塔建設で破壊されてます。(2016/03/11訪問)
すべてを表示(8コメント)

笑路城について

笑路城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

梯郭式

縄張形態

山城

標高(比高)

414 m( 110 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

天守縄張、天守形式

 

天守の階数

 

天守の種類

非現存天守 天守の分類

天守の高さ

 

天守台石垣の高さ

 

天守の広さ(延床面積)

 

天守メモ

天守もしくは天守相当の櫓があったとされる。

築城主

長沢正綱

築城開始・完了年

着工 永享年間(1429年~1441年)

廃城年

 

主な改修者

明智光秀

主な城主

長沢氏

遺構

石垣、桝形、土塁、曲輪、堀

指定文化財

復元状況

笑路城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態山城
標高(比高)414 m( 110 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式
天守の階数
天守の種類非現存天守 天守の分類
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ天守もしくは天守相当の櫓があったとされる。
築城主長沢正綱
築城開始・完了年着工 永享年間(1429年~1441年)
廃城年
主な改修者明智光秀
主な城主長沢氏
遺構石垣、桝形、土塁、曲輪、堀
指定文化財
復元状況

更新日:2023/11/29 03:48:54

笑路城の観光情報

笑路城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

笑路城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

笑路城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(29日)の天気

  • 03時
    Clouds / few clouds
    4.72
  • 06時
    Clear / clear sky
    2.72
  • 09時
    Clear / clear sky
    6.85
  • 12時
    Clouds / scattered clouds
    10.39
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    10.18
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    7.48
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    6.37
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    6.40

明日以降の天気(正午時点)

  • 30日
    Clouds / scattered clouds
    7.96
  • 01日
    Clouds / scattered clouds
    7.80
  • 02日
    Clear / clear sky
    7.96
  • 03日
    Clouds / overcast clouds
    9.60

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

笑路城の地図

笑路城へのアクセス

笑路城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR山陰本線・亀岡駅から京阪京都交通バスに乗り「犬甘野口」バス停下車、徒歩約6分

アクセス(クルマ)

  • 京都縦貫自動車道・亀岡ICから12分

駐車場

 

笑路城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR山陰本線・亀岡駅から京阪京都交通バスに乗り「犬甘野口」バス停下車、徒歩約6分
アクセス(クルマ)
  • 京都縦貫自動車道・亀岡ICから12分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    笑路城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      おもてなしの宿 渓山閣

      その季節に最も深まる味わいを、最も美味しいひと皿に。山海の味覚、彩りを吟味した旬菜と佳肴とで一期一会のおもてなしを。旅の疲れを解き放つ寛ぎと癒しの空間で癒しのひとときをお過ごしください。(評価:4.1、参考料金:12,100円〜)

      サンロイヤルホテル 亀岡駅前

      施設内に2種類のサウナと岩盤浴や露天風呂、そしてリラクゼーションルームには1,000冊のコミック本を取り揃えております。またパノラマビューを望む朝食レストランでは無料で朝食をご用意しています。(評価:4.5、参考料金:4,400円〜)

      京ごはんと露天風呂の宿 ゆのはな月や

      豊富で良質な泉質を誇る京都の天然温泉「湯の花温泉」!無料で貸切露天が楽しめる宿です♪旬の食材で彩る京料理を“五感”でご堪能!客室は心落ち着く和のしつらい。【亀岡駅北口より無料送迎あり】(評価:4.2、参考料金:15,800円〜)

      京 YUNOHANA RESORT 翠泉

      ゆったりとした空間に、大人の休息にふさわしいふくよかな時が流れます。熟練の技で仕上げた繊細で美しいお料理とともに、思い思いの寛ぎの時間をご堪能下さいませ。(評価:4.9、参考料金:36,000円〜)

      すみや亀峰菴

      丹波の自然を想わせる佇まい、ゆっくりと安らげる空間。山桜、新緑、紅葉、季節の移ろいを身近に感じて浸る露天風呂は女性は樹齢千年の桜の木を湯舟に、男性は桜の木を枕にジェットバスで癒しの一刻を。(評価:3.9、参考料金:29,700円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    笑路城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 芥川城(山城)
      • 芥川城(山城)
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間10分(--位)
        • 攻城人数:825人(176位)
        • 城までの距離:約11km
      • 勝龍寺城
      • 勝龍寺城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:44分(--位)
        • 攻城人数:1078人(146位)
        • 城までの距離:約17km
    • より多くの
      城を見る

    丹波の著名な城

    京都府の著名な城

    笑路城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    笑路城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    よみがえる滝山城―戦国の風雲をかけぬけた天下の名城

    中世城郭の研究家が、東京に残る後北条氏の城、滝山城の歴史と縄張りを紹介する小冊子。前半では、戦国時代に武蔵国の多摩地域で起こった武将たちの争いを時系列で紹介しながら、それに関わる城を紹介していく。後半は、古い甲州道沿いに築かれた「滝山三城」(根小屋城、高月城、滝山城)の縄張りと防御のシステムを、わかりやすい図で解説している。当時の城の様子を想像するのに良い本だと思う。(2007年刊行)

    こめつぶさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る