紹介文

花倉城は今川範氏によって築かれた城で、範氏から今川泰範、今川範政と三代にわたる今川氏の居城でした。1536年(天文5年)に起きた「花倉の乱」では今川氏の重臣である福島氏が、花倉遍照寺の僧で、今川義元(このときは栴岳承芳)の異母兄である玄広恵探を擁立して、この城を拠点に抵抗しました。しかし義元派の岡部左京進親綱らによって攻められると、恵探は逃亡し瀬戸谷の普門寺で自刃しました。現在城址には土塁や堀切などの遺構が残っており、南東麓には居館跡や今川泰範の菩提寺である長慶寺があります。

攻城団編集部

花倉城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

花倉城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 農業用貯水池の側まで来ると(34.908543, 138.235208)城址の看板があり、案内に沿って進めばたどり着けます。路面は荒れていますが、気をつけて運転すれば普通乗用車でも大丈夫。(2020/02/10)
  • 国一バイパスの薮田西インターを下りて北上。葉梨小学校を左手に見たらすぐの信号を左折。道なりに進み、二股に分かれる所を右に行く。曲がった左手に八幡神社の鳥居が見えます。そのまま進むと古いタンクが左右にあり、凸凹の細い道を進むと「城オモテ」と書かれた木の看板があります。車一台は停められます。これぞ山城と……(2019/12/14)
  • 今川義元を世に出した戦いの舞台。そういう歴史的な場所に自分が立っている幸せ。これぞお城巡りの醍醐味ですね♪(2019/03/02)
  • 車で狭い道を登城口まで行き攻城。軽自動車以下をオススメします。土橋は見応えあります。(2019/02/24)
  • 土橋近くまで車で行けるので油断していましたが、そこまでがなかなか細い道で苦労。さらにそこから二の曲輪までも急峻な道です。遺構は結構あるので見応えはあると思います。(2018/12/31)
  • 今回の遠征で行こうか行くまいか悩んでいましたが(城址までの道幅が狭く、今回は大きな車で行っていたこともあり)、さとぴよさんの土橋の写真に惹かれ攻城決定。他サイトで確認し、(34.9157945, 138.2428014)あたりから入っていけば一番広いらしい。結果オデッセイでもいけたので、ここからがオ……(2018/12/30)
  • 花倉の乱で有名な城跡。登り口からそこそこ急な登山です。土橋、堀切、竪堀、曲輪等の遺構が楽しめて、景色もいいです。今回は自宅からロードバイクで行きました。(2018/11/17)
すべてを表示(14コメント)

花倉城について

花倉城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)--( 297 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主今川範氏
築城開始・完了年着工 1353年(正平8年/文和二年)か
廃城年
主な改修者
主な城主今川氏
遺構土塁、曲輪、堀
指定文化財市史跡
復元状況

更新日:2020/03/29 02:19:32

花倉城の城メモ

花倉城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

花倉城の観光情報

花倉城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

花倉城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(29日)の天気

  • 03時
    Rain / heavy intensity rain
    10.93
  • 06時
    Rain / heavy intensity rain
    10.17
  • 09時
    Rain / heavy intensity rain
    8.86
  • 12時
    Rain / moderate rain
    8.54
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    9.24
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    9.06
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    8.44
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    8.00

明日以降の天気(正午時点)

  • 30日
    Clouds / overcast clouds
    10.62
  • 31日
    Clouds / overcast clouds
    14.25
  • 01日
    Rain / light rain
    11.52
  • 02日
    Clouds / scattered clouds
    15.97

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

花倉城の地図

花倉城へのアクセス

花倉城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東海道本線・藤枝駅からしずてつジャストラインに乗り「桑原[藤枝市]」バス停下車、徒歩約41分
  • JR東海道本線・藤枝駅からタクシーで46分
アクセス(クルマ)
  • 新東名高速道路・藤枝岡部ICから32分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    花倉城周辺の宿・ホテル

      ホテルルートイン藤枝駅北

      ◆男女別大浴場(ラジウム人工温泉大浴場)◆バイキング朝食無料サービス!◆全室:加湿機能付空気清浄機を完備!◆駐車場無料◆Wi-Fi(無料アクセスポイント設置)全室ご利用いただけます!(評価:4.0、参考料金:5,250円〜)

      フジエダオガワホテル

      ◆駐車場確約&無料(2台目500円) ◆藤枝駅徒歩6分 ◆長期割引(1週間以上)有、是非お問い合わせ下さい ◆お子様(12歳以下)の添い寝無料! ◆無料Wi-Fi・貸自転車有(評価:3.8、参考料金:2,500円〜)

      ホテルnanvan焼津

      親会社船元福一直送のマグロが朝食と夕食で召し上がれます♪朝食はご宿泊の皆様に無料サービス!夕食のお寿司は当日朝10時までご予約承っております。JR焼津駅から無料送迎あります。要予約054-628-8835(評価:4.6、参考料金:3,900円〜)

      藤枝パークインホテル

      JR藤枝駅から徒歩5分。繁華街を少し越えた公園前に立地。地元の食材を活かしたクチコミ評価4.6の「しずおか朝のうちご飯。」が自慢。Wi-Fi環境完備。VOD全チャンネル無料配信。   (評価:3.8、参考料金:3,450円〜)

      1日1組限定 貸切料理宿 玉本屋

      1日1組限定★最大18名様までOK!里山の自然に囲まれた清流近くの宿♪春夏秋冬で変わる里山料理と厳選されたお酒をご用意!(評価:4.9、参考料金:4,500円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    周辺にあるお城など

      • 諏訪原城
      • 諏訪原城
        • 平均評価:★★★★☆(36位)
        • 見学時間:59分(114位)
        • 攻城人数:624人(131位)
        • 城までの距離:約14km
      • 駿府城
      • 駿府城
        • 平均評価:★★★★☆(48位)
        • 見学時間:1時間20分(44位)
        • 攻城人数:1821人(22位)
        • 城までの距離:約16km
    • より多くの
      城を見る

    駿河の著名な城

    静岡県の著名な城

    花倉城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    花倉城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    神奈川中世城郭図鑑 (図説 日本の城郭シリーズ 1)

    神奈川県にある中世城郭100城が紹介されています。
    私のオススメポイントは、縄張り図が多数掲載されていることです。(精密縄張り図76枚)
    中世城郭を攻城する時、縄張り図があると楽しさが拡がりますからとても重宝しています。
    また本書では遺構の状態も詳しく解説されているので、攻城の際の予習復習に活躍間違いなし。

    やすまろさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る